« ボーグ107FL+レデューサーによるM33銀河。 | トップページ | ビックカメラ星空セミナーに出展します。 »

2017年11月22日 (水)

ボーグ107FL+レデューサーによるM31アンドロメダ大銀河。

M31

M31n

M31s

●M31アンドロメダ大銀河
2017年11月21日18時16分~ ボーグ 107FL+レデューサー0.72× 合成焦点距離 432mm/F4 IDAS HEUIB-IIフィルター キヤノン EOS 6D(SEO SP4改) ISO1600 180秒露出×52枚コンポジット SWAT-350+M-GENにて一軸オートガイド Photoshopにて画像処理 千葉県大多喜町 ※高輝度部部分に短時間露光を合成 ※下2枚は拡大トリミング
 
ボーグ107FLにレデューサー0.72×を試したところ、前回ブログのM33のように意外と使えることがわかりました。焦点距離432mmは、なかなか絶妙で、大型の撮影対象の迫力がかなり出てくる長さです。それで俄然撮影したくなったのが、M31アンドロメダ大銀河。フルサイズ400mmにピッタリの撮影対象です。ということで、平日にもかかわらず、いつもの房総半島へひとっ走り出かけてきました。快晴で風もなく絶好の撮影日和となりました。薄明終了後すぐに撮影を開始しましたが、まだ空が夜中ほどの条件ではないので、そこそこ総露出を稼ぎました。しかし昨夜は異常に寒くて、気温は0℃近くまで下がりました。こうなると夜露ではなく霜が降りてきます。外に出しっ放しにしていた運搬用のアルミケースは分厚い霜でコーティングされてしまいました。これからの撮影は完全な冬装備で暖かくして臨みましょう。
 
http://www.unitec.jp.net/ 

« ボーグ107FL+レデューサーによるM33銀河。 | トップページ | ビックカメラ星空セミナーに出展します。 »

天体写真」カテゴリの記事