« オリオン座モザイク合成。 | トップページ | 夏の天の川。 »

2018年3月31日 (土)

月齢7.6。

東京都八王子市の上村裕様より、ボーグ107FLによる「月齢7.6」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 Moon76

 

Moon76_1

 

Moon76_2

 

●月齢7.6
2018年3月25日20時9分~ ボーグ 107FL+フラットナー 1.08×+キヤノン EF 2x III+ケンコー 2×テレプラス 合成焦点距離 2592mm/F24.2 ソニー α7RIII ISO400 1/50露出 品質上位30枚(349枚中)をAutoStakkert!3で合成 Photoshopで画像処理 SWAT-350ノータッチ追尾 撮影地 東京都八王子市 ※南部と北部は拡大トリミング
 
■コメント
最近は好天が続いていますが、月は太るばかり(笑)、次の新月期までこの調子が続けばいいですね。先週末から良好なシーイングに恵まれており、久しぶりに月面を撮影しました。光学系は普段撮影に使っているボーグ107FLですが、カメラをSony α7RIIIにしました。シャッターショックだけでブルブルと画面が揺れるほどの長焦点撮影の場合、ミラーレスカメラの電子シャッターは非常に有効で、一眼レフと比べるとシャッターショックが収まるまで次の撮影を待つ必要がありません。10fpsの高速連写と相まって大量の枚数を短時間で得ることができます。また、この場合でも14bit RAW出力できるようになったので、輝度差の大きい月面撮影には後処理で好都合です。欠点は、膨大なデータ量ですね。(笑)

久しぶりの月面撮影とあって、ピント合わせに時間をとられましたが、こんなものでしょうか。ライブビューでは、時折ピタッと止まるときに見える微細なクレーターにゾクッとします。全体の画像に加えて、トリミングした画像もお送りします。これでも50%リサイズです。拡大撮影はCMOSカメラの独壇場ですが、4000万画素オーバーともなると細部もなかなか見ごたえがありました。高解像度のディスプレイで等倍で鑑賞するのもいいですね。
 
■係より
好シーイングに恵まれての上弦の月です。実にシャープに撮れてます。カメラを高画素ミラーレスのSony α7RIIIに変えての作品で、シャッターショックのない電子シャッターで撮影できるので、メカニカル部品に負担をかけることなく、短時間に多枚数の撮影が可能になります。まさに月面撮影にうってつけのカメラですね。RAWから丁寧に処理していて階調も申し分なく、拡大トリミングは細部までシャープさを保っていて見応え充分です。
ご投稿ありがとうございました。これからも春から夏の好シーイングで月面や惑星をお楽しみいただければと思います。ぜひまたお送りください。

« オリオン座モザイク合成。 | トップページ | 夏の天の川。 »

作例写真」カテゴリの記事