« ふたご座流星群とオリオン座下部。 | トップページ | クラゲ星雲、モンキー星雲周辺。 »

2017年12月28日 (木)

シグマ135mm Artによるヒアデス星団周辺。

横浜市にお住まいの蒼月様より、シグマ 135mm F1.8 Artによる「ヒアデス星団周辺」をお送りいただきましたのでご紹介します。追尾はSWAT-200です。
 Hyades_sigma135art_6d_swat2002

●ヒアデス星団周辺
2017年12月22日19時28分~21時40分 シグマ 135mm F1.8 DG HSM Art 絞りF2.2 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 210秒露出×29枚、星のみF2.8 45秒露出×15枚コンポジットで置き換え SWAT-200(PHD2で一軸オートガイド) PixInsightで画像処理 撮影地 朝霧アリーナ駐車場
 
■コメント
2017年最後の新月期、朝霧に遠征してきました。移動途中、富士山が凄く霞んでいたので空の透明度を心配しましたが、夜が更けるにつれてコンディションが改善してくれました。今回は、前回の投稿と同じく SIGMA 135mm Art でのヒアデス星団周辺ですが、今回は構図を変えて、すぐ北の濃い分子雲と一緒に写しました。この時期、早い時間帯に空高く昇るので撮影しやすい対象です。いつも見上げているお馴染みの領域に、肉眼では見えない分子雲がこれほど存在しているというのは、ちょっとした驚きですよね。それにしても、明るい光学系は短時間でぱっぱと写せるので、やっぱり楽ですね。ポタ赤にカメラレンズというお手軽装備でこれだけの写真が撮れるようになった、というのもまたちょっとした驚きです。なお、今回の画像も高解像度版を flickr に置いてありますので、こちらもご覧いただけると幸いです。
https://flic.kr/p/22Wz1ki
 
■係より
22日は今年最後のチャンスだったようで、私も上野原で撮影してました。そこも同じで、霞がかっていていつもならクッキリ見える遠くの山の稜線が、霞んで見えない状態でした。だんだん透明度が上がって夜半前くらいにはかなり良好な状態になりました。前回はヒアデス星団を中心に横構図でしたが、今回はヒアデス星団の北の分子雲を狙って、縦構図で撮っています。135mmでバランスよく撮れてますね。いつもながらの見事な画像処理で、分子雲の濃淡まで表現されていて、さらに白飛びを抑えた恒星像も彩度が効いて申し分ない美しい仕上がりです。このクォリティですばるやカリフォルニア星雲までモザイクで取り込みたいですね。今年は多くの作品をお送りいただき、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

« ふたご座流星群とオリオン座下部。 | トップページ | クラゲ星雲、モンキー星雲周辺。 »

作例写真」カテゴリの記事