« 天の川とオリオン座。 | トップページ | 魔女の横顔星雲。 »

2019年1月30日 (水)

M64黒目銀河付近。

昨日に続いて、横浜市にお住まいの蒼月様より、シグマ 135mm F1.8 Artによる「M64黒目銀河付近」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 M64

 

M64_2

●M64黒目銀河付近
2019年1月4日2時30分~4時15分 シグマ 135mm F1.8 DG  Art 絞りF2.2 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO3200 露出 180秒×30枚コンポジット SWAT-310(PHD2で一軸オートガイド) PixInsightで画像処理 撮影地 千葉県大多喜町
 
■コメント
昨日に引き続き、3日夜のオペレーションでの作例をお送りいたします。季節はまだ冬ですが、今回は「春の銀河祭り」の先取りです。と言っても、おとめ座の銀河団ではありません。その隣の「かみのけ座」を写しました。写真中央やや左に小さく楕円形に写っているのが M64 です。M64は「黒眼銀河」の別名でも知られていて、長焦点派の人達には格好のターゲットですね。でも、135mmだとさすがに小さく、それ自体は全く面白味がありません。しかし、そのすぐ近くには、この通り淡い星雲が筋状に広がっています。かみのけ座周辺は全天で星間物質が最も希薄な領域として知られていますが、その中にあってこの星雲は異質です。かなり無理な処理をしているので、ノイズまみれでやや汚い画像ですが、房総でも撮影できる対象だということを確認しました。400~500mm程度の焦点距離の光学系ならかなり迫力のある様子が写せるでしょう。
春は銀河狙いの長焦点派しか楽しめないと思われがちですが、意外に単焦点でも楽しめる対象もあります。春になってしまうと空が霞んでしまい、こうした淡い対象は写しにくくなるので、冬のうちに皆さんも狙ってみてはいかがでしょうか。
今回も高解像度版はこちら(https://flic.kr/p/QiJ4nZ)からご覧いただけますので、お時間があればご覧ください。
 
■係より
いつもありがとうございます。春は小さい銀河がメインでポータブル赤道儀には厳しい季節かと思っていましたが、意外とこんな天体があるんですね。でもかなり淡そうで、ちょっと気合いを入れないと写せませんね。このエリアはどこを撮っても銀河が写ってきます。ナンバーを振った天体以外にもまだたくさん写っています。何等級まで写っているか探っていくのも楽しいものですね。
他にもポタ赤に向いたおすすめ天体がありましたら、ぜひご紹介ください。よろしくお願いします。

« 天の川とオリオン座。 | トップページ | 魔女の横顔星雲。 »

作例写真」カテゴリの記事