天体写真

2019年1月28日 (月)

クリスマスツリー星団付近。

Photo

●クリスマスツリー星団付近
2018年2月11日18時56分~/2019年1月3日19時47分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08×+ HEUIB-IIフィルター 合成焦点距離 648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 3分露出×89枚 高輝度部分に短時間露出をHDR合成 Photoshopで画像処理 SWAT-350+M-GENによる1軸オートガイド 撮影地 千葉県大多喜町
 
1月3日の房総初遠征のメイン機材はボーグ107FLでした。最初に撮影したのが、このクリスマスツリー星団付近。昨年2月11日と同じ構図で撮り増して、さらに画質アップを狙いました。昨年の画像はこちら。ところが撮影を始めてまもなく風が強まりだし、一時は突風混じりの残念な状況になりました。なんといってもポータブル赤道儀の弱点は風です。650mmもの長焦点のガイドはそよ風程度までしか許容してくれません。結果、歩留まりが大幅低下で、撮影した63枚中、半分近い28枚がボツ画像となりました。それでもなんとか35枚を確保して、昨年の画像に加算して仕上げてみました。下辺にハッブルの変光星雲(NGC2261)もかわいらしく写っています。
 Photo_2

風の影響の比較。左は無風時、右は突風にあおられ続けたとき。普段、風が強い日は長焦点撮影はしないのですが、GPVで確認すると短時間で収まる予報だったので、そのまま放置して撮影を続けました。予報通り、風は2時間ほどでほぼ収まり、それ以降は順調に撮影出来ました。
 
https://www.unitec.jp.net/ 

2019年1月26日 (土)

ぎょしゃ座からいっかくじゅう座にかけての星雲星団。

Photo

●ぎょしゃ座からいっかくじゅう座にかけての星雲星団
2019年1月3日19時59分~ シグマ 105mm F1.4 Art 絞りF2.5 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 2分露出×45~67枚コンポジット 高輝度部に短時間露光をHDR合成 3パネルモザイク合成 SWAT-310によるノータッチ追尾 撮影地千葉県大多喜町
 
ここ最近のブログ3回にわたって掲載してきたシグマ105mm F1.4 Artレンズの作例は、それぞれわずかに重なっていて、モザイク合成することが出来ました。ぎょしゃ座からいっかくじゅう座にかけての冬の天の川に点在する大小散光星雲の連なりがよくわかると思います。こう見ると、クリスマスツリー星団付近に広がる赤い散光星雲はかなり巨大ですね。バラ星雲や勾玉星雲も大きいです。逆にモンキー星雲は有名な割には意外と小っちゃいです。撮影時の構図など、参考にしていだければ幸いです。
 
https://www.unitec.jp.net/

2019年1月24日 (木)

シグマ105mm F1.4 Artによるバラ星雲付近。

Photo

Photo_2

●バラ星雲付近
2019年1月4日0時11分~ シグマ 105mm F1.4 Art 絞りF2.5 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 2分露出×67枚コンポジット 高輝度部に短時間露光をHDR合成 SWAT-310によるノータッチ追尾 撮影地千葉県大多喜町
 
ぎょしゃ座の星雲星団」「ふたごの足もと」に続いて撮影したのは、バラ星雲周辺です。105mmフルサイズの画角はバラ星雲からクリスマスツリー星団にかけて大きく広がる散光星雲と南に点在する星雲を一網打尽にできます。天の川の微光星が全面を埋め尽くし、青いカタツムリ星雲が彩りを添えて、とても美しいエリアであることがわかります。
3日夜の撮影ですが、この日は気温が氷点下5℃まで下がって、厳しい寒さでした。そんな中で撮影したデータが、こうして美しい画像に仕上がると、頑張って撮った甲斐があったと思えます。
 
https://www.unitec.jp.net/

2019年1月22日 (火)

シグマ105mm F1.4 Artによるふたごの足もと。

Photo

Photo_2

●ふたごの足もと
2019年1月3日21時51分~ シグマ 105mm F1.4 Art 絞りF2.5 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 2分露出×47枚コンポジット 高輝度部に短時間露光をHDR合成 SWAT-310によるノータッチ追尾 撮影地千葉県大多喜町
 
前回ブログ「ぎょしゃ座の星雲星団」を撮った後は、ふたごの足もとにある星雲星団を狙いました。このエリアも魅力ある天体が盛りだくさんです。明るい散開星団M35をはじめ、くらげ星雲やモンキー星雲など代表的なHα星雲が 並んでいます。105mmの画角は天の川の人気エリアをちょっと広めに切り出すのにちょうどいい感じですね。このあとバラ星雲付近を撮りましたので、それは次回に。
 
https://www.unitec.jp.net/

2019年1月20日 (日)

シグマ105mm F1.4 Artによるぎょしゃ座の星雲星団。

2

2_2

●ぎょしゃ座の星雲星団
2019年1月3日19時59分~ シグマ 105mm F1.4 Art 絞りF2.5 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 2分露出×45枚コンポジット 高輝度部に短時間露光をHDR合成 SWAT-310によるノータッチ追尾 撮影地千葉県大多喜町
 
年明け3日、主砲ボーグ107FL+SWAT-350オートガイドと平行して、SWAT-310+シグマ105mm Artでノータッチ撮影しました。まずはちょうどいい高度に達していたぎょしゃ座を狙いました。天の川の中とあって、背景に微光星が賑やかですが、浮き上がるように赤い散光星雲と明るい散開星団が集まっていて、とても美しいエリアです。天の川の入り組んだ暗黒帯も見逃せません。シグマ 105mm Artでの初作品となりました。このレンズ、最新設計だけあって、とても明るくシャープで、天体用におすすめできるレンズです。
 
https://www.unitec.jp.net/

2019年1月16日 (水)

月齢8.3、上弦の月。

Photo_2

■撮影データ
2019年1月14日17時42分~ ボーグ 107FL+ボーグ1.4×テレコン+ケンコー3×テレプラス (合成焦点距離/2520mm F23.6) キヤノン EOS 6D ISO1600 1/100秒×20枚コンポジット RegiStax6 Photoshopで画像処理 SWAT-350にて自動追尾 撮影地 東京都目黒
 
冬型の気圧配置が崩れて高気圧に覆われた14日。久しぶりに月面を撮影しました。冬場は最悪のシーイングなことが多く、星野撮影でも焦点距離が長いと星像が膨らむくらいで、月や惑星の拡大撮影には厳しい季節です。でも、時々気圧配置が崩れて、好シーイングに恵まれることもあります。この日もそんな感じで、揺らめきの中で、時々ピシーッと静止する瞬間があり、拡大撮影もいけそう判断して撮影しました。歩留まりを上げるために普段より感度を上げて、シャッター速度も速めました。真冬のこの時期としては、よく写ったと思います。
 Photo_3

気象庁ホームページより転載、14日午後6時の天気図。
 
https://www.unitec.jp.net/

2019年1月 8日 (火)

ボーグ107FLによるバラ星雲。

2

●バラ星雲
2019年1月3日23時52分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08×+ HEUIB-IIフィルター 合成焦点距離 648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 3分露出×70枚コンポジット 高輝度部に短時間露光をHDR合成 SWAT-350+M-GENによる一軸オートガイド 撮影地千葉県大多喜町
 
新年最初の撮影はお正月気分も抜けない1月3日でした。ほんとは週末の5日に出かけようと思っていたのですが、天気予報がイマイチで、急遽3日に変更となりました。この日は作例ページでおなじみの上村さん、蒼月さん、そして古くからの友人の泉川さんも加わり、総勢4名のSWAT部隊が出撃。遠征地のダム湖には、SWAT-200から350まで歴代のSWATがずらりと6台も並んで大賑わいとなりました。同じことを思ったのか、他にも多くの天文ファンが訪れ、て、普段の倍くらいのクルマが整列して壮観でした。たまたまお隣にいらして知り合ったMさんが、なんとフジノン40×150ED双眼鏡を持ち出して観望されてまして、私たちもそのご相伴にあずかり、あれやこれやと大いに楽しませてもらいました。「こりゃ新年早々縁起がいいぞ」と思いました。(笑) Mさん、どうもありがとうございました。

さて、画像はバラ星雲です。さすがに650mmでのバラ星雲はデカいですね。新年の幕開けにふさわしい見栄えのする対象を選びました。ここ数年、年間を通すとあまり天気に恵まれてない感じです。今年は新月期の晴れが増えて欲しいですね。
 
https://www.unitec.jp.net/

2018年12月31日 (月)

やっぱり今年の締めもオリオン大星雲!

M42

M42_2

●M42オリオン大星雲
2018年12月15日23時06分~/2017年12月22日21時31分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08×+ HEUIB-IIフィルター 合成焦点距離 648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) 3分露出×81枚コンポジット+ISO1600 3分露出×86枚(昨年撮影分)を25%で加算 高輝度部に短時間露光をHDR合成 SWAT-310/350+M-GENによるオートガイド 撮影地千葉県大多喜町/山梨県上野原町 ※下は拡大トリミング
 
今年も最後のブログは「M42オリオン大星雲」です。昨年も一昨年もこのオリオン大星雲が締めのブログでした。その時の画像はこちら(昨年)とこちら(一昨年)をご覧ください。
15日の夜は半月でしたが、今年最後のチャンスと思い、房総まで遠征しました。月没が23時半。まだ沈む前の23時6分から撮影を始めました。西に大きく傾く3時半まで、約4時間分の露出を得ることができました。この日は撮り始めてから気温がほとんど変化せず、ときどきチェックしましたが、結局最後までピントはそのままでした。これだけ長時間では珍しいことです。終始無風快晴でシーイングもまずまずだっようで、星像もシャープでした。昨年、上野原で撮影した画像(258分)も加算してあります。トータル501分ですが、昨年のはシーイング(あるいはピント)が悪かったのか今回に比べて星像がやや甘く、光害の影響も大きいので25%で加算しました。

今年も一年、SWATブログをご覧いただきまして、ありがとうございました。来年は新製品も控えていますので、もうちょっと頑張らないとと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。
 
https://www.unitec.jp.net/

2018年12月27日 (木)

ボーグ107FLによるかもめ星雲。

Photo_2

●IC2177かもめ星雲
2018年12月16日3時58分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08×+ HEUIB-IIフィルター 合成焦点距離 648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 3分露出×27枚コンポジット(ハイライト部分に短時間露光をHDR合成) Photoshopで画像処理 SWAT-350+M-GENによる1軸オートガイド 撮影地 千葉県大多喜町

15日の房総遠征にて、シグマ300mm望遠での「かもめ星雲付近」撮影と平行して、主砲のボーグ107FLでもかもめ星雲を拡大して狙いました。低空な上に、薄明開始まで1時間ちょっとしかなく、ダメ元で薄明開始後まで粘ってみました。結果、無理に暗部を持ち上げるような処理をしなければ、なんとか見られる画像になりそうな感じ。サッと仕上げてみました。この対象も高度のあるうちにじっくり露出を稼ぎたいですね。そうすれば周辺の淡いHα域がもっと浮き出てくると思います。
いよいよ今年も残すところわずかとなって参りました。ブログもあと一回更新できそうです。どうぞお楽しみに。
 Photo_3
撮って出し元画像も掲載します。
 
https://www.unitec.jp.net/

2018年12月24日 (月)

シグマ APO 300mm F2.8によるかもめ星雲付近。

S

S_2

●IC2177かもめ星雲付近
2018年12月16日3時37分~ シグマ APO 300mm F2.8 DG HSM 絞り開放 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 2分露出×32枚コンポジット+短時間露光をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-310によるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
15日の房総遠征では、新製品の開発テストも兼ねてSWAT-310を2台持って行きました。ノータッチ追尾のサブ機の方は、始めにシグマ105mmマクロで46Pウィルタネン彗星、続いて40mm Artでオリオン座付近を撮影し、そして最後にシグマの300mm F2.8でこのかもめ星雲付近を撮りました。対象はすでに南西の空、地平高度30度に傾いており、ちょっと欲をかきすぎた撮影です。薄明開始まで1時間半ありますが、その時には地平高度15度で光害の影響も大きくなり、質の良い元画像は得られないですから、せいぜい1時間くらいの露出時間しかとれません。おまけと思って撮影しました。そんなことで、あまり強烈に炙るとすぐに破綻するので、控えめに仕上げてみました。フルサイズ300mmの画角だとトールの兜星雲も構図に取り込めます。左下に青緑の星雲が華を添えてくれました。いずれ撮り増しして、画質高めたいと思います。
 Photo

撮って出し元画像です。
 
https://www.unitec.jp.net/

より以前の記事一覧