« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月10日 (水)

IC1396。

Ic1396

●IC1396
2018年10月7日19時03分~ シグマ APO 300mm F2.8 DG HSM 絞り開放 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO1600 2分露出×52枚コンポジット+短時間露光をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350+M-GENによる一軸オートガイド 撮影地 千葉県大多喜町
 
7日の夜、広角撮影と平行してシグマの300mm望遠でも撮影しました。SWAT-350の追尾性能なら、300mm、2分露出は充分ノータッチ追尾可能ですが、4ヶ月ぶりの撮影で、いろんな手順を確認するため、あえてオートガイドもセットしました。全52枚、ガイドミスはありませんでした。撮影対象は薄明終了時に狙いやすい高度にあるはくちょう座の散光星雲かIC1396のどちらにしようかと、ちょっと悩んだ末、IC1396を選びました。前回ブログの「夏の大三角」(写真下)の上の方にも写ってますけど、北アメリカやサドル付近と比べるとやや淡い対象です。F2.8で2時間近い露出でも房総の空ではまだ足りない感じですね。夜も更けて、もっと暗くなってからだと、もう少し炙り出せると思います。この撮影のあと、クエスチョンマーク星雲にレンズを向けて、撮り始めた直後に曇ってしまい、終了となりました。
 Photo

超広角20mmで撮った夏の大三角。IC1396は北アメリカ星雲よりも巨大ですね。IC1396の導入はガーネットスターを目印にしてもよいのですが、目盛環があれば簡単で、明るいデネブから東に58m、北に12°で視野中央に捉えられます。
 
https://www.unitec.jp.net/

2018年10月 8日 (月)

夏の大三角。

Photo

●夏の大三角
2018年10月7日19時38分~ シグマ 20mm F1.4 Art 絞りF2.5 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 1分露出×23枚コンポジット ステライメージ7、FlatAidePro、Photoshopで画像処理 SWAT-310によるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
今年の夏も、昨年並に天気が悪く、なかなか星野撮影のチャンスに恵まれませんでした。昨日はホントに久しぶりに房総へ出かけました。出かける前のGPV予報はあまり芳しくなかったのですが、目の前の青空に誘われての出撃です。最後の遠征が5月10日ですから、およそ4ヶ月ぶりになります。これだけブランクがあると、何かヘマをやらかすんじゃないかと、心配でしたが、忘れ物もなく、無事に撮影にこぎ着けました。
超久しぶりなので、まずは無理をせず、超広角20mmで夏の大三角を狙いました。下にコンポジットに使った元画像の中の一枚をノートリで掲載します。RAWデータをレベル補正しただけですが、右上方向のカブリがひどいです。このように房総の北の空は東京の光害をモロに受け、強調すると周辺減光も加わった複雑な状態になったので、ぴんたんさんのFlatAideProを使って補正しました。とても便利なツールです。最周辺の強い減光はトリミングしてます。輝星のわずかな滲みは夜露がつきました。
もう一枚、300mmでも撮影してますが、処理がまだなので、後日掲載します。
  Photo_2

レベル補正しただけの元画像。
 
https://www.unitec.jp.net/

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »