« シグマ 50mm F1.4 Artによるオリオン座。 | トップページ | ボーグ 71FLによる馬頭星雲付近。 »

2017年10月30日 (月)

シグマ 135mm F1.8 Artによるバーナードループ。

135art_3

●バーナードループ
2017年10月27日3時25分~ シグマ 135mm F1.8 DG Art 絞りF2.2 キヤノン EOS 6D(SEO SP-4改) ISO1600 120秒露出×17枚コンポジット SWAT-350でノータッチ追尾 Photoshopで画像処理 千葉県大多喜町
 
26日の夜、50mm標準レンズでオリオン座を撮影した後、天体ファンの間で評価の高いシグマ 135mm F1.8 Artに切り替えて、バーナードループを含めたオリオン座中心部を狙いました。総露出時間はわずかに34分ですが、明るいレンズだけあって、ここまで炙り出せたのはうれしい誤算でした。私自身としては、このレンズのファーストライトです。というのも実は蒼月さんと房総遠征したときにこのレンズをお貸ししたので。(笑) ともあれ、うわさに違わぬ高性能ぶりで、しばらく楽しめそうな予感がします。
 135art_2

50mm標準で撮影した画像に今回の135mmの構図を切り出してみました。
 
同じ日にユーザーの作例コーナーでおなじみの蒼月さんが伊豆の天城高原で撮影したのが、隣接したオリオン座の南部です。偶然にも私が使ったレンズと同じ135mm F1.8 Artです。かたや総露出時間3時間の大作に対して、34分露出では、ちょっと申し訳ない感じですが、エリアが重なることから、蒼月様の許可を得て、試しにモザイク合成してみました。
 Photo_4

う~ん、これは迫力が断然アップしますね。M42オリオン大星雲をメインに蒼月さんは横構図で魔女の横顔星雲を配し、私は縦構図でバーナードループを取り込みました。偶然とはいえ、天城高原と房総半島でシグマ 135mm F1.8 Art+SWATが同時にオリオン座を狙っていたんですね。そしてモザイクして、それらがひとつの作品になるとは、デジタルならではの楽しみ方ではないでしょうか。実は今回の画像は蒼月さんの作品とのモザイクを想定して、仕上がりが近づくように処理しました。PhotoshopのPhotomargeでほとんど違和感なく合成できるのにも驚きですね。
 
http://www.unitec.jp.net/

« シグマ 50mm F1.4 Artによるオリオン座。 | トップページ | ボーグ 71FLによる馬頭星雲付近。 »

SIGMA」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事