よもやま話

2019年9月19日 (木)

ハーモニックドライブ本体のモーションはいかに。

   HarmonicdrivemotorHarmonicdrive

外山電子さんのご協力で減速ギアにハーモニックドライブを使用したモーターを入手しましたので、早速モーター本体のモーションを測定してみました。弊社の測定器による結果が上のグラフになります。青とピンクのラインがハーモニックドライブで、単純にSWATの一周期に合わせて7分間弱を2回分です。実際には30回ほど測定していて、突発的に±30″程度なこともありましたが、 だいたい±15″程度で安定する感じです。グラフは安定したときのモーションです。細かいギザギザのモーションはこの個体特有のものかどうか不明ですが、常時±5″程度のふらつきがあります。このモーターに直接カメラを載せるなら、焦点距離100mmくらいは安心してガイドできそうな感じです。細かいギザギザは焦点距離500mmを超えると影響を受ける量ですが、シーイングが悪いと同じくらい動くので星像が多少膨らむ程度かもしれません。オートガイドすれば安心でしょう。以前、噂に聞いていたよりもずっとよい結果でした。このモーターを使えば、簡単に±15″という高精度が出るのですから、なかなか立派なものです。問題はお値段で、テストに使ったこのモデル(モーターはオリエンタル製)は、一個75,000円もします。このモーターが使えると赤道儀を作るのがとても簡単になるんですが、赤道儀自体も相当高価になってしまいますね。それから周期性のない大きなモーションと細かいギザギザのモーションの補正をどうするか考えないといけないですね。もう少し低価格なハーモニックモーターが出ることを期待しましょう。ちなみにグラフの黄色と紫色のラインはまもなく発売のSWAT-350V-specのPモーションです。この個体は±4″ほど出ています。こちらにもぜひご期待ください。


※ハーモニックドライブの測定結果(回転方向はCCW)はこの個体一個を測定しただけですので、すべてが同じくらいとは保証できません。また計測は無負荷で行っております。負荷をかけた場合にモーションがどう変化するかは試してません。
  
https://www.unitec.jp.net/

2019年7月24日 (水)

梅雨明け近し…

Photo_20190724100101
ご無沙汰しております。ブログ更新は完全にさぼっておりました。といっても仕事をしてなかったわけではく、夏に向けてSWATの組み立て作業に勤しんでおりました。ただ、梅雨らしいといってはそれまでなんですが、ずっと天候不順で星が見えず、精度確認の追尾テストが出来ない状況が続いています。画像は追尾テスト前のSWAT-350/310です。たまりにたまって、20台以上もスタンバイ状態のまま並んでいます。バックオーダーもたまったまま解消できていませんが、ここ数日で梅雨も明けそうです。星が出たら、すぐに追尾テストして出荷しますので、お待ちいただいているお客様は、もう少しだけ辛抱してください。SWATは、追尾テスト前に高精度エンコーダで予備テストを行っております。合格品は、それでほぼ判りますが、安心のために実際の星で最終確認しています。ただ、こういった長雨の季節になると、出荷が滞ってしまうため、今後は基準値を若干厳しめに設定してエンコーダ測定だけで出荷する方向に切り替えようと考えています。もちろん、確認のための抜き取りテストは行います。 今後の検討課題です。
 
https://www.unitec.jp.net/

2019年4月24日 (水)

ラッピングの効果。

このところ、ブログもサボりがちになっておりまして申し訳ありません。たいしたネタも無いのですが、赤道儀の追尾精度を上げるための手法をひとつご紹介します。年明け1月5日のブログで「Pモーション±7秒角前後を達成するために…」という記事を書きました。その中でラッピングについて触れていますが、具体的にどれくらいの効果があるのでしょうか…  Photo_4  
グラフは、ウォームギアをラッピング処理する前後のモーションを計測したものです。縦軸がモーションの幅、横軸は時間で、ウォームネジ一回転になります。グラフ(上)はラッピング前に±13″だったものがラッピング後に±7.5″と大幅に精度がアップし、SWATの合格ラインに到達した例です。Pモーションが半分くらいまで小さくなっていますが、ラッピングによって、すべてがこれほど改善するわけではなく、多くは20~30%アップにとどまります。 グラフ(下)がその一例で、±20″だったものが±15″程度まで改善しています。今回、試しに±20″のネジをラッピングしていますが、合格ラインの±7″まで改善することは99%ないので、普段はラッピングすることはありません。それから、滅多にないことですが、意に反して悪くなってしまうこともあります。結果は計算できるものではなくて、経験によってだいたいは想像できるのですが、最終的にはやってみないとわからないところが、おもしろいです。

ここでのラッピングとは、研磨剤を使ってウォームネジとウォームホイールを摺り合わせ、より滑らかな動作を得る目的で行わる処理です。接眼部などの摺動部にも使われたりしますが、分解洗浄やグリスの再塗布などとても手間のかかる作業なので、一部の高級機にしか採用されていない処理技法です。具体的な方法は各社の企業秘密で、研磨剤の種類や番手、潤滑剤、処理時間、負荷のかけ具合など、結果に大きく影響する要素は公表されていません。弊社でも独自の研磨手法を確立してラッピング処理を行っております。SWATが採用しているジュラルミン(一部は超々ジュラルミン)のウォームホイールと真鍮のウォームネジの組み合わせは、超高精度加工に適しているうえ、ラッピングの効果も出しやすく、±7″前後の高精度追尾を実現するのに最適な素材といえます。

さて、いよいよGWに突入ですね。新月期と重なるので、晴れたらどこも賑わいそうです。みなさん、家族サービスも大事ですが、ストレス解消にはSWATで天体撮影するのが一番です。私も星空撮影を楽しみたいと思っています。
 
https://www.unitec.jp.net/

2019年1月 5日 (土)

Pモーション±7秒角前後を達成するために…

Wormdrive

 

新年最初のブログは、SWATの高精度を生み出すウォームギアについてです。写真は切削加工したばかりのウォームネジとホイールです。ウォームネジは高精度に加工しやすい真鍮製、ホイールは真鍮ネジと相性がいいジュラルミン製で、ホブ盤によって歯切りしています。ユニテックでは、ピリオディックモーション±7秒角前後を保証するため、ウォームギアの品質チェックを2ステージに分けて行っています。まず最初のステージでは、切削したままの状態で、すべてのウォームネジをチェックします。同じ基準で加工しているのですが、精度は一定の幅の中でばらついていて、そのまま合格のものから、出荷基準に遠く及ばないものもあります。
 2

 

上の画像の例は、最初のテストで±6.4秒角を達成しておりストレートで合格です。このまま組み上げ、エイジング処理して出荷されます。すべてがこのようにいけば楽なんですが、そんなに甘くはなく、ストレートで合格するのは2~3割くらいしかありません。
余談ですが、これまでで一番よいものは±4秒角というのがありました。そんなネジは100本に1本もないので、それを手にしたお客様はかなりラッキーですね。(笑)
 Photo

 

次に10秒角前後を達成したウォームネジです。一般的には充分に高精度なのですが、SWATの合格基準には達していません。このレベルのネジは研磨剤を使って入念にラッピング処理して精度アップを狙います。仕上がったウォームを再びテストして、基準をクリアしたものだけ製品として組み上げます。ラッピングしてもすべてが合格になるわけではありません。手間をかけても基準に達しないこともあり、悔しい思いをさせられます。(泣)
 Photo_2

 

最後は一発不合格の例です。数は少ないですが、時々これくらいのものも出てきます。残念ながら、このレベルではラッピング処理しても±7秒角に持って行くことはできません。不合格品となります。

 

このように。SWATは何段階もの検査を経て、±7秒前後という高い追尾精度を保証しています。ユニテックは「追尾精度だけはどこにも負けないぞ」という気持ちで歩んでおります。今後もこの姿勢に変わりはありません。

 

お手元の赤道儀の追尾精度を確かめたい方は、「追尾精度お気軽チェック!」と「追尾精度を測ってみよう」を参考にしてください。

今年もユニテックのSWATをよろしくお願いいたします。
 
https://www.unitec.jp.net/

2018年8月 9日 (木)

九州地区限定でSWATがテレビ出演しました。

Swattv

今朝、九州地区限定でSWATがテレビ出演しました。といってもこんなマニアックな製品ですから、ほとんどの視聴者は「何これ?」といった感じでしょうけど、九州のごく一部のSWATファンの方(10人くらい?)は、眠気が吹き飛んだのではないでしょうか。(笑)
今回は天文リフレクションズ様のおはからいで、機材紹介に使っていただけました。詳しくはこちらのページでご覧ください。

http://reflexions.jp/tenref/orig/2018/08/09/5992/
 
おかげさまで本日は朝から問い合わせ殺到、電話が鳴りっぱなしです。(嘘です) 天リフの山口さん、どうもありがとうございました。テレビ出演なんて、もう二度とないと思いますので、ブログでご報告させていただきました。なお、昨年、「相棒」というテレビドラマでSWATが「凶器」として使われるという、なんとも痛ましい事件(?)がありましたが、それはそれで嬉しかったです。(笑)
 
https://www.unitec.jp.net/

2018年2月15日 (木)

FUJIFILM X-T2の天体撮影適性はいかに…。

Xt21_3

Xt22

昨年のソニーさんに続いて、今度は富士フイルムさんから天体撮影の依頼がきました。機種はX-T2。同社ミラーレス一眼のフラッグシップ機です。一般撮影では評価も高く、フィルター改造なしでもHαが写るとのうわさも耳にしています。さらに15分までの露出やインターバルタイマーなど、天体撮影に嬉しい機能も標準で搭載されていて、APS-Cサイズではありますが、価格も意外とリーズナブルな感じで好感が持てます。まずは、どれほど写るのか試してみます。乞うご期待。
なお、このカメラを天体撮影にご使用の方で、ご要望などありましたらコメント受け付けております。
  
http://www.unitec.jp.net/

2017年9月16日 (土)

ソニー製カメラの天体写真適性はいかに…。

Ii

ソニーさんのα7sIIで天体写真を撮影する機会を得ました。これまで自分ではキヤノンしか使ったことがないので、同様の事が出来るのか取説と睨めっこしながらになりそうです。ちょっと試したところ、タイムラプスアプリ(1,028円)をインストールすれば、30秒以内の露出でインターバル撮影が出来るようなので、それでテスト撮影してみたいと思います。

ネット上で広く知られている問題点は、「星喰い現象」「4秒以上露出で微光星消失」「31秒露出以上は12bit」「赤はあまり写らない」「マウント開口部でケラレる」「長時間露出のインターバル撮影タイマーがオプションにない」などです。さて、撮影の結果はいかに…
 
http://www.unitec.jp.net/ 

2017年2月16日 (木)

BORG新カタログにSWAT作品が掲載されました。

Borg1

今、絶好調のボーグさんの新総合カタログが刷り上がりました。早速、見本が届きましたが、SWAT作例コーナーで活躍されている横浜の蒼月さんと愛知のHUQさんの作品が掲載されています。私の写真も載せていただきました。新カタログは最新の107FLから36EDまでの魅力のフルラインナップです。ボーグ製品をご検討中の方はもちろん、そうでない方もぜひ手にとってご覧ください。なお、SWATとの組み合わせは来週に迫ったCP+でドーンと展示予定です。新カタログをゲットするだけでも価値があります。ぜひご来場ください。
 Borg2c

55FLのページには愛知県のHUQさんがSWAT-200で撮影した「すばる周辺」が掲載されています。
 Borg3c

71FLのページは、横浜市の蒼月さんがSWAT-200で撮影した「M31アンドロメダ大銀河」が掲載されました。
 Borg4c

そして90FLのページには、私の「干潟星雲周辺」が掲載されています。

このように、軽量コンパクトなBORG製品はSWATポータブル赤道儀と抜群の相性です。負荷がかかっても高い追尾精度を維持し、耐荷重性能にも優れ、極軸の粗動回転機構やオートガイダー対応、豊富なオプション群が高度な撮影までサポートします。将来的にも安心してお使いいただけます。ボーグ鏡筒をお持ちの方はもちろん、これから購入される方も、ぜひSWAT赤道儀をお選びください。

※カタログの作例データで、私と蒼月さんのカメラが「EOS60D改」となっていますが、「EOS 6D改」の誤りです。
 
http://www.unitec.jp.net/ 

2016年8月 5日 (金)

SWATで撮影した作品が、天文ガイド最優秀に。

Photo

本日発売の「天文ガイド 9月号」。読者のフォトコンテストで、SWAT-300Sユーザー様の作品が最優秀作品に選ばれました。おめでとうございます。ニュージーランドに遠征しての素晴らしい作品で、みなみのかんむり座からいて座に広がる暗い反射星雲を見事に写し出しています。ぜひ書店でお手にとってご覧ください。作例ページにご投稿いだだいたユーザーの皆様の作品をはじめ、こうして誌面に発表される写真を見ていると、SWATを製作している私にとっては、まるで我が子の活躍をみているかのようで、とても嬉しく思います。誌面には、他に来週極大を迎えるペルセウス座流星群の楽しみ方も掲載されています。ぜひ書店にて一冊お買い求めください。

さて、梅雨明けしたものの、今年は太平洋高気圧の張り出しが弱く、安定した夏空が続きません。夏の好シーイングは訪れないのでしょうか。関東地方には、このあと台風も接近してくるようです。例年なら太平洋高気圧の西の縁を回って大陸方向へ行っちゃうはずなんですが…。でも、天気図を見てみると等圧線の間隔も開いていて、もしかしたらシーイングも悪くないかもしれないと思って、昨晩は主砲のボーグ90FLを土星に向けてみました。まぁまぁ撮れそうなので、そのまま撮影しました。
 S

■撮影データ 2016年8月4日21時11分23秒~ ボーグ 90FL+ボーグ1.4×テレコン+プローセル5mm キヤノン EOS 6D ISO3200 1/4秒×120枚 RegiStax6でスタック Photoshopで画像処理 SWAT-350にて自動追尾 撮影地 東京都目黒区

口径90mmで光量が少なく、惑星の強拡大は無理だと思っていたのですが、試しに撮った木星が意外とよく写っていたので、認識が変わりました。昨晩の土星も90mmとしては満足いくレベルになったかなぁと思います。もうちょっとカッシニがクッキリするといいのですけど、私の撮影テックニックではまだ無理なようです。シーイングの良い日に再度チャレンジしてみます。今回のカメラは月の撮影で使っているデジタル一眼です。惑星撮影に適したWEBカメラの動画からスタックすれば、さらに高画質が得られそうですが、そこまで手を広げられずにいます。こちらも、いずれチャレンジしてみたいと思います。試しにデジタル一眼の動画で処理してみたこともありますが、解像度が低くてイマイチ使えませんでした。

この週末は天気のよい地域が多そうですよ。月明かりに邪魔されずに、たっぷり星野撮影が楽しめそうですね。シーイングに恵まれたら、長焦点撮影でも好結果が期待できます。星粒がきれいに分離した球状星団、複雑に入り組んだ星雲のディテールなどが、思いのほかよく写ります。明晩、晴れたら、私も撮影に出かけたいです。
 
http://www.unitec.jp.net/

2015年10月 8日 (木)

ボーグ55FLはSWAT-200に好適!

Fl551

Fl552

いや~、また買っちゃいました。完全にボーグ沼にはまってます。(笑) 今日届いたのは55FLです。口径55mm焦点距離250mm/F4.5というとてもコンパクトなフローライトアポクロマートで、近日発売のレデューサーと組み合わせれば、200mm/F3.6まで明るくなります。しかも、「ミニボーグ鏡筒DX-SD」に「M57ヘリコイドLIII」を組み合わせて、わずか750gしかないのです。とても軽いです。もうポータブル赤道儀にうってつけの仕様ですね。レデューサーが出来上がるのが今から楽しみです。

上の写真は、SWAT-200に近日発売予定の「シンプルフォークDX」を取り付け、アルカスイス規格の200mmレールで搭載してみました。なんとも萌える外観です。これでほぼバランスも取れてますし、北極星付近以外は向けられます。レールは余裕タップリの200mmなので、豊富なアルカスイス規格のパーツを上手に組み合わせれば、ファインダーやオートガイダーなども搭載可能です。レデューサーが届いたら、早速試写に行きたいと思っています。

ボーグの中川さんが、ご自宅でSWAT-200と71FLでお気軽撮影に挑んだようです。こちらをご覧ください。
 

Fl553

大きさ比較。90FLはフードを縮めた状態です。こう比べてみても55FLのコンパクトさが際だちますね。200mm/F4の望遠レンズを少し長くした程度です。
 

Pesample_2

話は変わりますが、上の写真は調整中のSWAT-350で、ピリオディックモーション(PE)を12分間、撮影したときの写真です。左は伝達ギアの遊びをゼロにして測定したもので、実際には±10″ほどの精度です。ノコギリの歯のようにギザギザしてますね。これでは、短時間でPEの影響をモロに受けますので、 焦点距離200mm以上では星を点像の写すのが難しくなります。右は同じ個体で伝達ギアに遊びをつけた時のPEです。もちろん同じギアです。測定値は±7″ですが、深い谷の部分を除けば±5″以内に入ってます。長焦点撮影ともなれば極軸の設置精度も影響するので簡単ではないですが、これくらいの追尾精度があれば、焦点距離500mm近くで数分間ノータッチ撮影しても、それなりの成功率が得られると思います。

ギアの遊びひとつでこれだけ追尾精度が変わるというのが赤道儀を作る上での難しいところです。SWATシリーズでは追尾精度を追求していますので、ウォームまわりや伝達ギアの遊び(バックラッシュ)は若干多めに設定しています。クランプしてもターンーブルが、わずかにカタカタ動くこともありますが、問題なくご使用いただけます。なお、ドイツ式赤緯ユニットなどを使用して、バランス調整ができる場合、SWAT-200は西側、SWAT-300/350は東側をわずかに重めにバランス調整していただけると、軸受けの高精度メタルベアリングの性能をフルに発揮できますのでお試しください。

http://www.unitec.jp.net/