« シグマ APO 300mm F2.8によるM45すばる周辺。 | トップページ | シグマ APO 300mm F2.8による冬の二重星団M46M47。 »

2018年1月17日 (水)

ボーグ107FLによる勾玉星雲。

Photo_2

●勾玉星雲
2018年1月14日19時36分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08×+ HEUIB-IIフィルター 合成焦点距離 648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 3分露出×53枚 ハイライト部分に短時間露出を合成 Photoshopで画像処理 SWAT-350+M-GENによる1軸オートガイド 千葉県大多喜町
 
14日の夜、もう一台のSWAT-350にボーグ107FLに搭載して撮影した勾玉星雲です。この時期、薄明終了後に天頂高く昇っているので、狙いやすい対象です。ぎょしゃ座の将棋の駒の中の下部にあります。位置はこちらをご覧ください。隣のIC410とは、ちょうど北アメリカとペリカンのような感じなので、並んでいますが、650mmで横構図にするとちょっと窮屈なので、今回は勾玉星雲単体を縦構図で撮りました。周辺には他にも明るい星雲や散開星団がありますので、焦点距離によって構図を変えながら楽しめるエリアです。
 
http://www.unitec.jp.net/

« シグマ APO 300mm F2.8によるM45すばる周辺。 | トップページ | シグマ APO 300mm F2.8による冬の二重星団M46M47。 »