« カラフルタウン。 | トップページ | さそり座頭部。 »

2019年5月13日 (月)

山村からの天の川。

東京都八王子市の関原謙介様より、「山村からの天の川」をお送りいただきましたのでご紹介します。

Photo_6
●山村からの天の川
2019年5月7日 シグマ 14-24mm F2.8 DG HSM Art  絞りF4 ニコン D810A ISO3200 露出時間 80秒×23枚 トータル露光時間30.5分 SWAT-350によるノータッチ追尾 PixInsightでスターアラインメントと加算処理 地上画像は露光時間80秒X3枚(固定撮影)をフォトショップCS6による比較暗合成で作成 星画像と地上画像はフォトショップCS6により合成 撮影地 長野県長野市中条
  
■コメント
先週は新緑と残雪の山々を楽しむつもりで長野県北部を旅行したのですが、7日の夜は好天が期待できそうとわかり、急遽SWATも持って行くことに。7日の夜に泊まった中条という長野県北部の山村は、周囲はほとんど明かりのないところですが、南に上田、安曇野から松本など信州の「大都会」があるためか、南天は意外に明るく少々がっかりでした。とは言ってもたっぷり30分の露光時間でかなりコントラストのいい天の川を撮ることができました。次の日は睡眠時間3時間ほどでしたが、水芭蕉や残雪の山々を見ながらハイキングを楽しみました。ところで、今まで使っていたNikkor 14-24mmを売却してシグマ 14-24mm F2.8 Artを購入し、今回初使用です。
 
■係より
いつもご投稿いただき、ありがとうございます。関原さん調のナチュラルな仕上げの天の川をお送りいただきました。長野といえども光害の影響から逃れられなかったとのことですが、仕上がった画像を見ると彼岸花や出目金はおろか、それより低空のエビ星雲もよく写っており、なかなかの空だったようです。今回、ニコンの14-24からシグマ14-24mm F2.8 Artに乗り換えられての初撮影だったそうですが、最新設計のArtシリーズだけあって、全面シャープな星像でヌケもよく、その高性能ぶりが伝わります。梅雨入りが迫ってきました。さそり座付近は次の新月期が最後のチャンスかもしません。またのご投稿、お待ちしております。

« カラフルタウン。 | トップページ | さそり座頭部。 »

作例写真」カテゴリの記事