« マルカリアンの銀河鎖。 | トップページ | M101回転花火銀河。 »

2019年3月28日 (木)

カモメ星雲、トールズヘルメット。

横浜市にお住まいの蒼月様より、ボーグ71FLによる「カモメ星雲、トールズヘルメット」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 
Photo_1 

Photo_2

●カモメ星雲、トールズヘルメット
2019年3月8日19時40分~ ボーグ 71FL+レデューサー0.72× 合成焦点距離 288mm F4.1 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO3200 露出 270秒×36+55秒×12枚+15秒×12枚 コンポジット SWAT-310(PHD2で一軸オートガイド) PixInsightで画像処理 撮影地 天城高原
 
■コメント
少々遅くなってしまいましたが、半月ほど前に天城高原で撮影してきたものを投稿いたします。
冬の星雲のアンカーとして登場するカモメ星雲(IC2177)は、500mmや 600mmで撮ると画角いっぱいに写って大迫力ですが、300mmくらいで撮るとその左下(南東)にトールズヘルメット(NGC2359)まで写って、これはこれでなかなか良い画角です。トールズヘルメットは直訳して「トールの兜」とも言われる通り、反時計回りに90度ほど回転して見ると、なるほど2本の角のある兜っぽく見えますね。上手く名付けるものです。日本からは南の低空にしか見えない対象ということもあって、恥ずかしながらここを撮るのは初めてだったのですが、この領域も様々な色があふれていて非常に美しいですね。今シーズンのラストチャンスをモノにできて良かったと思います。今回も高解像度版をこちら(https://flic.kr/p/TaiNK5)からご覧いただけますので、お時間があればご覧ください。
次の新月期には、いよいよ夏の天の川がターゲットになってきますね。お天気に恵まれますように。
 
■係より
カモメ星雲(わし星雲)をやや右寄りに配して左下にトールズヘルメット(トールの兜星雲)を構図に取り込んだ300mmクラスの作品です。 上村さんの650mmによる大迫力のカモメ星雲とはまた違った趣となりますね。撮影機材のボーグ71FL+0.72×レデューサーはSWAT-310/350と相性がよく、無理なく搭載できて便利です。星像も周辺までシャープでおすすめできる組み合わせです。今回はF4.1でトータル2時間42分の露光と天城の暗い空で、とても階調豊かに仕上がっています。トールの兜星雲の青緑色とカモメ星雲の赤との対比が美しいです。いつも見事な作品をありがとうございます。いよいよ夏の天体撮影が始まりますね。ぜひまたお送りください。

« マルカリアンの銀河鎖。 | トップページ | M101回転花火銀河。 »

作例写真」カテゴリの記事