« ケフェウス座の天の川とオリオン座中心部。 | トップページ | NGC253とM45プレアデス星団。 »

2017年11月16日 (木)

M33銀河。

大分県佐伯市にお住まいの志賀本昌様より、さんかく座のM33銀河をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 M33

●M33銀河
2017年10月26日19時30分頃~ シグマ 150-600mm F5-F6.3 600mm 絞りF6.3開放 キヤノン EOS KissX 7i(IR改造) ISO3200 露出150秒×34枚コンポジット SWAT-350+M-GENによる一軸オートガイド RStacker、ステライメージで画像処理 撮影地 大分県佐伯市
 
■コメント
先月26日、さんかく座のM33を撮影しました。上弦の月が出ていたのですが、 幸い透明度がいいので大丈夫だろうと思い撮影してみたものです。私は自分の生活スタイルが夜は10時にベッドに入るので、いつも撮影はこの太陽が沈んだ1時間後からで仕方なかったのです。最近、たくちゃんが天体写真の色はステライメージを使うと全体に白っぽくなり、色情報が消えるからRStackerを使うといいと勧められました。たくちゃんのペンタックスのカメラではDNGファイルにコンバートして処理するのですが、私は多分EOSのCR2はそのまま使えると思うので、再実験して処理してみたのでお送りします。
その時撮影したダークファイルもフラット補正画像も元データはステライメージで作ったfts画像があるからと捨てたのです。元画像がパソコンに無いので、昨夜新たに6枚のダーク画像を撮影、今朝6時にフラット画像も撮影し、RStackerで減算しました。使い方は探してみたけど見つからないので、自己流で違うかもと思いますが、今日の自分のブログ「凧と空中散歩」
http://takosyasin.blog.fc2.com/blog-entry-2537.html
に自分のやり方を記述してみました。間違いがあれば上のブログにコメントいただけると幸いです。
 
■係より
先日のアンドロメダ大銀河に続いて、お隣の大型銀河M33をお送りいただきました。これだけ大迫力のM33をポータブル赤道儀のSWAT-350で撮影されているのにも驚きですが、上弦の月が出ている中で、これだけ淡い部分まで写るのには本当にびっくりです。コメントにもありますが、かなり透明度が良かったのだと思います。ご投稿ありがとうございました。ぜひまたお送りください。

« ケフェウス座の天の川とオリオン座中心部。 | トップページ | NGC253とM45プレアデス星団。 »

作例写真」カテゴリの記事