« ダブル雲台ベース、8月5日新発売! | トップページ | ネジ類を別売します。 »

2013年8月 1日 (木)

極軸微動ユニット、8月10日新発売!

Kbu01s_2 ポータブル赤道儀SWAT-200用「極軸微動ユニット」を8月10日に発売致します。このユニットをお使いいただくことで、極軸望遠鏡を覗きながらのセッティングが容易になります。

 このユニットは、赤道儀の極軸を正確に据え付けるための微動ユニットとなります。垂直(傾斜)微動は、特徴あるゴニオ式を採用。傾斜の変更にともなう重心の崩れを最小限に抑えることができます。このゴニオ式極軸微動装置はX-Y(垂直=傾斜と水平)が別々の2軸で、水平は一般的な赤道儀と同じ「押し押しネジ式」です。X-Yの2軸調整は、一般撮影用の傾斜調整装置に見られる3点微動の簡易型より、直感的に操作しやすく人間工学的に優れています。また、X-Y2軸調節式のため、ドリフト法と呼ばれる精密な極軸修正法にも応用可能です。

 底面には3/8インチカメラ太ネジに一般的な三脚の1/4インチカメラネジに変換する太ネジアダプターが装着されていますので、幅広いカメラ三脚に取り付け可能です。また、上部の機器搭載部分はテーパーキャッチャーが採用されています。SWAT-200本体をワンタッチで取り付け可能なほか、他社製のポータブル赤道儀も別売のテーパーアダプターや2WAY傾斜ウェッジを併用していただくことで、ご利用いただけます。テーパーキャッチャーを取り外せば、M6とM8のネジ穴が35mm間隔で開けてありますので、アリミゾキャッチャーへ変更したり、適合する他社製パーツもご利用いただけます。さらにテーパーキャッチャーを前後にオフセットして取り付けることも可能です。そのほか、ロアプレートには簡易的なセッティングに役立つコンパスと水準器を装備しています。

 調整幅は方位が±7.5度、傾斜が±3.5度、質量が約900gとなります。傾斜はオプションのスペーサープレートを併用していただくことで、±9度まで可動範囲が広がります。水準器を必要としないセッティングの場合、あらかじめ極軸微動ユニットを傾けることで、あらゆる角度でお使いいただけます。

●極軸微動ユニット 8月10日発売 価格 27,300円(税込) ※テーパーキャッチャー標準付属
●オプション スペーサープレート 8月末頃発売 価格 2,100円(税込)

Kbu02s 簡易的な設置に便利な水準器とコンパス付。回しやすい調整用ローレットビスは真鍮削り出しクロムメッキの贅沢な仕様です。

Kbu03s SWAT-200の三脚取り付け部分は、写真のようにテーパーキャッチャーにワンタッチで取り付け可能な形状をしています。ねじ込む面倒がありません。

Kbu04s 極軸微動ユニットは、他社製ポータブル赤道儀にもお使いいただけます。TOAST-proにはテーパーアダプター、ポラリエには2WAY傾斜ウェッジを併用していただくことで適合します。(写真のTOAST-proには近日発売予定の微動回転ユニットを取り付けています)

極軸調整にご不便を感じていらっしゃる皆さまに、是非お使いいただきたいオプションパーツです。

http://www.unitec.jp.net/

« ダブル雲台ベース、8月5日新発売! | トップページ | ネジ類を別売します。 »

パーツ」カテゴリの記事

新着情報」カテゴリの記事

新製品」カテゴリの記事