« 新型回転ユニット、1月31日発売。 | トップページ | シグマ APO 300mm F2.8によるM45すばる周辺。 »

2018年1月12日 (金)

シグマ500mm F4 SportsによるM31アンドロメダ銀河。

M31●M31アンドロメダ銀河
2017年12月19日19時24分~ シグマ 500mm F4 Sports 焦点距離 500mm 絞り開放 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO1600 3分露出×39枚 ハイライト部分に短時間露出を合成 Photoshopで画像処理 SWAT-350+M-GENによる1軸オートガイド 山梨県上野原市
 
新年最初の一枚は、シグマ 500mm F4 Sportsで撮ったアンドロメダ銀河です。このレンズは、シグマの新コンセプトSportsラインのフラッグシップだけあって、最高のレベルの収差補正を実現しています。お値段も80万円! お正月なので、景気よく行きましょう。(笑) さて、この500mm F4 Sports、有効径125mmの超大型望遠レンズですが、なんとこれがSWATに搭載可能なんです。カメラやガイド鏡を含めて5kg程度なので、まったく問題ありません。この日もトラブルなく撮影できました。
そろそろ今月の新月期入りですね。西日本や日本海側では大雪となっていて天体撮影どころじゃないですが、太平洋側では快晴の日が続いています。撮影に出かける際には、氷点下に備えて完璧な防寒対策を整えましょう。路面の凍結にも充分ご注意ください。
 PhotoSWATでも充分いけると感じる意外とコンパクトな外観です。
 
http://www.unitec.jp.net/

« 新型回転ユニット、1月31日発売。 | トップページ | シグマ APO 300mm F2.8によるM45すばる周辺。 »

SIGMA」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事