« M31アンドロメダ銀河。 | トップページ | 大迫力のM31アンドロメダ銀河。 »

2018年11月 5日 (月)

64P/スイフト・ゲーレルス彗星。

北海道にお住まいの斎藤雅也様より「64P/スイフト・ゲーレルス彗星」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 64p

●64P/スイフト・ゲーレルス彗星
2018年11月3日21時44分~ オリンパス ED150mm F2.0 絞りF2.2 オリンパス PEN E-PL6 ISO1600 露出30秒×16枚コンポジット SWAT-350にてノータッチ追尾 撮影地 北海道伊達市
 
■コメント
昨夜は久しぶりの快晴で気合を入れて近くの峠へ行こうか(comet 46p狙い)と準備していたところ、ヒグマ出没注意の情報が入り、急きょ自宅前撮影になってしまいました。で、ターゲットをComet 46pから64pへ変更したのですが、隣家の照明や道路を行き交う車のヘッドライト…、30秒露出と雨傘の影で回避でした。笑
現在使用しているオリンパスED150mmF2.0のクセが、最近になってやっと分かってきましたが、チョットしたピントのズレでオレンジ色のハロー?が出現します(絞り値2.0~2.5の間)。これからの季節は気温変化をチェックする温度計が必需品になりそうです。
SWAT-350は快調に働いてくれます。先日PMを測定してみましたが±5~6秒程でした。SWAT-350を導入後に月撮影専門の役目に回ったSP-DXとほぼ同じくらいの追尾精度ですが、何と言ってもSWAT-350は重量が軽い!気軽に持ち出せるのが良いですね。
 
■係より
アンドロメダ銀河と64P/スイフト・ゲーレルス周期彗星のツーショットです。ちょうど近日点を迎えたところです。彗星らしい緑色に輝く姿が美しいです。それにしても「ヒグマ出没注意」とは、北海道ならではの恐怖ですね。命の危険がありますから、決して無理は出来ません。私がメインで撮影している房総は、熊はいないので安心ですが、大型の野生動物としてはイノシシと鹿と猿が出ます。撮影中の深夜に近くの山でガサガサと大きな音がすると、一瞬背筋が凍ります。天体ファンが野生動物に襲われたという話は聞かないですけど、ちょっと怖いですね。SWAT-350は追尾精度もよく、とても快調なようで安心しました。ぜひこれからも活用していただき、素晴らしい写真をものにしてください。また撮れたらお送りください。お待ちしています。

« M31アンドロメダ銀河。 | トップページ | 大迫力のM31アンドロメダ銀河。 »

作例写真」カテゴリの記事