« 月齢12.4。 | トップページ | 2017アメリカ皆既日食。 »

2017年9月10日 (日)

ボーグ55FLによるカリフォルニア星雲。

東京都八王子市の上村裕様より、ボーグ55FL+SWAT-350による「カリフォルニア星雲」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 California_s

●カリフォルニア星雲
2017年9月3日1時47分~ ボーグ 55FL+レデューサー0.8× 合成焦点距離 200mm F3.6 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO800 300秒露出×17枚コンポジット PixInsightで画像処理 SWAT-350 M-GEN 1軸オートガイド 撮影地 千葉県大多喜町
 _mg_2131

●月齢12の影響
 
■コメント
届いたばかりのボーグ 55FL+レデューサーのファーストライトで撮影した、カリフォルニア星雲をお送りします。この日は、薄明開始2時間前までは月齢12くらいの大きな月が出ているので、撮影は1対象に絞り、低感度で撮影しました。左上が他の四隅より流れていますが、スケアリングの狂いでしょうか。それでも、ほぼ周辺まで星像の歪みは気になりません。200mm F3.6の恩恵は大きく、低感度をとるか、撮影時間短縮をとるか、選択肢が増えますね。
おまけですが、月の影響を見てみました。中央部分を短冊にして並べたものです。5分毎のカットで、左から4コマ目(赤丸)が月の入り(1時55分)、右端はほぼ天頂です。月の入り後、10分程度はまだ少し明るいようです。以降は、光害の影響でしばらく明るいですが、天頂に向かうにつれて徐々に軽減されます。
 
■係より
上村さんも55FLを購入されたのですね。このレンズ、シャープでとても明るく、なかなかの性能です。早速、ファーストライトでカリフォルニア星雲を撮影されました。ノイズの少ないISO800でたっぷりめの5分露出として、17枚もコンポジットしていますので、星雲から周囲の分子雲まで滑からな階調が得られました。これだけ見応えのある作品に仕上げるのは機材の性能と画像処理を含めた撮影技術の確かさがあってのことですね。さすがです。おまけでお送りいただいた月光の影響も参考になります。当日のカリフォルニア星雲は月から100°以上離れていましたが、月齢12くらいの大きな月だと月没後もしばらくは月の薄明?の影響が残るということですね。いつもご投稿いただき、ありがとうございます。また、よろしくお願いします。
 _t0a4033

撮影風景

« 月齢12.4。 | トップページ | 2017アメリカ皆既日食。 »

作例写真」カテゴリの記事