« M31アンドロメダ銀河とM42オリオン大星雲。 | トップページ | シグマ135mm F1.8 Artによるオリオン座中心部。 »

2018年12月13日 (木)

IC1848(ソウル星雲)、IC1805(ハート星雲)。

愛媛県にお住まいの山田浩之様より、「IC1848(ソウル星雲)、IC1805(ハート星雲)」をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 1

●IC1848(ソウル星雲)、IC1805(ハート星雲)
2018年11月10日23時38分~ ニコン Ai-S 180/F2.8 ED 絞りF4 ニコン D7000(ノーマル) ISO1600 露出360秒×32枚コンポジット SWAT-310によるノータッチ追尾 ダーク、フラット処理 RAP2 スタック DeepSkyStacker 調整 CaptureNX2等 撮影地 愛媛県砥部町
 
■コメント
さて11月に撮影した写真をお送りいたします。非改造カメラで撮影していますので、Hα域はしっかりカットされており、朱色に転んだ星雲となっています。D7000というかD810A以外のノーマルのニコン機については、Hα域の感度が良いのかどうか、実のところよくわかりません。ちなみに撮影時に同時記録したJPEGには殆ど写っていません。ダーク/フラット後にスタックしたTIFF画像を分析してみると、データとしては記録されていますが殆ど見えていません。ここでデータが記録されているようなら、後は画像処理だけの問題です。画像処理の詳細は割愛しますが、ポイントはチャンネル減算マスクで、赤い部分
のみを強調処理しています。その際にレンジの切り詰めをすると荒れるので基本的に行いません。仮運用中のブログに他の画像もありますので、よろしければご笑覧下さい。
http://photorec.asablo.jp/blog/
 
■係より
SWAT-310のモニターレポートをお願いした山田浩之様より秋の天の川に浮かぶ「胎児星雲とハート星雲」をお送りいただきました。二つの散光星雲が並んで大きく拡がっているので、焦点距離200mmクラスの格好の対象です。赤い散光星雲のため天体改造したカメラが有利ですが、D7000でも画像処理を駆使すれば、それなりに描出できるようです。下に処理前のスタック直後の画像も掲載します。ノータッチで6分間の露出でもガイドは成功しています。コメント欄にある仮運用のブログに山田さんが撮影された他の画像も掲載されてますので、ぜひご覧ください。ご投稿、ありがとうございました。ぜひまたお送りいただければと思います。よろしくお願いします。
 Ref_2

山田さんからスタック後と強調に使用したマスク画像を送っていただきました。スタック直後でもも赤い星雲がうっすらと写っていますが、これをそのまま画像処理するのではなく、下のようなマスクを作り、赤い星雲の部分を選択して強調しています。上級者はみなさん似たようなテクニックを駆使して処理しています。

« M31アンドロメダ銀河とM42オリオン大星雲。 | トップページ | シグマ135mm F1.8 Artによるオリオン座中心部。 »

作例写真」カテゴリの記事