« 追尾精度を測ってみよう。 | トップページ | 意外に使える? スマホの極軸設置。 »

2017年2月16日 (木)

BORG新カタログにSWAT作品が掲載されました。

Borg1

今、絶好調のボーグさんの新総合カタログが刷り上がりました。早速、見本が届きましたが、SWAT作例コーナーで活躍されている横浜の蒼月さんと愛知のHUQさんの作品が掲載されています。私の写真も載せていただきました。新カタログは最新の107FLから36EDまでの魅力のフルラインナップです。ボーグ製品をご検討中の方はもちろん、そうでない方もぜひ手にとってご覧ください。なお、SWATとの組み合わせは来週に迫ったCP+でドーンと展示予定です。新カタログをゲットするだけでも価値があります。ぜひご来場ください。
 Borg2c

55FLのページには愛知県のHUQさんがSWAT-200で撮影した「すばる周辺」が掲載されています。
 Borg3c

71FLのページは、横浜市の蒼月さんがSWAT-200で撮影した「M31アンドロメダ大銀河」が掲載されました。
 Borg4c

そして90FLのページには、私の「干潟星雲周辺」が掲載されています。

このように、軽量コンパクトなBORG製品はSWATポータブル赤道儀と抜群の相性です。負荷がかかっても高い追尾精度を維持し、耐荷重性能にも優れ、極軸の粗動回転機構やオートガイダー対応、豊富なオプション群が高度な撮影までサポートします。将来的にも安心してお使いいただけます。ボーグ鏡筒をお持ちの方はもちろん、これから購入される方も、ぜひSWAT赤道儀をお選びください。

※カタログの作例データで、私と蒼月さんのカメラが「EOS60D改」となっていますが、「EOS 6D改」の誤りです。
 
http://www.unitec.jp.net/ 

« 追尾精度を測ってみよう。 | トップページ | 意外に使える? スマホの極軸設置。 »

お知らせ」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

よもやま話」カテゴリの記事