« 2WAY傾斜ウェッジ、1月22日発売。 | トップページ | SWAT-200メタリックカラー、新発売。 »

2013年1月23日 (水)

テーパーシステム、ユーザーレポート。

今回は京都にお住まいのKS様からのレポートをご紹介します。SWAT-200にテーパーキャッチャーとテーパーアダプターを組み合わせて、より機能的になりました。
Befor1 テーパーシステムを導入する前の状態。

After1 テーパーキャッチャーとテーパーアダプターを導入後。よりスッキリと洗練されたスタイルになりました。

■K.S様(京都府)のレポート
 私の使用環境ですが、三脚はSLIKのザ・プロフェッショナル4Nを使用しています。この三脚の水平出しにはSUNWAYFOTOレベリングプレートLP-76を用い、FeisolPB-70 Panning Baseで水平軸の360度回転をカバーしています。この上にManfrotto 338 レベリングベースを取り付け、極軸合わせの微調整をします。移動時には上記の三脚ベースとSWAT-200、SWATに載せるカメラや望遠鏡を別々に運んだほうが機材や身体に負担が少ないので、テーパーキャッチャーとテーパーアダプターが発売される前には、手持ちのアリガタとアリミゾでシステムを組んでいました。強度や使い勝手に特に問題はなかったのですが、SWAT本体にテーパーのついた台座がある点と取り付けてあるアリガタがその形状ゆえ少々邪魔で した。またアリミゾ/アリガタで余分な重量増になるのも気に入りませんでした。
 今回この部分をテーパーキャッチャーとテーパーアダプターに置き換え、システムを組み直したところ、それぞれを固定したものに比べ最小限の重量増でたいへん具合のよい構成になりました。試しに購入したセット以外に追加で2セット購入しました。
 三脚ベースは不要な出っ張りが無くなり、持ち運びやすい形状になりました。SWAT本体も余分な付属物無しになり、その台座を有効に使えます。SWATに載せる改造KDS経緯台にテーパーアダプターを取り付けましたので、SWATなしで単独の経緯台としての使用や、別のテーパーアダプ ターを取り付けた機材への載せ替えも容易になりました。また、他のもっと軽量な三脚にテーパーキャッチャーを取り付けて旅行用に使う予定です。
 テーパーキャッチャーとテーパーアダプターはアリミゾ/アリガタと違い、結合部分で回転もできるので使い勝手は上だと思います。工作精度も素晴ら しく強度も十分(推奨荷重はアナウンスされていませんが、私の使用環境はMAX6kg程度)あると思います。
よい製品をありがとうございました。

■係より
 このたびは詳細なレポートをお送りいただきまして、誠にありがとうございました。テーパーキャッチャーとテーパーアダプターは、機器を簡単に、しかもガッチリと固定できる便利なパーツです。単純な構造で軽量ですし、ユーザー様のアイデアで、さまざまな使い方が可能です。KS様は、すでに使いこなしていただけてビックリですが、これからも大いに活用してください。

http://www.unitec.jp.net/

« 2WAY傾斜ウェッジ、1月22日発売。 | トップページ | SWAT-200メタリックカラー、新発売。 »

レポート」カテゴリの記事