« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月26日 (木)

シグマ 180mm マクロによるバンビの横顔付近。

Photo

●バンビの横顔付近
2018年4月21日1時26分~ シグマ APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM 絞りF3.5 キヤノン EOS 6D(SEO SP4改) ISO3200 90秒露出×56枚コンポジット SWAT-350でノータッチ追尾 Photoshopで画像処理 千葉県鋸南町
 
20日の夜の房総遠征では、当初シグマ 135mm Artでアンタレス付近を狙ったのですが、SWATユーザー様のフォトギャラリーに連続して素晴らしい作品を投稿していただいたので、私のは恥ずかしくてお見せできません。ということでそれはお蔵入りにします。(笑) ぜひ、SWATユーザー様のフォトギャラリーをご覧ください。蒼月様関原様の作品がご覧いただけます。さて、私のはシグマ180mmマクロで撮ったバンビの横顔です。昨年はシグマ105mmマクロで撮ったのですが、もう少し拡大してみたかったので、今年は180mmにしてみました。上の画像はノートリですが、M8干潟星雲からM16わし星雲まで、ピッタリと構図に収まりました。ただちょっと窮屈な感じもしますね。まとめて構図に取り込むなら135mmくらいがベストかも。
このエリアはこれから撮影の好機です。南中高度もアンタレス付近と同様に低いので好機は意外と短く、来月あたりに透明度の良い日に恵まれれば、絶好のチャンスだと思います。
 Photo_2

最初と最後のカット。まったく同じ条件で撮影、処理しています。撮影当日は透明度が悪く、特に低空はもやっとした感じで、撮影を始めた1時半頃の地平高度25度付近と南中少し前の3時過ぎの地平高度35度付近ではご覧の通り、同じ撮影条件とは思えないほどの写りの違いが出ました。これだけ差があるとコンポジットの時にコントラストの良い方の比率を高めた方がよい結果が得られそうです。今回は単純に加算平均で仕上げてます。
 Photo_3

14mm超広角で撮影した天の川に今回のバンビの横顔のエリアを切り出してみました。
 
http://www.unitec.jp.net/

2018年4月23日 (月)

PixInsightで画像処理を始めよう「第2回」を更新しました。

1

「PixInsightで画像処理を始めよう」の2回目、「PixInsightの導入」を更新しました。今回はダウンロードからインストールまでを解説しています。詳しくはこちらからどうぞ。
 
http://www.unitec.jp.net/ 

2018年4月21日 (土)

シグマ 14mm F1.8 Artによる夏の天の川。

Photo

●夏の天の川
2018年4月21日3時26分~ シグマ 14mm F1.8 Art  絞りF2.5 キヤノン EOS 6D(HKIR改) ISO1600 60秒露出×18枚コンポジット SWAT-350でノータッチ追尾 Photoshopで画像処理 撮影地 千葉県鋸南町
 
昨夜は一ヶ月ぶりに房総半島へ出かけました。仕事を終えた午後8時に東京を出発。途中、海ほたるで夜食を仕込んで、撮影地に向かいました。現地着が午後9時半過ぎでしたが、さすがに一晩中快晴予報の金曜日、すでに何人かの天文ファンの方がいらっしゃってました。今回は天の川だけを撮影をするつもりで、カメラレンズのみしか持ってこなかったため、とても気楽な遠征となりました。まずは135mmでアンタレス付近から撮影を始めましたが、処理が終わってないので後日掲載することにして、今回は超広角シグマ14mm Artで撮った天の川をご覧ください。薄明開始と同時に撮影を始め、わずか1分露出の18枚コンポジットですが、レンズの明るさにも助けられて、そこそこ写ってくれました。
 
http://www.unitec.jp.net/

2018年4月10日 (火)

SWAT-300をSWAT-310へアップグレードします。

Swat310

Photo

本日発売の新製品SWAT-310ですが、おかげさまで第一ロットはご予約分で完売となりました。現在、月末納品予定で第2ロットを生産中です。第2ロットもほとんどご予約で埋まっておりまして、あと数台はゴールデンウィークに間に合いますので、ご購入予定のお客様は販売店様へ早めのご予約をお勧めします。

さて、SWAT-300をお持ちのユーザー様にお知らせです。このたび、SWAT-300をSWAT-310相当にアップグレードするサービスを開始します。赤経恒星時目盛環、大型ベアリングを追加しての耐荷重性能向上など、魅力あるアップグレードになっています。5月末までのお申し込みにつきましては特別価格にて対応します。この機会をお見逃しなく。なお、特殊改造につき、お申し込みは弊社へ直接お願いします。

■SWAT-300→310アップグレードサービス
アップグレード価格 32,000円(税別)
2018年5月末までの特別価格 27,000円(税別)
※お預かり期間は通常10日間程度です。
※電装パネルは「SWAT-300」のままとなります。
※グリスアップなど基本メンテナンスも行います。
※SWAT-350へのアップグレードサービスは終了となります。
 
お申し込みは、こちらからメールにてお願いします。
 
http://www.unitec.jp.net/

2018年4月 8日 (日)

PixInsightで画像処理を始めよう。

2_2

SWATユーザー様のフォトギャラリーに数々の素晴らしい作品を投稿していただいている蒼月様。このたびその蒼月様による「PixInsightで画像処理を始めよう」という連載が始まります。PixInsightは天体の画像処理に特化した海外製のソフトウェアですが、高度な画像処理が可能な反面、日本語に対応してなかったり、独特のユーザーインターフェイスに戸惑ったり、なかなか敷居が高く感じる方も多いと思います。この連載では、はじめて天体画像処理をされる初心者の方や他のソフトウエアでの処理に満足いかない方の参考になるように、導入から基本的な使い方を順を追って、解説していく予定です。これから天体画像処理を始める方が、一通りのテクニックを身につけられるような参考書を目指しています。どうぞご期待ください。不定期更新となりますので、時々チェックしていだければと思います。よろしくお願いします。
 1

2

3

初心者でも、こういう画像処理ができるようになります。とてもディープな画像処理の世界へ誘います。(笑)

Photo_3

ユニテックSWATウェブサイトの左側メニューに「天体画像処理入門」を追加しましたので、ご利用ください。
 
http://www.unitec.jp.net/

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »