« フジGFX100による天の川中心部。 | トップページ | 北アメリカ星雲、ペリカン星雲付近。 »

2019年8月17日 (土)

フジGFX100によるS字状暗黒星雲付近。

千葉県市川市の外山保廣(外山電子)様より、フジGFX100で撮影した「S字状暗黒星雲」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 
S
●S字状暗黒星雲付近
2019年8月4日20時47分~ フジ GF110mm F2 R LM WR 絞り F4 GFX100 ISO6400 30秒露出×11枚コンポジット SWAT-310(V-spec β版)でノータッチ追尾 Photoshop CCで画像処理 撮影地 千葉県大多喜町
 
■係より
このところ、1億画素を誇るフジGFX100と純正GF110mm F2による作品を連続でご紹介してます。今回は「S字状暗黒星雲付近」です。どこだか判りますか? 焦点距離が短いので、かわいらしく写ってます。探してみてください。答えは右端の輝星(木星)とM8干潟星雲の中間くらいのところです。GFX100の作例を何枚もみてきたので、だいぶ慣れてきましたが、やっぱり星像がシャープで、背景のぬか星がまるで銀砂を撒いたように埋め尽くしています。左にM16、M17、バンビの横顔、M20、M8の主役たちを配し、木星を取り込んだ構図は斬新です。ノーマルでも赤い星雲がよく写るのはフジのカメラの特徴です。

« フジGFX100による天の川中心部。 | トップページ | 北アメリカ星雲、ペリカン星雲付近。 »

作例写真」カテゴリの記事