作例写真

2019年6月11日 (火)

しし座の三つ子銀河。

東京都八王子市の上村裕様よりボーグ107FL+SWAT-350で撮影した「しし座の三つ子銀河」をお送りいただきましたので、早速ご紹介します。
 
Leotriplet

 

Leotriplet_annotated
●しし座の三つ子銀河
2019年3月8日22時20分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08× 合成焦点距離 648mm F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 180秒露出×80枚 SWAT-350+M-GENによる1軸オートガイド PixInsight、Photoshopで画像処理 撮影地 千葉県大多喜町
 
■コメント
今年も梅雨がやってきましたね。関東の梅雨入りは平年並みとのことですが、ここ数年は特に晴れ間が少なく、なかなか撮影することができません。新月期前後で好天に恵まれると良いですね。今回は、3月に撮影したしし座の三つ子銀河をお送りします。春は、ポタ赤で狙うには厳しい対象ばかりですが、いくつかの天体は500mm前後でもそこそこ見栄えのするものがあります。そのひとつがこの三つ子銀河です。撮影当日はシーイングが良く、それぞれの銀河の構造がよく出てくれました。
 
■係より
梅雨入りしてしてしまいましたが、ありがたいことに投稿コーナーには素晴らしい作品が届いています。ユーザー様のおかげで、この時期でも天体を楽しめます。さて、上村さんから「しし座の三つ子銀河」をお送りいただきました。画像は北が左になってますが、左の銀河がNGC3628、右上がM65、右下がM66です。総露出時間4時間ですからノイズも抑えられ、 シーイングがよかったことで、銀河の細部がとてもよく写ってますね。彩度も効いてますし、とても口径10cmとは思えない出来です。下の写真星図も参考になります。三つ子の周りに20等級?クラスのPGC天体がいっぱい写ってますね。この時期の貴重なご投稿、ありがとうございます。ぜひまたお送りください。

2019年6月 8日 (土)

青い馬星雲。

愛媛県にお住まいの山田浩之様より、さそり座の「青い馬星雲」をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 
Photo_9
●さそり座アンタレス周辺 
2019年3月8日04:02~ 2019年3月9日03:19~ 2019年3月15日03:27~ ニコン Ai-S 180/F2.8 ED 焦点距離 180mm 絞り F4 ニコン D7000(ノーマル) ISO800 露出360秒×40枚コンポジット SWAT-310によるノータッチ追尾 DNG変換 Adobe DNG Converter  ダーク、フラット処理 RAP2 スタック DeepSkyStacker 調整 CaptureNX2等 撮影地 愛媛県東温市
 
■コメント
3月に撮影したものですが、とりあえず夏物ということで投稿いたします。一晩では撮影時間不足であったため、三夜に渡って撮影しました。副観望地で撮影したのですが、ここは北から西にかけて大きな光害のドームがあるため、どうなることか心配だったのですが、出来栄えはともかく何とか形にすることはできました。ちなみに撮影地の天頂部の等級は21.32mag/arcsec^2(ATLAS2015)であり、いわゆる軽度の光害地といったところです。私のサイトの以下のページに「光害マップの活用方法」をまとめていますが、机上ロケハンをすれば、意外と身近に良い場所が見つかるかもしれません。
 
■係より
さそり座のアンタレスの北にある「青い馬星雲」です。明るい光学系で総露出時間4時間ですから、淡い部分もとても滑らかに描出できました。東に延びる暗黒帯の微妙な濃淡も見事です。全体の仕上げもナチュラルでいい感じで、お手本のような作品です。リンク先の「光害マップの活用方法」も役に立ちますね。梅雨時の貴重なご投稿、どうもありがとうございました。ぜひまたお送りください。

2019年5月28日 (火)

昇ってくる天の川。

東京都八王子市の関原謙介様より、「昇ってくる天の川」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 
Tsumekizaki1
●昇ってくる天の川
2019年4月4日 ニコン 14-24mm F2.8 14mm 絞りF4 ニコン D810A ISO3200 露出時間 120秒×15枚 トータル露光時間30分 SWAT-350によるノータッチ追尾 PixInsightでスターアラインメントと加算処理 地上画像は露光時間120秒×3枚(固定撮影)をフォトショップCS6による比較暗合成で作成 星画像と地上画像はフォトショップCS6により合成 撮影地 伊豆半島爪木崎
 
■コメント
以前に掲載いただいた「さそり座上部」を撮影した次の日の4月4日の撮影です。この日の西伊豆は快晴でしたが風が強かったため、西伊豆での撮影を諦め、夜半に昇ってくる夏の天の川を撮影すべく、東伊豆の爪木崎海岸へ遠征しました。海からまさに昇ってくるところを狙ったのですが、やはり処理が難しく
あきらめかけて中断していました。今回、再挑戦してなんとか処理してみました。さすが首都圏に近い東伊豆では夜中でも明かりをこうこうとつけた漁船が何隻も沖をうろうろとしていて、それによる醜い光跡が写り込んでしまい「困ったな」と思っていたのですが、地上画像も複数枚撮影し、比較暗合成を行うことで光跡を全て消し去ることができました。
 
■係より
いつもご投稿いただきまして、ありがとうございます。今回は南東の水平線から昇る天の川です。超低空までコントラストよく写ったのは、透明度もよかったのでしょう。横たわる天の川、灯台の光芒、手前のゴツゴツした岩肌の景色、全体の雰囲気も申し分ありません。 見応えのある素晴らしい作品に仕上がりましたね。関原さんの真骨頂といった感じです。いよいよ梅雨入りが近づいてきましたが、それまでにもうワンチャンスあるといいですね。また撮れたらお送りください。お待ちしております。

2019年5月24日 (金)

夏の訪れ。

東京都八王子市の上村裕様より14mm超広角レンズによる「夏の天の川」をお送りいただきましたので、早速ご紹介します。
 
Milkyway_s2

●夏の訪れ
2019年5月4日3時41分~ シグマ 14mm F1.8 DG HSM Art 絞りF2.8 キヤノン EOS 6D(HKIR) ISO1600 露出 90秒×19枚(天の川)、90秒×5枚(地上)をそれぞれコンポジット後、合成 SWAT-350ノータッチ追尾 PixInsight、Photoshopで画像処理 撮影地 大分県日田市
 
■コメント
今年のゴールデンウィークは新月期と重なり撮影に出かけられた方も多いのではないでしょうか。天候に恵まれた後半の1日だけ撮影に出かけましたのでお送りします。今回は、14mmの超広角での撮影です。菜の花が広がる高台から、熊本県小国町〜阿蘇五岳を望み、南北を縦断するように夏の天の川が聳えます。空の状態が良く、1枚撮りでも天の川をコントラスト良く撮影できますが、ここはSWATを使ってじっくり撮影します。そうすることで、天の川の濃淡や、暗黒帯のディティールをより鮮明に捉えることができます。超広角のため、当然ノータッチで撮影可能です。どうしても地上の景色は流れますので別撮りして合成しています。久しぶりに超お気軽な撮影となりましたが、これこそがSWATの魅力であり、初心者でも気軽に始められる撮影スタイルですね。
 
■係より
いつもご投稿いただきまして、ありがとうございます。今回はGWの里帰りをいかして、大分からの撮影ですね。それにしても素晴らしい天の川です。無理のない画像処理でナチュラルな仕上げがいい感じです。関原さんの作品も自然な仕上がりですが、全体的な雰囲気に作者の個性の違いが出て面白いです。上村さんは手前の菜の花畑や青く幻想的な山並みを上手に構図に取り込んでいます。このように地上を水平にしたい場合は、自由雲台を使うのがおすすめです。撮影条件に恵まれて、Hα星雲が連なっているのがよくわかりますね。M16わし星雲、M17オメガ星雲、M20三裂星雲、M8干潟星雲、彼岸花に出目金、エビ星雲までよく写っています。この週末は月がまだ大きいですが、夜半までは撮影できそうなので、晴れたら出かけたいですね。梅雨入り前の貴重なチャンスかもしれません。ぜひまた、よろしくお願いいたします。

2019年5月20日 (月)

さそり座頭部。

横浜市にお住まいの蒼月様より、シグマ135mm Artによる「さそり座頭部」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 
Photo_7

●さそり座頭部
2019年5月8日1時30分~ シグマ 135mm F1.8 DG  Art 絞りF2.5 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO3200 露出 150秒×27枚+45秒×15枚+20秒×13枚 各コンポジット SWAT-310(PHD2で一軸オートガイド) PixInsightで画像処理 撮影地 静岡県天城高原
 
■コメント
こんにちは。満月期には投稿がないと油断されているのではないかと思います(笑)が、投稿が寂しい頃を見計らって賑やかしに投稿いたします。
ゴールデンウィーク中は残念ながらどこにも遠征に行けなかったので、その代わりとばかりに連休明けに天城高原に強行してきました。この日、当初は夜8時か9時頃には晴れる予報だったのですが、その後も静岡から房総にかけて筋状の雲が東西にしつこく残ってしまい、ようやく晴れたのは日付が変わって1時半頃になってからでした。それから薄明までわずか1時間半ほどしかありませんでしたが、ややノイジーながらも短時間でそれなりに写せる明るい光学系はやはり重宝します。
なお、写真はこの時期の最も美味しい具材を全部乗せといった構図ですが、135mmの画角で横構図だと流石にやや窮屈な感がありますね。ここを撮るなら、余裕をもって105mm程度で狙うか2パネル撮ってモザイクするか、どちらかをお勧めします。また、いつもの通り高解像度版もこちら(https://flic.kr/p/2fMnmDu)でご覧いただけますので、お時間があればご覧ください。
来月はもう梅雨季に突入ですが、次の新月期まではお天気に恵まれますように。
 
■係より
満月と長雨の時期のご投稿はとてもありがたいです。ユーザーのみなさまのご投稿だけが頼りです。さて、お送りいただいたのはシグマの135mm Artによるアンタレス周辺です。デジタル機材の進歩もあって、アマチュアでも簡単にカラフルな画像が得られるようになったため、すっかり人気が定着した領域です。蒼月さんのこの作品は、高性能な撮影機材と卓越した画像処理技術によって表現されており、とてもハイレベルに仕上がっています。赤、黄、青の美しい散光星雲と反射星雲はもちろん、東に延びる暗黒帯まで立体的に描出されていて、お見事としかいいようがありません。 確かに135mmの画角では、若干窮屈さが否めませんが、デジタル時代はモザイクという技が気軽に使えますので、ぜひチャレンジしていただければと思います。ただし、ハイライト部分以外のエリアは、イマイチ気合いが入りませんが…(笑) 梅雨入り前にもうワンチャンス期待したいですね。またのご投稿、お待ちしております。
 
  105sample_2
ご参考にフルサイズ135mm(白枠)と105mmの画角の比較。レベル補正しただけの撮って出し一枚物です。画像処理しないと何も写ってない感じです。

2019年5月13日 (月)

山村からの天の川。

東京都八王子市の関原謙介様より、「山村からの天の川」をお送りいただきましたのでご紹介します。

Photo_6
●山村からの天の川
2019年5月7日 シグマ 14-24mm F2.8 DG HSM Art  絞りF4 ニコン D810A ISO3200 露出時間 80秒×23枚 トータル露光時間30.5分 SWAT-350によるノータッチ追尾 PixInsightでスターアラインメントと加算処理 地上画像は露光時間80秒X3枚(固定撮影)をフォトショップCS6による比較暗合成で作成 星画像と地上画像はフォトショップCS6により合成 撮影地 長野県長野市中条
  
■コメント
先週は新緑と残雪の山々を楽しむつもりで長野県北部を旅行したのですが、7日の夜は好天が期待できそうとわかり、急遽SWATも持って行くことに。7日の夜に泊まった中条という長野県北部の山村は、周囲はほとんど明かりのないところですが、南に上田、安曇野から松本など信州の「大都会」があるためか、南天は意外に明るく少々がっかりでした。とは言ってもたっぷり30分の露光時間でかなりコントラストのいい天の川を撮ることができました。次の日は睡眠時間3時間ほどでしたが、水芭蕉や残雪の山々を見ながらハイキングを楽しみました。ところで、今まで使っていたNikkor 14-24mmを売却してシグマ 14-24mm F2.8 Artを購入し、今回初使用です。
 
■係より
いつもご投稿いただき、ありがとうございます。関原さん調のナチュラルな仕上げの天の川をお送りいただきました。長野といえども光害の影響から逃れられなかったとのことですが、仕上がった画像を見ると彼岸花や出目金はおろか、それより低空のエビ星雲もよく写っており、なかなかの空だったようです。今回、ニコンの14-24からシグマ14-24mm F2.8 Artに乗り換えられての初撮影だったそうですが、最新設計のArtシリーズだけあって、全面シャープな星像でヌケもよく、その高性能ぶりが伝わります。梅雨入りが迫ってきました。さそり座付近は次の新月期が最後のチャンスかもしません。またのご投稿、お待ちしております。

2019年5月11日 (土)

カラフルタウン。

千葉県にお住まいの梨本閑琉様より「カラフルタウン」を初投稿いただきましたので、早速ご紹介します。

Photo_5
●カラフルタウン
撮影日時不明 サムヤン135mm F2 絞りF2.8 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO1600 240秒露出×11枚コンポジット SWAT-350にてノータッチ追尾 DSS、FlatAidePro、Photoshop CCにて画像処理(Dark,Flat処理含む) 撮影地 千葉県

■コメント
撮影場所は千葉県。明け方の3時を過ぎてから透明度が急に回復してきたので、慌ててSWATを設置。こんな時でも簡単設定で助かります。また、海辺での撮影ですので、万一の大地震で津波が予想されるときでも数分で撤収できます。5月に撮り増し予定でしたが、天候に私の予定が合わせられず、荒れてきている部分もありますが投稿させていただきます。この画像は135mmなのでSWAT-350なら充分ノータッチで撮影できる焦点距離です。もちろん捨てファイルはありませんでした。総露出時間44分と短いですがF2.8という明るいレンズにも助けられています。
 
■係より
梨本さんからの初投稿です。どうもありがとうございます。サムヤンの135mm F2でさそり座アンタレス付近の「カラフルタウン」と呼ばれるエリアを撮影されました。南の天体なので、房総からだと光害の影響が少なく、透明度さえよければ、けっこう良く写ります。135mmレンズの画角だと青い馬星雲まできれいに取り込めてちょうどいい感じですね。また撮れましたら、ぜひお気軽にご投稿ください。お待ちしております。

2019年4月28日 (日)

600mm望遠レンズによるM104ソンブレロ銀河。

大分県佐伯市にお住まいの志賀本昌様より、「M104ソンブレロ銀河」をお送りいただきましたのでご紹介します。

M104

●M104ソンブレロ銀河
2019年4月27日21時08分~22時30 シグマ 150-600mm F5-6.3 DG 600mm 絞り F7.1 キヤノン EOS X7i(IR改造) ISO3200 露出150秒×29枚をステライメージ8でコンポジット SWAT-350+M-GENによる一軸オートガイド 撮影地 大分県佐伯市
 
■コメント
最近、南にある苺栽培ハウスの照明が消えましたので 昨夜M104ソンブレロ銀河を撮影しました。自分としてはたぶん平成最後の撮影になると思います。M104の周囲に目印になる明るい星が無いので透過型ファインダーでは見えず、視野に入れるまで時間がかかりました。結局スピカから西に動かして見つけました。自宅ベランダからの撮影ですが寒くて冬に戻った気温でした。
 
■係より
春の銀河は小さいものが多くて、メートル級の焦点距離でないとなかなか迫力ある姿を捉えるのが難しいですが、一部のメシエ天体の中にはポータブル赤道儀のSWATで狙っても楽しい対象があります。その中のひとつがこのM104ソンブレロ銀河です。志賀さんは600mm望遠レンズで、一直線に暗黒帯が横切る特徴ある姿を見事に捉えました。導入に苦労されたとのことですが、SWATには目盛環が装備されていますので、コメントの通りスピカから赤経軸を45′ほど西に回せば 写野のどこかに入ってきます。赤緯は約0.5°のズレしかないので、あとは試写しながら微調整すれば効率よく導入できます。毎年悩まされる苺ハウスの照明も一段落したようで、これから南天の天体撮影が存分に楽しめますね。是非またご投稿ください。お待ちしております。

2019年4月24日 (水)

さそり座アンタレス周辺。

愛媛県にお住まいの山田浩之様より、「さそり座アンタレス周辺」をお送りいただきましたので、ご紹介します。
 
Photo_3

●さそり座アンタレス周辺
2019年4月4日2時12分~(気温1℃) ニコン Ai-S 180/F2.8 ED 焦点距離 180mm 絞り F4 ニコン D7000(ノーマル) ISO1600 露出240秒×14枚コンポジット SWAT-310によるノータッチ追尾 DNG変換 Adobe DNG Converter  ダーク、フラット処理 RAP2 スタック DeepSkyStacker 調整 CaptureNX2等 撮影地 愛媛県砥部町
 
■コメント 
当日は複数の対象を撮影すべく予定していたのですが、間欠的に雲が流れ予定は消化不良となりました。この対象のみ何とか撮影できたのですが、約2時間の撮影のうち、比較的影響の少ないものが、14枚しか残りませんでした。残ったフレームもベールに覆われたような感じで残念でした。次の新月期で雪辱できたらと思っているところです。
 
■係より
GW以降、夜半頃から撮影可能になるアンタレス周辺をご投稿いただきました。このエリアはとてもカラフルで、短い焦点距離でも充分に迫力ある作品に仕上げられます。今回は180mm F2.8望遠レンズをSWAT-310に搭載してのノータッチ撮影。当日は透明度がとても悪かったそうですが、画像処理でカバーして、淡い星雲を見事に描出しました。アンタレス付近は南中高度が低く、なかなか好条件で撮影できるチャンスが少なく、梅雨入り前までの透明度のよい日が狙い目です。ご投稿ありがとうございました。次回作もお待ちしております。

2019年4月11日 (木)

さそり座上部。

東京都八王子市の関原謙介様より、「さそり座上部」をお送りいただきましたのでご紹介します。
 
Sasori
●さそり座上部
2019年4月2日~3日 Samyang 135mm F2.0 ED,F2.8(4/2)、F4(4/3) オプトロン・クリアスカイフィルター使用  ニコン D810A ISO3200 露出時間 90秒×29枚 80秒×86枚コンポジット トータル露光時間158分 SWAT-350によるノータッチ追尾 PixInsightで加算処理 ステライメージ8 Nikon Captute2による追加の画像調整処理 撮影地 静岡県松崎町
 
■コメント
先週は天候に恵まれて星空の撮影を楽しまれた方も多かったと思います。4月2日と3日の2日間かけて撮影したさそり座上部です。撮影場所は南側が木立で遮られるため、露出時間を確保できず苦肉の策です。2日と3日で撮影条件(絞り値)が若干異なるのですが、かまわず加算処理をしてみました。4月3日は西伊豆ではめったにない「風のない晴天」でしたが、気温は氷点下3度まで下がりました。
 
■係より
ご投稿ありがとうございます。今回は美しい色彩のさそり座上部をSWAT-350ノータッチ追尾で狙っていただきました。カラフルなアンタレス周辺を中央付近に配し、上部に青い馬星雲、左に暗黒帯、右に淡いHα領域とフルサイズ135mmの画角全面に星雲が広がっています。いつもながらですが関原さんお得意のナチュラルな仕上げは好感が持てます。サムヤンレンズもなかなかシャープで切れ味がいいですね。これから、夏の天体が撮影好機を迎えます。撮影されましたら、ぜひまたお送りください。お待ちしております。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー