« 彼岸花星雲と出目金星雲付近。 | トップページ | さそり座。 »

2017年4月28日 (金)

光害地で撮るM83銀河。

愛知県春日井市のHUQ様から、光害地で撮るシリーズの「M83銀河」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 M83
Drizzle_integrationflatten4k_dc

●M83銀河
2017年4月19日~25日 タカハシ FS-60Q(f=600mm F10.0) + IDAS LPS-D1フィルター ニコン Df(クリアフィルター改造) ISO800 露出3分×1枚+4分×34枚+5分×153枚+8分×22枚 合計210枚中190枚をPixInsight の StarAlinement にて自動セレクトしてコンポジット SWAT-200+ SS-one mini MaxImDLにて2軸ガイド ガイダー:f=100mm F2.8 + LPS-D1(FF) + ASI185MC 撮影地 愛知県春日井市 下は拡大トリミング
 
■コメント
M83 は、NGC番号を含めた銀河の中でも、私が好きな銀河の中で5本の指に入ります。視直径も満月の40%程度と大きく、大口径ドブゾニアンを使えば腕もハッキリ見ることができます。しかし南緯-30°付近にあるため、当地では南中高度が25°程度しかありません。住宅地で南中高度が25°というのは、地上光の散乱が目立つ領域から出ることがない、ということを意味します。
色々実験してみたところ、自宅からでは透明度が良い日で、F10 ISO800 で露出5分が限界、ということが判りました。これ以上露出を掛けると、写野中央部に置いたM83付近全体が白飛びするようです。これは星野撮影でよく使われる F4 ISO1600 に換算すると、露出48秒に相当します。
そこで、複数日に渡って撮影を続け、コンポジット枚数を増やす作戦としました。ISO800 と少し感度を落とし気味にすることで1コマあたりのグラデーションの滑らかさを確保し、1コマあたりの露出はヒストグラムのピークが3/4あたり(+1ev前後)になるよう露出時間を調整し、日を分けて大量に撮ってコンポジットしたのです。
宵の口や、透明度が悪い日は露出4分、透明度の良い日は深夜過ぎから露出8分、というように露出時間コントロールしました。露出時間のスケジューリングや、1コマ毎のディザリングは、最初数枚撮った後、MaxImDL のオートスケジュールを使って制御しました。
毎日、晴れていればベランダにポタ赤を出し、(マンションベランダなので北極星が見えないため)PHD2 のドリフトアライメントを使って極軸を微調整。ユニテックさんにワンオフ作成していただいたCマウントレンズ用テーパーアダプター&キャッチャーを介して、ガイダーZWOASI185MC に f=16mm F1.8 のCマウントレンズを付け、SharpCap2 を使ってカラー画面でターゲットを導入。その後 f=100mm F2.8 のCマウントレンズに付け替えて「いつもの位置」付近にガイド星があることを確認し、MaxImDL でオートガイドを開始。
それが済んだらゆっくり風呂に入って Web 徘徊、と。ガイドはポタ赤にくっつけた Windows StickPC 上で行い、5GHz帯の wifi 経由で Windows リモートデスクトップ を使って StickPC の画面を監視します。リビングで、Web や メールを眺めながらついでに問題(主に雲が来た、とかですが…)が無いか確認するのです。
一番注意せねばならないのは、ネットを徘徊し過ぎて翌朝寝坊しないこと。…妻より早く起きてベランダの一式を撤去し洗濯物干しに備えておかないと、朝からご機嫌斜めにさせてしまいますから…。と、まぁそんなお気楽撮影です。自宅撮りならではの気楽さです。
とりあえず4月19日~25日までの5日間で撮り溜めた画像を処理しました。今宵からまた晴れそうですが、引き続き梅雨入りするまで撮り増ししようと思っています。
 
■係より
絶望的な光害地で5日間に渡る長時間撮影を敢行。HUQさんの命を削った力作です。(笑) 低空のM83がここまで写るとは、なんとも言いようがありません。ほのかに青みがかった淡い腕を炙り出し、点在するHα領域まで見事に写し出しています。しかも口径わずかに6cmです。仕上げも素晴らしく、深宇宙の魅力が伝わります。光害地の自宅ベランダから口径6cm+ポタ赤でこの作品ですから、なんとも凄い時代になったものですね。ホントにびっくりしました。この周辺には小さい銀河が点在してます。下に係が作った名称入りの反転画像を掲載します。明日からしばらく晴れそうなので、さらに撮り増しできそうですね。ぜひまたお送りください。お待ちしております。
 M83_2

15.5等級の銀河まで写っています。

« 彼岸花星雲と出目金星雲付近。 | トップページ | さそり座。 »

作例写真」カテゴリの記事