« 星をもとめて2017に出展します。 | トップページ | 秋の天の川。 »

2017年9月16日 (土)

ソニー製カメラの天体写真適性はいかに…。

Ii

ソニーさんのα7sIIで天体写真を撮影する機会を得ました。これまで自分ではキヤノンしか使ったことがないので、同様の事が出来るのか取説と睨めっこしながらになりそうです。ちょっと試したところ、タイムラプスアプリ(1,028円)をインストールすれば、30秒以内の露出でインターバル撮影が出来るようなので、それでテスト撮影してみたいと思います。

ネット上で広く知られている問題点は、「星喰い現象」「4秒以上露出で微光星消失」「31秒露出以上は12bit」「赤はあまり写らない」「マウント開口部でケラレる」「長時間露出のインターバル撮影タイマーがオプションにない」などです。さて、撮影の結果はいかに…
 
http://www.unitec.jp.net/ 

« 星をもとめて2017に出展します。 | トップページ | 秋の天の川。 »

その他」カテゴリの記事

よもやま話」カテゴリの記事