« Pモーション±7秒角前後を達成するために… | トップページ | シグマ 105mm F1.4 ART レビュー。 »

2019年1月 8日 (火)

ボーグ107FLによるバラ星雲。

2

●バラ星雲
2019年1月3日23時52分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08×+ HEUIB-IIフィルター 合成焦点距離 648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 3分露出×70枚コンポジット 高輝度部に短時間露光をHDR合成 SWAT-350+M-GENによる一軸オートガイド 撮影地千葉県大多喜町
 
新年最初の撮影はお正月気分も抜けない1月3日でした。ほんとは週末の5日に出かけようと思っていたのですが、天気予報がイマイチで、急遽3日に変更となりました。この日は作例ページでおなじみの上村さん、蒼月さん、そして古くからの友人の泉川さんも加わり、総勢4名のSWAT部隊が出撃。遠征地のダム湖には、SWAT-200から350まで歴代のSWATがずらりと6台も並んで大賑わいとなりました。同じことを思ったのか、他にも多くの天文ファンが訪れ、て、普段の倍くらいのクルマが整列して壮観でした。たまたまお隣にいらして知り合ったMさんが、なんとフジノン40×150ED双眼鏡を持ち出して観望されてまして、私たちもそのご相伴にあずかり、あれやこれやと大いに楽しませてもらいました。「こりゃ新年早々縁起がいいぞ」と思いました。(笑) Mさん、どうもありがとうございました。

さて、画像はバラ星雲です。さすがに650mmでのバラ星雲はデカいですね。新年の幕開けにふさわしい見栄えのする対象を選びました。ここ数年、年間を通すとあまり天気に恵まれてない感じです。今年は新月期の晴れが増えて欲しいですね。
 
https://www.unitec.jp.net/

« Pモーション±7秒角前後を達成するために… | トップページ | シグマ 105mm F1.4 ART レビュー。 »

天体写真」カテゴリの記事