« SWAT-350デモ展示品処分セール。 | トップページ | ラッピングの効果。 »

2019年4月 2日 (火)

M51子持ち銀河。

 M51_1

●M51子持ち銀河
2019年3月9日2時07分~/2018年2月12日1時07分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08×+ HEUIB-IIフィルター 合成焦点距離 648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 3分露出×57枚 Photoshopで画像処理 SWAT-350+M-GENによる1軸オートガイド 撮影地 千葉県大多喜町
 
3月8日の房総遠征で撮ったM51子持ち銀河です。春の銀河はどれも小さく、個々の天体をポータブル赤道儀で拡大して狙うのはとても厳しいのですが、撮影して絵になる対象がいくつかあります。その中のひとつがこのM51子持ち銀河です。20cmを超えるような大口径反射の作品とは比ぶべくもないですが、口径10cmクラス+ポタ赤でも、これくらいは写せるという参考になればと思い撮影してみました。このほかにも、しし座のトリオ銀河やM81M82など小口径でも狙える天体があります。焦点距離が長いとオートガイドしないと星像が流れてしまいます。ノータッチで撮るときは、高感度に設定して流れ具合を確認しながら30~60秒程度の露出で多枚数撮影し、それらをまとめてコンポジットすれば星像が点像で見栄えのする作品が作れます。ぜひチャレンジしてみてください。
 
https://www.unitec.jp.net/

« SWAT-350デモ展示品処分セール。 | トップページ | ラッピングの効果。 »

天体写真」カテゴリの記事