« 火星への回廊と天の川。 | トップページ | M33とバブル星雲付近。 »

2018年9月19日 (水)

網状星雲。

愛知県春日井市のHUQ様から、香川で撮影した「網状星雲」をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 Photo

●網状星雲
2018年8月18日~20日 ボーグ 55FL+レデューサー (f=200mm F3.6) ニコン D810A ISO1600 露出3分×176枚コンポジット SWAT-350(赤経体)+ SS-one mini(赤緯体)2軸ガイド(PHD2) 撮影地 香川県

■コメント
前回お送りした「M16わし星雲とM17オメガ星雲」に続いて撮影したはくちょう座の網状星雲です。今回の撮影に使った機材(写真下)をご紹介します。光学極望と電子極望が両方ついてますが、2軸ガイド中は極軸の設定精度はさほど要らないため、光学極望を用いてサクッと極軸設定を終わらせています。今回電源をモバイルバッテリーからカメラの電源を取るアダプターが使えることが分かったため、12V出力の電源が不要になり、全体重量が10kgを切りました。3本ある 26800mAh モバイルバッテリーのうち1本はデジカメ、1本はガイド/電視ファインダー用スティックPC、残る1本でSWAT-350、SS-one mini、鏡筒用ヒーターを使っています。
  
■係より
トータル9時間近い露出で、大きく拡がる網状星雲全体を捉えた作品です。天の川の近くなので、微光星で埋め尽くされますね。網状星雲の位置はこちらを参考にしてください。
 Swat35055fl

撮影に使った機材。アルカスイスのパーツを組み合わせてエルボー式に赤緯体を搭載し、バッテリーをカウンターウェイト代わりに使用する無駄のない構成です。

« 火星への回廊と天の川。 | トップページ | M33とバブル星雲付近。 »

作例写真」カテゴリの記事