« 青い馬星雲。 | トップページ | デネブ付近。 »

2019年6月11日 (火)

しし座の三つ子銀河。

東京都八王子市の上村裕様よりボーグ107FL+SWAT-350で撮影した「しし座の三つ子銀河」をお送りいただきましたので、早速ご紹介します。
 
Leotriplet

 

Leotriplet_annotated
●しし座の三つ子銀河
2019年3月8日22時20分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08× 合成焦点距離 648mm F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 180秒露出×80枚 SWAT-350+M-GENによる1軸オートガイド PixInsight、Photoshopで画像処理 撮影地 千葉県大多喜町
 
■コメント
今年も梅雨がやってきましたね。関東の梅雨入りは平年並みとのことですが、ここ数年は特に晴れ間が少なく、なかなか撮影することができません。新月期前後で好天に恵まれると良いですね。今回は、3月に撮影したしし座の三つ子銀河をお送りします。春は、ポタ赤で狙うには厳しい対象ばかりですが、いくつかの天体は500mm前後でもそこそこ見栄えのするものがあります。そのひとつがこの三つ子銀河です。撮影当日はシーイングが良く、それぞれの銀河の構造がよく出てくれました。
 
■係より
梅雨入りしてしてしまいましたが、ありがたいことに投稿コーナーには素晴らしい作品が届いています。ユーザー様のおかげで、この時期でも天体を楽しめます。さて、上村さんから「しし座の三つ子銀河」をお送りいただきました。画像は北が左になってますが、左の銀河がNGC3628、右上がM65、右下がM66です。総露出時間4時間ですからノイズも抑えられ、 シーイングがよかったことで、銀河の細部がとてもよく写ってますね。彩度も効いてますし、とても口径10cmとは思えない出来です。下の写真星図も参考になります。三つ子の周りに20等級?クラスのPGC天体がいっぱい写ってますね。この時期の貴重なご投稿、ありがとうございます。ぜひまたお送りください。

« 青い馬星雲。 | トップページ | デネブ付近。 »

作例写真」カテゴリの記事