« ボーグ107FLによるしし座のトリオ銀河。 | トップページ | 新型回転ユニット、1月31日発売。 »

2017年12月31日 (日)

ボーグ107FLによるM42オリオン大星雲。

M422016_3

M422016_5

●オリオン大星雲
2016年12月28日20時20分~ 2017年12月22日21時31分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08×+ HEUIB-IIフィルター 合成焦点距離 648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(SEO SP-4/HKIR改造) ISO1600 5分露出×16枚+3分露出×86枚コンポジット ハイライト部分に短時間露出を合成 Photoshopで画像処理 SWAT-350+M-GENによる1軸オートガイド 千葉県君津市/山梨県上野原市 ※下は拡大トリミング
 
酉年最後のブログは大宇宙に輝く鳳「M42オリオン大星雲」で締めくくりたいと思います。実は昨年の締めのブログもこのオリオン大星雲でした。その時の画像はこちらをご覧ください。今回は撮影地と露出時間が違うだけで、光学系はまったく同じです。なので、昨年のデータに加算して仕上げました。こういった楽しみ方もデジタルならではですね。昨年の1時間20分と今年の4時間18分でトータル5時間半の露出です。F6と暗いので、まだまだ加算したいところですが、昨年の画像の納得いかなかった部分を意識して仕上げました。昨年は少ないデータを強引に炙ったうえ、ハデに見せようと彩度を高め、強めのアンシャープマスクで切れ味を出そうとしたので、一見するとよく写ってるように見えますけど、細部は破綻しており、おまけに単純な加算平均でコンポジットしたので、人工衛星の軌跡も消えてませんでした。その反省点から、σクリッピングでコンポジットするとこで人工衛星の軌跡を消し、自然な仕上がりを意識して細部を炙りました。アンシャープ処理は恒星の周りに黒い縁が出ないレベルに抑えています。背景のノイズも荒れないようにぼかしを入れて、丁寧に処理しました。一年間の自分のスキル向上を感じられるようにと思って仕上げましたが、自分でこだわったほどの差はないかもしれませんね。ま、自己満足の世界なので、これでよしとしましょう。
これまで撮影に行くとブログネタ用にあれもこれもと対象を短時間で撮って、ササッと仕上げて掲載してました。来年はもう少しクォリティを意識していきたいと思います。今年の後半から、それまでより少しずつ露出時間を延ばしていたのですが、やはり画像処理がやりやすく感じます。

さて話は変わりまして、11月に発売予定だった粗動付微動回転ユニットの新型と12月に発売を目指していた新製品SWAT-310は、一部の部品生産が大幅に遅れたことで、延び延びになってしまいました。楽しみにお待ちいただいているお客様には大変ご迷惑をお掛けしてしまい、申しわけありません。それらの進捗状況ですが、回転ユニットは量産試作のテストを無事に終えて、来月中旬より組み立てを開始し、1月末に発売予定です。SWAT-310は間もなく量産試作が仕上がりますので、動作テストの後、本格的に組み立てを始めます。2月中旬の発売を目指しています。もうしばらく、お待ちください。

今年も一年、拙いブログをご覧いただきまして、ありがとうございました。来年もこんな感じで、気ままに綴っていきたいと思います。これからもSWATブログをどうぞよろしくお願いします。
 
http://www.unitec.jp.net/

« ボーグ107FLによるしし座のトリオ銀河。 | トップページ | 新型回転ユニット、1月31日発売。 »

天体写真」カテゴリの記事