« 光害地で撮るM83銀河-2017年春総決算。 | トップページ | 宮古島の天の川。 »

2017年6月24日 (土)

バンビの横顔。

東京都八王子市の上村裕様より、「バンビの横顔」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 Photo
Photo_2

●バンビの横顔
2017年6月19日21時31分~ ボーグ107FL+フラットナー1.08× 合成焦点距離 648mm F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO1600 300秒露出×19枚コンポジット SWAT-350 M-GEN 1軸オートガイド Photoshopで画像処理 長野県諏訪郡 ※下は拡大トリミング
 
■コメント
いよいよ梅雨本番になってきましたね。19日は夜半過ぎまで晴れそうでしたので撮影に出かけました。超望遠でバンビの横顔を撮影してきましたのでお送りします。650mmで狙うには窮屈な対象なのですが、そのぶん構成する星を分解して撮影できました。ですが光害の影響がなくなる高度になった途端、突風が吹き始めてその後の歩留まりはイマイチでした。画面を構成する要素のほとんどが星だと、わずかなブレも気になります。結局使えたのは半分くらいでしょうか。107FL+フラットナーはフルサイズ最周辺でも収差が少なく光量も豊富です。SWAT-350+M-GENが5分露出でも正確に追尾してくれるので、画面全域で目が覚めるようなシャープな星像が得られます。今回のように、星が密集した領域のクローズアップ撮影には好適でした。
 
■係より
関東地方では19日が梅雨本番前の最後のチャンス?の晴れ間でした。平日でしたが、長野まで遠征しての撮影ということで、気合いの入った作品になっています。対象は「バンビの横顔」。といっても、ボーグ107FL+フラットナーで焦点距離650mmの望遠なので、ご覧の通りの大迫力の「横顔」になりました。天の川の中心に近いため、ものすごい数の星で構成されていて、まさに星屑という表現がピッタリな感じですね。その星屑の微妙な色の違いや暗黒帯の分布、Hαっぽい赤い部分もあって、こんなに華やかなエリアだったとは思っていませんでした。下に105mmで撮影した画像に今回のエリアを切り出してみましたので参考にしてください。ご投稿ありがとうございました。ぜひまたお送りください。
 Photo_4

« 光害地で撮るM83銀河-2017年春総決算。 | トップページ | 宮古島の天の川。 »

作例写真」カテゴリの記事