« さそり座アンタレス周辺。 | トップページ | カラフルタウン。 »

2019年4月28日 (日)

600mm望遠レンズによるM104ソンブレロ銀河。

大分県佐伯市にお住まいの志賀本昌様より、「M104ソンブレロ銀河」をお送りいただきましたのでご紹介します。

M104

●M104ソンブレロ銀河
2019年4月27日21時08分~22時30 シグマ 150-600mm F5-6.3 DG 600mm 絞り F7.1 キヤノン EOS X7i(IR改造) ISO3200 露出150秒×29枚をステライメージ8でコンポジット SWAT-350+M-GENによる一軸オートガイド 撮影地 大分県佐伯市
 
■コメント
最近、南にある苺栽培ハウスの照明が消えましたので 昨夜M104ソンブレロ銀河を撮影しました。自分としてはたぶん平成最後の撮影になると思います。M104の周囲に目印になる明るい星が無いので透過型ファインダーでは見えず、視野に入れるまで時間がかかりました。結局スピカから西に動かして見つけました。自宅ベランダからの撮影ですが寒くて冬に戻った気温でした。
 
■係より
春の銀河は小さいものが多くて、メートル級の焦点距離でないとなかなか迫力ある姿を捉えるのが難しいですが、一部のメシエ天体の中にはポータブル赤道儀のSWATで狙っても楽しい対象があります。その中のひとつがこのM104ソンブレロ銀河です。志賀さんは600mm望遠レンズで、一直線に暗黒帯が横切る特徴ある姿を見事に捉えました。導入に苦労されたとのことですが、SWATには目盛環が装備されていますので、コメントの通りスピカから赤経軸を45′ほど西に回せば 写野のどこかに入ってきます。赤緯は約0.5°のズレしかないので、あとは試写しながら微調整すれば効率よく導入できます。毎年悩まされる苺ハウスの照明も一段落したようで、これから南天の天体撮影が存分に楽しめますね。是非またご投稿ください。お待ちしております。

« さそり座アンタレス周辺。 | トップページ | カラフルタウン。 »

作例写真」カテゴリの記事