« アンタレス周辺とIC4592。 | トップページ | 天文台に懸かるアンタレスと天の川。 »

2018年4月30日 (月)

チリ、ラシヤ天文台からの黄道光。

チェコのアマチュア天文学者、Zdenek Bardonさんからチリにあるラシヤ天文台にて、SWAT-300で撮影した星景写真をお送りいただきましたのでご紹介します。
 Zod_light_moon_bardon18_

●大気光と黄道光
2018年3月15日 Zeiss Otus 28mm F1.4 ニコン D810A ISO1600~3200 露出1~60秒 SWAT-300にて自動追尾 撮影地 チリ ラシヤ天文台のESO観測所
  
■コメント
私はチェコのアマチュア天文学者です。 2年前に大阪でSWAT-300を購入しましたが、それは素晴らしい一軸赤道儀で、私はとてもとても満足しています! パーフェクトな製品をありがとう! そのSWAT-300をチリのラシヤ天文台にあるヨーロッパ南天天文台(ESO)の観測所に持って行った際、撮影の機会がありました。
私は数週間前にチリから帰国しました。チリのラシヤ(ESOの観測所)で過ごした2週間は目覚ましいもので、天気は晴れ。私は熱心なアマチュア天文学者ですから、この機会を利用しなければなりません。滞在中に撮影した画像の一枚、「大気光と黄道光」を送ります。今回、異なる露出を合成しなければならなかったのと、新月2日前の月明かりと黄道光の処理はとても難しかったです。
 
■係より
Zdenek Bardonさん、初投稿ありがとうございます。チリにあるESO観測所からの星空です。素晴らしい透明度で低空までたくさんの星が写っています。砂漠地帯で標高2000mを超えるので、日本の空とは比較にならないほどの星空なんでしょうね。画像の上辺にM16、M17が写っています。ツアイスの28mmレンズの星像もシャープで、ため息がでる美しさです。それから、SWAT-300を絶賛していただいて、ありがとうございます。末永くご愛用ください。またの投稿、お待ちしています。

« アンタレス周辺とIC4592。 | トップページ | 天文台に懸かるアンタレスと天の川。 »

作例写真」カテゴリの記事