« ボーグ71FLによるクエスチョンマーク星雲。 | トップページ | ボーグ107FL+レデューサーによるM31アンドロメダ大銀河。 »

2017年11月20日 (月)

ボーグ107FL+レデューサーによるM33銀河。

M33

M33_2

●M33銀河
2017年11月19日18時24分~ ボーグ 107FL+レデューサー0.72× 合成焦点距離 432mm/F4 IDAS HEUIB-IIフィルター キヤノン EOS 6D(SEO SP4改) ISO1600 180秒露出×35枚コンポジット SWAT-350+M-GENにて一軸オートガイド Photoshopにて画像処理 千葉県大多喜町 ※下は拡大トリミング
 
昨夜の房総半島のGPV予報は3時くらいまでは快晴だったので、久しぶりに出撃しました。到着時には雲ひとつない快晴、まだ薄明が終わったばかりですが、透明度が良くて空が暗く、そこそこいけそうだったので、撮りやすい高度のM33を狙ってみました。撮影したコマを確認すると撮影開始から徐々に背景が暗くなっていき、20時くらいには充分なコントラストになりました。さあ、これからだと思った矢先に、北の方角から雲が現れ、遠くの方で稲光が…。嫌な予感がしましたが、撮影を続行。雲がかなり広がったところで、一旦撮影を中断して、雲が取れるまでダークを撮っておこうと鏡筒にフタをし、ダークの撮影を始めました。その間、車の中で一休みしていたら、何だかパチパチと音がします。「ん、何?」と思うまもなく、音が一段と激しくなります。「こりゃヤバい!雨だ~!」、あわてて、クルマのトランクから、傘を引っ張り出して、機材に被せて、もう一台設置していたサブ機の方も防寒着を着せて、何とか雨の被害を免れました。幸い主砲はダーク撮影中でフタをしていたので、レンズは大丈夫。サブ機は望遠レンズが低空を向いていたので、外観が少し濡れた程度で、こちらも大丈夫でした。いや~、雨なんて予想してなかったので、すっかり慌ててしまいました。通り雨だったので、短時間で止んだのですが、なんだかやる気も萎えまして、その後、晴れたり曇ったりで、気合いも入らず、少し撮影しただけで、11時半には店仕舞いしました。今後、急な雨対策をもう少し考えないとと反省しきりでした。
さて、画像は何の変哲もないただのM33ですが、ちょっとひと工夫してみました。メーカーは使える保証もしてないですし、自己責任となりますが、試しに90FL用のレデューサーを併用してみました。 432mm/F4というスペックはなかなか魅力的です。上のノートリ画像の最周辺をみると、さすがに星像は流れているとはいえ、意外なほど良好で、APS-Cサイズ程度にトリミングすれば、全面シャープな星像が得られそうです。107FLのレデューサーが発売されるまでのピンチヒッターとして活躍してくれそうです。
 
http://www.unitec.jp.net/

« ボーグ71FLによるクエスチョンマーク星雲。 | トップページ | ボーグ107FL+レデューサーによるM31アンドロメダ大銀河。 »

天体写真」カテゴリの記事