« M42オリオン大星雲中心部。 | トップページ | 蒼月様のシグマ 70mm F2.8 MACRO ART レビュー。 »

2018年11月16日 (金)

M45プレアデス星団。

M452

●M45 プレアデス星団
2018年11月14日21時29分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08×+ HEUIB-IIフィルター 合成焦点距離 648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 3分露出×45枚コンポジット(ハイライト部分に短時間露光をHDR合成) Photoshopで画像処理 SWAT-350+M-GENによる1軸オートガイド 撮影地 千葉県大多喜町
 
一昨日の14日の夜はよく晴れてくれました。今月最後の好条件と思い、平日でしたが、いつもの房総へ出かけてきました。平日とはいえ、いつものダム湖周辺は大賑わいで点在する駐車場やダム堤体の上は、天文ファンがそれぞれ自慢の愛機を並べて天体撮影を楽しんでいらっしゃいました。翌日の薄明開始まで、透明度も高く、無風快晴の好条件で、冬の天の川もよく見えていました。さて、まず撮影を始めたのがM45プレアデス星団(すばる)です。月没が22時ちょうどでしたが、30分前から撮影開始して2時間15分露出して得られたデータを処理しました。F6.1ですと暗部の分子雲を派手に炙り出すには少し露出不足で、無理すると荒れてしまうので、控えめに処理しました。今回はSWAT-350とSWAT-310の2台体制で、他にも有名どころを撮影してます。処理が終わりましたら順次ご紹介します。
撮影中の気温は10℃を少し切ったところでしたが、まだ寒さに慣れてないせいかけっこう冷えが厳しく感じました。明け方には4℃まで下がりましたので、これからの撮影には防寒対策を忘れずに臨みたいところです。
 
https://www.unitec.jp.net/

« M42オリオン大星雲中心部。 | トップページ | 蒼月様のシグマ 70mm F2.8 MACRO ART レビュー。 »

天体写真」カテゴリの記事