« カリフォルニア星雲からすばる付近。 | トップページ | IC1848(ソウル星雲)、IC1805(ハート星雲)。 »

2018年12月 5日 (水)

M31アンドロメダ銀河とM42オリオン大星雲。

東京都八王子市の関原謙介様より冷却CMOSモノクロカメラで撮影したM31アンドロメダ銀河とM42オリオン大星雲をお送りいただきましたのでご紹介します。
 M31r

●M31アンドロメダ銀河
2018年11月30日 コーワプロミナー500+レデューサーTX07使用(合成焦点距離350mm)F4 LPSD1フィルター ZWO ASI1600MMpro L画像 60秒×32枚 R画像 60秒×10枚 G画像 60秒×10枚 B画像 60秒×10枚 トータル露光時間 62分 撮影ソフト APT(Astro Photography Tool) 冷却温度−15℃ SWAT-350による追尾撮影 PixInsightによるキャリブレーションおよび加算処理 SI8によるLRGB合成 Nikon Capture2とPhotoshop CS6にて追加の画像処理 撮影地 山梨県甲州市
 M42r

●M42オリオン大星雲
2018年11月30日 コーワプロミナー500+レデューサーTX07使用(合成焦点距離350mm)F4 LPSD1フィルター ZWO ASI1600MMpro L画像 60秒×32枚 R画像 80秒×8枚 G画像 80秒×8枚 B画像 80秒×8枚 トータル露光時間 64分 撮影ソフト APT(Astro Photography Tool) 冷却温度−15℃ SWAT-350による追尾撮影 PixInsightによるキャリブレーションおよび加算処理 SI8によるLRGB合成 Nikon Capture2とPhotoshop CS6にて追加の画像処理 撮影地 山梨県甲州市

■コメント
SWAT-350に冷却モノクロCMOSカメラと電動フィルターホイールを搭載して撮影したアンドロメダとオリオンです。最近何かと話題になるCMOSカメラですが、それほど問題なく使いこなせるだろうと、購入前には(漠然と)考えていました。しかし実際には、予想できた事、できなかった事等いろいろな問題が起こり、この考えが甘かった事にすぐ気づかされました。今回、なんとかアンドロメダとオリオンが撮影でき、やっとここまで来たといった感慨があります。と言っても、画質的には満足できるものではなく、例えば両画像とも明るさが飽和気味です。パソコンのモニターの見え方に引きずられゲインを高くしすぎたためと思います。これも含め経験して初めて分かる事がたくさんあり、まだまだ使いこなすには先が長いような気がしますが、星雲のナローバンド撮影によるハッブルパレット合成なども今後は試みたいと思っています。なお、撮影システムの写真も送ります。こんなシステムで人が寝静まった頃、パソコンに向かって毒づきながら苦闘しています。

■係より
いつもご投稿いただき、ありがとうございます。モノクロ冷却CMOSカメラを導入されたそうですが、すごいですねぇ。私もいつかチャレンジしたいと思っていますが、パソコンや電源などの装備が大変そうで、なかなかハードルが高いです。ASI1600MMはセンサーがフォーサーズサイズで大きく、画角も広いので、星雲の撮影に適しています。今回はノーフィルターでL画像を撮って、色情報はRGBのカラーフィルターで得てます。冷却だけあって、低ノイズで階調豊かに仕上がっているのではないでしょうか。ぜひ使いこなしてください。またのご投稿お待ちしております。
 

Kizai

関原さんが新規導入した冷却CMOSカメラ。新たなチャレンジに燃えています。

« カリフォルニア星雲からすばる付近。 | トップページ | IC1848(ソウル星雲)、IC1805(ハート星雲)。 »

作例写真」カテゴリの記事