« GWの2彗星。 | トップページ | 三裂星雲と干潟星雲。 »

2017年5月 6日 (土)

月齢8.9。

東京都八王子市の上村裕様より、「月齢8.9」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 

Top●月齢8.9
2017年5月5日22時35分~ ボーグ107FL+フラットナー1.08×+キヤノンEF2×IIIエクステンダー+ケンコーデジタルテレプラス PRO300 2×合成焦点距離2592mm F24.2 キヤノン EOS 5D MarkIV ISO800 1/80秒露出 188枚から品質上位50%をAutoStakkert!3でスタック Photoshopで画像処理 SWAT-350ノータッチ追尾 撮影地 東京都八王子市 ※下の画像はピクセル等倍の切り出しです。
 Clavius●クラビウス付近
 Ptolemaeus●プトレマイオス付近
  Copernicus●コペルニクス付近
 
■コメント
昨晩、ベランダから見ると天気は良好で、星は瞬いてなかったので月面撮影をやってみました。とは言ったものの、手元にはカメラレンズ用のエクステンダーしかないので少し強引です。使用したキヤノン純正のEF2xは、マスターレンズがない状態だとシャッターが切れないので、電子接点をマスキングテープで絶縁して使用しました。2500mm相当の焦点距離で見る月面はなかなかの見応えで、ライブビューではチラチラと揺れるものの、時折シャープなクレーター像を見せてくれます。撮影条件は手探りでしたが、ISO800、1/80秒で撮影しました。後処理は、AutoStakkert!3で品質上位50%をスタックしPhotoshopで仕上げています。スタック枚数がよく分からないのですが、どこかに表示されているのでしょうか? もう少し使ってみようと思います。Mac上のParallels DesktopでWindowsを使っているのですが、メモリの設定上限の制約で、カラー画像を使用するとあっという間にメモリが不足します。色が犠牲になりますが、8bitグレースケールに変換したものを使用して回避しました。処理が終わった画像を見ると、予想以上に詳細な構造が出てきました。昨夜のシーイングがどの程度かわかりませんが、初撮影にしては満足しています。合わせて、ピクセル等倍切り出しもいくつかお送りします。コペルニクス付近のコンポジット直後と最終画像を見比べると、甘い画像の中にも驚くほどのディティールが隠れていることがわかりました。
 
■係より
ユーザーさんの投稿ページでは、非常に珍しい月面の作品です。初めての撮影とのことですが、素晴らしい出来栄えです。完璧なピント合わせで、シャッターブレもなく、画像処理もお見事です。エクステンダーを二段重ねしてますが、それでもここまで切れ味がよいのは、ボーグ107FLの素性の良さのなせる技でしょうか。また、ピクセル等倍切り出しが、極めてシャープなのも特筆ものです。発売されてまもないEOS 5D MarkIVは、約3,000万画素と高精細な上、最新の画像処理エンジンを積んでいるので、短時間露出ですむ月のような明るい対象には威力を発揮してくれるようですね。昨日のシーイングはかなり上等でした。撮影した枚数の半分も使えるのはまれで、通常は10%以下です。 これからもぜひ月面写真を楽しんでください。よい写真が撮れたら、またお送りください。お待ちしております。

« GWの2彗星。 | トップページ | 三裂星雲と干潟星雲。 »

作例写真」カテゴリの記事