« さそり座上部。 | トップページ | 600mm望遠レンズによるM104ソンブレロ銀河。 »

2019年4月24日 (水)

さそり座アンタレス周辺。

愛媛県にお住まいの山田浩之様より、「さそり座アンタレス周辺」をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 
Photo_3

●さそり座アンタレス周辺
2019年4月4日2時12分~(気温1℃) ニコン Ai-S 180/F2.8 ED 焦点距離 180mm 絞り F4 ニコン D7000(ノーマル) ISO1600 露出240秒×14枚コンポジット SWAT-310によるノータッチ追尾 DNG変換 Adobe DNG Converter  ダーク、フラット処理 RAP2 スタック DeepSkyStacker 調整 CaptureNX2等 撮影地 愛媛県砥部町
 
■コメント 
当日は複数の対象を撮影すべく予定していたのですが、間欠的に雲が流れ予定は消化不良となりました。この対象のみ何とか撮影できたのですが、約2時間の撮影のうち、比較的影響の少ないものが、14枚しか残りませんでした。残ったフレームもベールに覆われたような感じで残念でした。次の新月期で雪辱できたらと思っているところです。
 
■係より
GW以降、夜半頃から撮影可能になるアンタレス周辺をご投稿いただきました。このエリアはとてもカラフルで、短い焦点距離でも充分に迫力ある作品に仕上げられます。今回は180mm F2.8望遠レンズをSWAT-310に搭載してのノータッチ撮影。当日は透明度がとても悪かったそうですが、画像処理でカバーして、淡い星雲を見事に描出しました。アンタレス付近は南中高度が低く、なかなか好条件で撮影できるチャンスが少なく、梅雨入り前までの透明度のよい日が狙い目です。ご投稿ありがとうございました。次回作もお待ちしております。

« さそり座上部。 | トップページ | 600mm望遠レンズによるM104ソンブレロ銀河。 »

作例写真」カテゴリの記事