その他

2018年8月 7日 (火)

埼玉県岡部隕石落下60年でクラウドファンディング。

60

プロカメラマンでSWATユーザーの飯島裕さんから、岡部隕石の記念碑の製作に関するクラウドファンディングについて、ご案内をいただきました。寄付は3,000円からとなっています。ご興味のある方はこちらのページをご覧ください。

●飯島裕さんからのお知らせ

月刊天文情報誌『星ナビ』で取材してきた、1958年11月26日に埼玉県の岡部村(現在は深谷市)に落下した岡部隕石の件です。(『星ナビ』2016年12月号、2017年5月号、2017年9月号に掲載)
これは、畑で作業していた男性のすぐ横に落下したという、世界でもたいへん稀な隕石です。現在、この落下地点には隕石を伝えるものが何もなく、発見者の山﨑さん(当時20歳現在80歳)が地面に塩ビ管を埋めてその場所を保存しているだけという現状です。
今年で落下60年になりますが、取材を機会に隕石落下記念碑(説明板のようなもの)を作りたいという話になりました。そして本日、その資金集めのためのクラウドファンディングサイトが立ち上がりました。ご協力ご支援いただければと思っています。
ぜひ、よろしくお願いします!

《埼玉県岡部隕石落下60年でクラウドファンディング、ご協力ご支援をよろしくお願いします!》
FAAVO『この場所を伝えたい・岡部隕石60年』
https://faavo.jp/saitama/project/3002

2018年6月19日 (火)

特注大径ウォームギアセット。

Wh3

Wh2

梅雨に入りまして、連日曇りや雨となっています。完全に戦意喪失で、ブログ更新も滞っておりました。昨日は大阪で大地震があり、被害もかなり出てるようで心配ですが、幸いユニテックの関係先は人的、物的な被害はなかったとのことで、ひと安心でした。被災された皆さまが、一日も早く日常生活に戻れることをお祈りしています。
さて、上の画像は特注で製作したウォームギアセットです。画像では伝わりにくいですが、かなりの大きさです。砲金製のホイールは直径212mmもあります。比較のために上にフタのように載せてあるのが、ちょうど半分の直径(106mm)のSWAT-310/350用ジュラルミン製ウォームホイールです。ちなみに重さは、砲金製が7.2kg、SWAT用が0.07kg(70g)。(笑) 今回、お客様からのご要望に添って製作したものですが、中心軸のザグリを見ると巨大なベアリングが入るようで、かなりの大型赤道儀と思われます。どんな赤道儀なのかと想像してしまいます。そんなわけで、ブログネタもないので、ユニテックの裏仕事をご紹介しました。

SWAT-310/350は梅雨の時期にもかかわらず、たくさんのご注文をいただき、現在バックオーダーとなっています。嬉しい悲鳴です。どうもありがとうございます。お待ちいただいているお客様には、大変ご迷惑をお掛けしておりますが、梅雨明けに追尾テストに合格した製品から順次出荷を再開して、8月上旬にはバックオーダーを解消できる見込みです。今しばらく、お待ちください。
 
https://www.unitec.jp.net/

2018年4月10日 (火)

SWAT-300をSWAT-310へアップグレードします。

Swat310

Photo

本日発売の新製品SWAT-310ですが、おかげさまで第一ロットはご予約分で完売となりました。現在、月末納品予定で第2ロットを生産中です。第2ロットもほとんどご予約で埋まっておりまして、あと数台はゴールデンウィークに間に合いますので、ご購入予定のお客様は販売店様へ早めのご予約をお勧めします。

さて、SWAT-300をお持ちのユーザー様にお知らせです。このたび、SWAT-300をSWAT-310相当にアップグレードするサービスを開始します。赤経恒星時目盛環、大型ベアリングを追加しての耐荷重性能向上など、魅力あるアップグレードになっています。5月末までのお申し込みにつきましては特別価格にて対応します。この機会をお見逃しなく。なお、特殊改造につき、お申し込みは弊社へ直接お願いします。

■SWAT-300→310アップグレードサービス
アップグレード価格 32,000円(税別)
2018年5月末までの特別価格 27,000円(税別)
※お預かり期間は通常10日間程度です。
※電装パネルは「SWAT-300」のままとなります。
※グリスアップなど基本メンテナンスも行います。
※SWAT-350へのアップグレードサービスは終了となります。
 
お申し込みは、こちらからメールにてお願いします。
 
http://www.unitec.jp.net/

2018年2月21日 (水)

お勧めの参考書「写真レンズ星空実写カタログ」。

Photo_5

いま話題の西條善弘さん著、「写真レンズ星空実写カタログ」(誠文堂新光社刊)を購入しました。まえがきには、焦点距離200mm以下でF4より明るいレンズが約300本あり、それらをすべてテストして書籍化することを目指しているそうで、そのうち半分のテストを終えたところで、いったん区切って本書の発売になったとのことです。35mmフルサイズ用が51本、APS-Cサイズ用が26本、マイクロフォーサーズ用が28本、トータルで105本のレンズが掲載されています。
ページ構成は上の写真の通り、レンズ外観と仕様、筆者の寸評、実写星野画像、絞り開放とわずかに絞ったときの中心と周辺星像の拡大(周辺減光補正あり)、周辺減光の画像からなっています。中心と周辺星像の拡大画像でレンズの性能が一目瞭然です。こりゃレンズメーカーもたまったものではないですね。(笑) 著者の作例写真はどれも秀逸で、構図の参考にもなります。
新たな試みとして、拡大画像には「星像のシャープさを判定するためのゲージ」が採用されていて、ゲージと星像を比較することで、そのレンズのシャープさを簡単に判断できるように工夫されています。
昨日のブログの「ふたご座」の画像は、上の写真に掲載されているシグマ50mm F1.4で撮影したものですが、私が選択した絞り値F2は、周辺星像が開放よりかなり改善しているとはいえ、ちょっと中途半端で、西條さんのテスト結果ではF2.4まで絞ると全面でほぼ完璧な星像を示すことがわかります。このように最適な絞り値を探るときの目安としても大いに参考になります。もちろんスピード優先の撮影がしたいときは開放の方が適していますし、周辺減光の改善を狙ってあえて絞り込む場合もありますので、目的によって最適な絞り値を選ぶことが肝心です。ただし、あまり絞ると回折で輝星に放射状の光条が出ます。
このように、「写真レンズ星空実写カタログ」は天体撮影ファンにお勧めできる素晴らしいレンズカタログに仕上がっています。後編が今から楽しみです。できれば、気軽に天体撮影ができる300mmクラスまで網羅して欲しいと思います。
  
http://www.unitec.jp.net/

2018年2月15日 (木)

FUJIFILM X-T2の天体撮影適性はいかに…。

Xt21_3

Xt22

昨年のソニーさんに続いて、今度は富士フイルムさんから天体撮影の依頼がきました。機種はX-T2。同社ミラーレス一眼のフラッグシップ機です。一般撮影では評価も高く、フィルター改造なしでもHαが写るとのうわさも耳にしています。さらに15分までの露出やインターバルタイマーなど、天体撮影に嬉しい機能も標準で搭載されていて、APS-Cサイズではありますが、価格も意外とリーズナブルな感じで好感が持てます。まずは、どれほど写るのか試してみます。乞うご期待。
なお、このカメラを天体撮影にご使用の方で、ご要望などありましたらコメント受け付けております。
  
http://www.unitec.jp.net/

2017年10月 6日 (金)

USBモバイルバッテリーのご使用について。

Image01s

SWATポータブル赤道儀は6V~12Vの幅広い電圧でご使用いただけるように設計されています。付属のバッテリーケースが9V用なのは、エネループで7.2Vで使えるようにしたためなのと、単三電池4本の6Vだと、最初は問題ないのですが、徐々に電圧低下を起こして、6V以下に低下してまい正常に駆動できなくなる恐れがあるためです。12Vでも問題ないのですが、モーターが過剰なトルクを出して、その発熱で電池を消耗します。そのため6~9Vくらいがお勧めの電圧です。
さて、最近USBモバイルバッテリーを電源として使用したいというお問い合わせが多くなってきました。USBモバイルバッテリーは容量の種類も多く、値段も下がってきたことから、お使いになりたいユーザー様もいらっしゃると思います。自己責任となりますが、簡単に流用できる方法をご紹介します。
上の写真は、amazonで1,600円で販売していた10000mAhのモバイルバッテリーをSWATの電源として流用した例です。USB出力ですから、5Vですので、そのままではSWATの電源として使えません。そこで、USB5Vを9Vに昇圧するDC-DCコンバーターが内蔵され、φ5.5センタープラスのDC電源ジャックに変換するケーブルを使用して駆動しています。このケーブルもamazonで800円ほどで販売しています。この組み合わせで、簡単にSWATの電源としてお使いいただけます。ご検討いただいているユーザー様のご参考になれば幸いです。ちなみに写真の組み合わせで12時間連続駆動してみたところ、バッテリー残量は40%以上ありましたので、残量表示がそこそこあてになるとすれば、フル充電で一晩は余裕です。
 Image02

様々な容量のモバイルバッテリーが販売されています。容量10,000mAhあれば15時間以上の駆動が可能です。上の写真はマジックテープでSWAT-350の背面に取り付けた例です。バッテリーはそこそこの重さがありますから、取付を工夫すれば、ウェイト代わりにも使えます。さらに容量の大きなバッテリーでしたら、ヒーターの電源としても使用できるでしょう。
 Image03

DC-DCコンバーターを内蔵した便利なケーブル。USB5Vを9Vに昇圧します。
 
※ご紹介のUSBモバイルバッテリーとケーブルは、実際に使用して問題なく使えることを確認していますが、ご使用にあっては自己責任とさせていただきます。粗悪な製品も多いため、ご購入の際には充分ご注意ください。また、SWATのDCジャックはセンタープラスです。極性を必ずご確認ください。
 
http://www.unitec.jp.net/

2017年9月16日 (土)

ソニー製カメラの天体写真適性はいかに…。

Ii

ソニーさんのα7sIIで天体写真を撮影する機会を得ました。これまで自分ではキヤノンしか使ったことがないので、同様の事が出来るのか取説と睨めっこしながらになりそうです。ちょっと試したところ、タイムラプスアプリ(1,028円)をインストールすれば、30秒以内の露出でインターバル撮影が出来るようなので、それでテスト撮影してみたいと思います。

ネット上で広く知られている問題点は、「星喰い現象」「4秒以上露出で微光星消失」「31秒露出以上は12bit」「赤はあまり写らない」「マウント開口部でケラレる」「長時間露出のインターバル撮影タイマーがオプションにない」などです。さて、撮影の結果はいかに…
 
http://www.unitec.jp.net/ 

2017年4月17日 (月)

拡大撮影のための新兵器導入。

Qhy5iii290c

シーイングの良いときの月面拡大撮影用にCMOSカメラとノートパソコンを導入しました。これまで、月全体の撮影ではデジタル一眼で満足いく結果を得ていたのですが、シーイングの良い時の部分拡大撮影では、テレプラス2段重ねといった、正直お勧めできない方法で撮ってました。それでも拡大率が足りず、コンポジット用に撮影枚数を稼ぐのにも時間がかかり、効率の悪さを感じていました。そこで、協栄産業大阪店のSさんに相談したところ、「加曽利さん、いいのありまっせ~、QHY5III290Cなんてどうでっしゃろか~」(加曽利さん、QHY5III290Cがお勧めですよ。)とおっしゃるので、「ほな、それもろうときまひょ!」(じゃぁ、それください!)と二つ返事したところ、品揃え豊富な協栄さん、速攻で送っていただけました。このカメラにはソニー製の裏面照射タイプ1/2.8型CMOSセンサー「IMX290」が採用されていて、ピクセルサイズが2.9μmと小さく、低ノイズで月面や惑星の拡大撮影に好適なスペックです。さすがはSさん、いいカメラを推奨しますね。モノクロタイプも用意されているので、LRGBの本格的な撮影を目指す方は、そちらも選択肢となります。そのほか、カメラ以外にもベランダで撮影するのにノートパソコンが必要です。これはDELLの安いのを購入。両方で約10万円の出費となりました。

カメラが届いたのが14日。QHY社の正規代理店でもある協栄さんならではの心の行き届いたサービスとして、日本語のセットアップマニュアルに加え、各種ドライバ、キャプチャ-、オートガイド用のソフトウェアが入ったCDが添付されていました。マニュアルの手順でドライバとキャプチャーソフトをインストール。動作確認のため、手元にあったKOWAのズームレンズをカメラに装着して、ノートのUSB端子にカメラを接続してみます。キャプチャーソフトを立ち上げると、すんなりライブビュー画像が表示されました。こうなると、すぐにでもテスト撮影したいところです。夜を待って、ボーグ107FLをベランダに持ち出し、ワクワクしながら、カメラをセッティングしました。あいにく、その夜のシーイングが悪く、ゆらゆらの月面をちょっとだけ撮影して撤収しました。一応、問題なく撮れているようです。無事に動作確認を終えて、次はちゃんと撮影してしてみたいところですが、都合良くシーイングの良い日と巡り会えるわけもないですね。それでも昨晩は、14日の夜よりかなりマシな感じだったので、ちょうど南中していた木星でチャレンジしました。月が昇ってくる頃には曇りそうな予報なので木星でテスト撮影です。
 Photo_3

■撮影データ
2017年4月16日20時44分~ ボーグ107FL+1.4×テレコン+PL15mm QHY5III290C 1/30秒露出で5分間撮影 AutoStakkert2で約1200枚スタック Registax6 Photoshopで画像処理 SWAT-350にて自動追尾 撮影地 東京都目黒区
 2_3

■撮影データ
2017年4月16日23時18分~ ボーグ107FL+1.4×テレコン+PL15mm QHY5III290C 1/30秒露出で3分間撮影 AutoStakkert2で約430枚スタック Registax6 Photoshopで画像処理 SWAT-350にて自動追尾 撮影地 東京都目黒区
 
上が最初の撮影。ちょっと像が甘い感じだったので、もう少し撮影時間を短くしてスタック枚数を減らしたのが下の画像です。惑星の動画撮影をPCカメラでするのは初めてで、1フレームの露出時間やゲインの設定も手探りです。撮影時間も一枚で撮った方がいいのか、短時間で分けた方がいいのか、よくわかりません。まずは体験することが大事と判断して、細かいことは気にせず気軽にやってみました。引き伸ばしレンズは15mmのプローセルアイピースを使用。拡大率も適当な「超いい加減撮影」ですが、初めての撮影でも口径107mmで上の画像くらいの解像度を得られました。シーイングが良ければもっと拡大しても大丈夫そうです。木星は自転が速く、短時間で撮影しないと模様がズレてしまいます。そのあたりの最適値も煮詰めていかないと口径の能力をフルに発揮させられないです。フィルム時代からすれば大満足な仕上がりですけど、上手な方の作品を見ると、口径の違いはあるとはいえ、とんでもなく微細な模様まで写し出されているので、もっと高画質を目指せそうです。惑星撮影に詳しい方、ぜひご指導ください。ただ本格的に惑星撮影するには10cm級では厳しいですね。せめて15cm、出来れば25cmは欲しいです。本来の目的は月面の拡大撮影です。シーイングの良い日が訪れるのを待つことにします。

最近のCMOSカメラは製品のバリエーションが豊富で選択肢も増えてきました。カラー、モノクロの他、撮像素子のサイズやピクセルサイズなど様々で、さらに星雲・星団の撮影に適した冷却タイプまで10万円前後で登場しています。ご購入の際には、協栄産業さんのような知識が豊富なお店で、撮影目的をよく相談してからの方がよさそうです。
 
http://www.unitec.jp.net/

2017年3月 5日 (日)

ビクセン三脚アダプターをGTIZO 5型で使う。

カメラ用三脚としては強度が高く、ポタ赤での使用にお勧めできるGTIZO 5型システマチック三脚ですが、トップレートの表面に貼ってある樹脂製の緩衝材は精密な天体追尾にはない方がいいとう、ユーザーさんからのご指摘にお応えして、ビクセン三脚アダプターを使った「裏技」をご紹介します。
 Gitzo01_2

トッププレートには樹脂製の円盤が貼ってあります。一般撮影では取り付ける機材の底面に傷が付かなくてよいのですが、天体撮影ではなるべく「柔」な部分をなくしたいですね。
 Gitzo02

そこで、ビクセン三脚アダプターの出番です。「何でビクセン?」とお思いでしょうが、実はこのパーツの直径がGTIZO 5型のトッププレートと同じなんです。もうお気づきですね。これを勘合に使うのです。極軸微動ユニットにビクセン三脚アダプターを取り付けます。
 Gitzo03

こんな感じになります。これでGTIZO 5型三脚に取り付けられます。極軸微動ユニットのボトムプレートの方がちょっと大きいのがミソで、GTIZO三脚からの脱落防止になります。
 Gitzo04

ピッタリですね。GTIZO 5型をお使いの方は、ぜひご検討いただければと思います。

こんな「裏技」を思いついたのは、ユーザーの作例ページで有名なHUQさんと別件でやりとりしていたときに、HUQさんから「極軸微動ユニットをGTIZO 5型三脚にダイレクトに取り付けたい」と要望をいただきました。何か方法はないかとあれこれ思案していたときに、GTIZOのトッププレートとビクセン三脚アダプターの直径が偶然にも同じだったことに気づいて、試してもらったところ、とても具合がよいとのことで、ブログに書かせていただきました。そんなわけで、上の写真はHUQさんが試した時の画像をいただいたものです。
 
話は変わって、今日は「月面X」が見られる日です。日没後、すでに見え始めていると思いますので、早めに準備してご覧ください。過去に私が撮影した月面Xはこちらで。
 Photo

19時現在、東京では薄雲がかかっています。頑張れば写せるかもしれせんが、なんだか気合いが入らないので、撮影は止めておきます。上の画像は、200mm望遠+1.4倍テレプレス、EOS 6D ISO3200で手持ち撮影です。
  
http://www.unitec.jp.net/ 

2017年2月18日 (土)

超光害地で超お気軽撮影。

Photo_2

●バラ星雲
2017年2月17日19時15分~ ボーグ 71FL+レデューサー0.72×(合成焦点距離 288mm F4.1) IDAS LPS-D1フィルター キヤノン EOS 6D(SEO SP-4改造) ISO200 90秒露出×71枚+ISO400 90秒露出×60枚 合計131枚コンポジット ステライメージ7でダーク&フラット補正、コンポジット処理 さらにフラットエイドで追加補正 仕上げはPhotoshopで画像処理 SWAT-350によるノータッチ追尾 撮影地 東京都目黒区
 
前回のブログの続きです。今回も渋谷駅から1.5キロほどの超光害地の南向きベランダで、スマホだけで極軸調整して撮影しています。光害カットフィルターのIDAS LPS-D1フィルターを使いたくて、ボーグ71FL+レデューサーを選択しました。131枚ものコンポジットで、何とか炙り出したのが上の画像です。それでも、ノイズで荒れてますね。参考のため撮って出しを下に掲載します。
 2

元天文ガイド編集長で株式会社輝星の高槻さんは、「分子雲まで出すつもりの作法を行なえば、光害地での撮影も充分可能」とおっしゃっています。また、「星空は光害の海に沈むことなく浮かんでいる」という合い言葉の下、光害地撮影ファンの有志の人達と試行錯誤しているそうです。フィルムのように、光害が星の像を押しのけて沈めてしまうことはないのでデジカメなら光害地でも使える理屈ですね。

前回の極軸調整の補足ですが、座標変換で計算すると極軸設置精度は、300mmで30秒露出の場合、高度/方位が1度くらい狂っていても問題はありません。60秒なら0.5度狂っても大丈夫です。今回は90秒露出して点像を得てますので、20分程度で収まっていることになりますね。なかなかの設置精度です。

スマホの傾斜計は非常に正確で、SWAT-300/350の削り出し筐体の工作精度を活かせます。コンパスアプリは偏角も補正してくれるようですが、ただしスマホの精度は5度ほど狂うことがあるので、普通のマップコンパスの方がお勧めです。その時は偏角を調整してください。南中時に影響があるのは、高度でなくて方位です。高度は追尾速度に影響します。いずれにしろ短時間露出なら無問題。コンパスはカメラの電池や赤道儀のベアリングのほか内蔵のモーターなどで狂うので、ポタ赤から少し離した位置で針を確認して、そーっと近づけて「どのくらい狂うか」見極めてから読むと正確です(重要!)。

超光害地の北極星が見えない南向きベランダでも、簡単セッティングで、作例くらいの画質が得られます。都市にお住まいの方も気軽に星野撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。ただし、空の暗いところで撮影したときよりも画像処理がかなり大変です。(笑) オマケ画像はフラットエイドで使用した補正用のマスクです。色カブリがひどいです。(汗)
 Mask2

フラットエイドは、ぴんたんさんが作成されたフリーソフトで、天体の画像処理を行う上で、とても役立つ優れたツールです。これをフリーで提供していただけるこは、ありがたいことです。ぴんたんさんに感謝します。

ダウンロードは↓のページから。「Software」をクリックしてください。使い方もあります。
http://figomura.ddo.jp/shinyadoraku/

シェーディング画像作成で上手くいかなかった場合は、私の環境では「シェーディング画像ビニング倍率」を「2」にすると大丈夫でした。
 
http://www.unitec.jp.net/