« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月22日 (金)

SWAT-350デモ展示品処分セール。

Swat350image
各地の星まつりやCP+で展示したSWAT-350のデモ展示品を処分します。処分にあたっては、完全に分解して内部を清掃、各部チェックのうえ、グリスやオイルシールを交換。ウォームギアも最新タイプに入れ換えて、実際の星で追尾精度をチェックし、Pモーション±7″前後を確認してますので、末永く安心してお使いいただけます。デモ展示で使用していたため、小さな当たり傷、擦り傷がございますが、性能にはまったく問題ありません。今回、デモ品を総入れ替えのため、3台まとめて処分します。多少の傷や汚れなど気にしない方におすすめします。全品一年間の保証付き、この機会をお見逃しなく!
 
●SWAT-350(B1) 売約済
 新品価格 135,000円(税込)→処分特価 107,000円(税別) 115,560円(税込)
 小傷、擦り傷、汚れが少し有ります。
●SWAT-350(B2) 売約済
 新品価格 135,000円(税込)→処分特価 105,000円(税別) 113,400円(税込)
 小傷、擦り傷、汚れが有ります。
●SWAT-350(B3) 売約済
 新品価格 135,000円(税込)→処分特価 100,000円(税別) 108,000円(税込)
 小傷、擦り傷、汚れが、やや多いです。
 
3/23追記 全品完売しました。どうもありがとうございました。
 
価格は傷の程度の差によるものです。お申し込みはご希望の番号(B1~B3)を明記してメールにてお願いします。こちらからどうぞ。お支払いは銀行振り込みのみ。送料は日本国内に限りサービスいたします。早いもの勝ちとなりますので、売り切れの節はご了承ください。
 
https://www.unitec.jp.net/

2019年3月16日 (土)

300mmノータッチ追尾で撮るアンタレス付近。

Antares

●アンタレス周辺
2019年3月9日02時08分~/2018年5月10日23時32分~ シグマ APO 300mm F2.8 絞りF2.8開放 キヤノン EOS 6D(SEO SP-4改造) ISO1600 120秒露出×66枚 ISO3200 60秒露出×145枚 高輝度部分に短時間露出をHDR合成 Photoshopで画像処理 SWAT-350/310ノータッチ追尾 千葉県大多喜町
 
この季節、冬と春と夏の天体が同時に楽しめます。薄明終了後はまだ冬の星座が空高く、夜明け前の東の空には夏の天の川がアーチを描きます。南天にはさそりのS字が立ち上がり、とても印象的。さそり座は南天に低いため、好条件で撮影できるチャンスは以外と少なく、これから梅雨入り前にかけてが狙い目です。そんなわけで、前回ブログのM81M82周辺を撮った後にレンズを向けたのがアンタレス周辺です。この画像は、昨年撮影した分と合算して、総露出時間4時間37分として画像処理しました。アンタレス周辺は、とてもカラフルで美しいため、毎年のように撮影してしまいます。同じ機材と構図で撮れば、加算合成も楽なので、少しずつ画質を高められる楽しみもありますね。SWAT-310/350なら、焦点距離300mmで2~3分程度のお手軽ノータッチ撮影が可能です。
 
https://www.unitec.jp.net/

2019年3月11日 (月)

シグマ APO 300mm F2.8によるM81 M82付近。

M81m82

●M81M82周辺
2019年3月8日19時33分~/2018年2月8日23時18分~/2018年2月12日0時8分~ シグマ APO 300mm F2.8 絞り開放 キヤノン EOS 6D(SEO SP-4改造) ISO1600 2分露出×246枚コンポジット ハイライト部分に短時間露出を合成 Photoshopで画像処理 SWAT-310/350によるノータッチ追尾 千葉県大多喜町
 
先週の金曜日は久しぶりに安定した快晴に恵まれました。この日を逃すとまたしばらくチャンスがなさそうな予感がしたので、早々に仕事を切り上げ、いつもの房総へ出かけました。到着時には風が強く、長焦点撮影は厳しそうでしたが、薄明終了前には風も収まり、その後は絶好の条件で一晩中撮影できました。今回もSWAT-350と310の2台体制で、サブのSWAT-310にはシグマのサンニッパを搭載して、長時間の放置撮影です。
まずは北天のM81M82付近に向けて、5時間20分ほど撮影しました。このエリアは、昨年、2分露出×85枚コンポジット(総露出時間2時間50分)で撮影してブログに掲載しました。房総の北の空は東京や千葉方面の光害が天頂付近まで及び、条件はよくありません。分子雲を狙うには不向きですが、さらに加算してどれくらい改善するか試してみました。トータルで8時間強の露出です。昨年の画像と比較すると、そんなに代わりばえしない感じですが、昨年は強引に炙りり出した分子雲のノイズを目立たなくするために、かなり強めにボカして滑らかにしていましたが、今回は総露出が延びたおかげで、ノイズ処理を大幅に抑えられて、自然な感じに描出できたかと思います。
サブのSWAT-310の極軸合わせは、メインのSWAT-350をポールマスターで設置したあとに、それを光学極望を使って、コピーするやり方で調整しました。それでかなり正確に設置できます。複数台運用する場合、効率よく準備できます。
 
https://www.unitec.jp.net/

2019年3月 4日 (月)

CP+2019、ご来場ありがとうございました。

Cp05

Cp03

CP+2019も無事に閉幕。今回もSWATはトミーテックさんのご厚意で、ボーグブースにコラボ展示させていただきました。私は初日と3日目の午後に説明員として対応しましたが、多くの(おそらく10人以上)SWATユーザー様がおいでくださり、感謝感激です。どうもありがとうございました。
ボーグブースは相変わらずの人気で、常に写真のような混み具合でした。新製品としては、71FLの後継機の72FLが登場。よりデジタルに合わせた収差補正で高性能化されたそうです。そして、この春に発売になる待望の107FL用中版対応レデューサーの最終試作も展示されました。気になる性能ですが、試作品を借りられるようなら、このブログで情報発信できればと思っています。どうぞご期待ください。

話は変わりますが、胎内星まつりや今回のデモ展示に使ったSWAT-350、SWAT-310をはじめ、店頭展示のSWAT-300などを完全オーバーホールのうえ、処分特価にて販売いたします。詳細は追ってこのブログで発表いたします。こちらもご期待ください。

https://www.unitec.jp.net/

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »