« 冬の散光星雲。 | トップページ | 85mmレンズで撮るバラ星雲付近。 »

2018年2月17日 (土)

バラ星雲。

大分県佐伯市にお住まいの志賀本昌様より、「バラ星雲」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 R

●バラ星雲
2018年2月13日19時15分~ シグマ 150-600mm F5-6.3 絞りF7.1 キヤノン EOS X7i(IR改造) ISO3200 露出180秒×19枚コンポジット SWAT-350+M-GENによるノータッチ追尾 撮影地 大分県佐伯市
 
■コメント
本日の作例写真は「バラ星雲」です。画面いっぱいに迫力あるバラ星雲を撮影しました。撮影日は2月13日、それまで強風続きでした。カメラはASP-CのEOS X7iです。今回、ユニテックの新しい回転ユニットを購入し、その最初の撮影実験です。7時15分から32枚撮影しようと設定し始めたのですが、途中で撮影画像を確認したら何故か星が流れて たぶん極軸がこれまでの強い風の震動で動いたのだと思います。ポールマスターで真北を再調整し、撮影を再開したのが8時20分。ところが、再び流れるカットが出てしまい、使えそうな19枚をコンポジットしました。重りをより東に移動させていたのですが、子午線越えあたりから、オートガイドが失敗していていたようです。
足腰が悪く、いつも星図をしゃがみこんで見て、立ち上がるのが非常に困難でした。そこで 昨日急遽作りあげたのが星図書見台です。これは35年前自分で購入したタカハシのシャフト軸用雲台をまだ捨てずに持っていたから、これを利用した次第です。回転ユニットの目盛りで導入するのにまだ慣れていないので、星図とファインダーを見比べるという原始的な方法ですが、もう頭も老化して、あれどのくらいの角度だったかなと、また星図を見るのに近くに星図がある方が便利だと思って作ってみました。カメラを置く架台も合板作りですが 縦横にバランス調整できるよう工夫しています。まだ試してませんが 是非ブログをご笑覧ください。ブログアドレスは↓です。
http://takosyasin.blog.fc2.com/blog-entry-2591.html
 
■係より
いつもご投稿、ありがとうございます。今回は画面いっぱいの大輪のバラですね。志賀さんもすっかり画像処理をマスターされて、美しい作品を連発ですね。600mmのガイドも完璧です。といっても子午線越えあたりでご苦労されたようです。バランスが変わってきて、バックラッシュの中でふらつくのが失敗する原因のひとつですが、撮影前にその角度まで鏡筒を回して、バランスを確認すると失敗の確率が下がります。また、M-GENの表示をガイドグラフにしておくと、ガイドが暴れたしたときにすぐに確認できて便利です。SWAT-350は目盛環があるので、導入はそれを使うと便利です。ただし、SWAT-350は一般的な指標と一緒に回らない目盛環でなので、目盛りを基準星に合わせてすぐは赤経恒星時目盛環として使えますが、時間とともズレてしまいます。その都度合わせ直すのも面倒なので、基準星からの差分を求めて使うことになります。たとえばバラ星雲を導入するなら、ベテルギウスを視野に導入して基準星とし、赤経を東に40m、赤緯は南に2.5°動かせば導入できます。あらかじめ差分を計算ししておくことで、撮影対象を簡単に導入できます。私はずっとこの方法なので、ファインダーはなくてもまったく問題ありません。ぜひ目盛環を使いこなしてください。ちなみに、近日発売予定のSWAT-310は赤経目盛環が指標と一緒に回る「赤経恒星時目盛環」なので、最初の基準星で目盛りを合わせさえすれば、以後、天体の座標にレンズを向けるだけで、簡単に導入できます。差分を計算する必要はありません。

« 冬の散光星雲。 | トップページ | 85mmレンズで撮るバラ星雲付近。 »

作例写真」カテゴリの記事