« しし座のトリオ銀河とM13。 | トップページ | アンタレス周辺とさそりの尾部。 »

2017年5月30日 (火)

IC4592青い馬星雲。

東京都八王子市の上村裕様より、「IC4592青い馬星雲」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 Ic4592
Ic45922

●IC4592青い馬星雲
2017年5月28日0時4分~ ボーグ107FL+フラットナー1.08×合成焦点距離648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 300秒露出×13枚コンポジット SWAT-350+M-GENによる1軸オートガイド Photoshopで画像処理 撮影地 長野県諏訪郡 下の画像は下が北です
 
■コメント
梅雨入り前の新月期でしたが、週末すっきり晴れることはなかなか難しいですね。土曜日の晩は怪しい雲行きでしたが、梅雨明けまでしばらく撮れなくなるので遠征しました。GPVでは、長野方面だけ晴れ間が期待できそうなので、よく行く富士見高原に向かいました。梅雨入り前の新月期、みなさん考えることは同じようで(笑)、10名以上の方がお越しでした。
今回撮影したのは、この夏撮りたい対象の一つ、青い馬星雲(IC4592)です。4枚モザイクで狙うつもりだったのですが、夜半まで雲に覆われていたので急遽1コマ撮りに変更しました。窮屈な構図で、枚数も13枚しか稼げなかったのですが、なんとか仕上げることができました。北を上にすると馬に見えないので、北を下にした画像(下)もご覧ください。次回以降、枚数を稼いで分子雲の構造を炙り出そうと思います。
107FLとSWAT-350の組み合わせを使い出してしばらく経ちましたが特に問題なく運用できています。撮影機材もコンパクトなため、設置と撤収が楽でいいです。(笑)
 
■係より
梅雨入り前、最後の新月期の週末とあって、各地で賑わいを見せたようですね。さて、今回はさそり座の北部に広がる「青い馬星雲」をお送りいただきました。位置の詳細は下の画像をご覧ください。ボーグ107FL+フラットナーで、焦点距離648mm/F6.1と、超望遠撮影となりますので、M-GENでしっかりオートガイドさせて、5分間にも及ぶ露出でもきっちり点像を保っています。さすがに大迫力の「青い馬」になりました。ほぼノートリミングなので、ノイズも目立たず、充分に滑らかな画質になっています。ピント合わせも正確で、仕上げも美しく、見事な作品になりました。ご投稿ありがとうございました。ぜひまたお送りください。
 Photo昔はさそり座がこんなにカラフルで華やかな星座だとは思ってもいませんでした。デジタル時代になって、Hαや淡い分子雲が写せるようになったおかげですね。

« しし座のトリオ銀河とM13。 | トップページ | アンタレス周辺とさそりの尾部。 »

作例写真」カテゴリの記事