« 胎内星まつりは明日から… | トップページ | 特注テーパーキャッチャー延長筒 »

2015年8月23日 (日)

胎内星まつり2015に参加しました。

02_3

毎年恒例の「胎内星まつり2015」に参加してきました。 ユニテックブースには、SWAT-350+ボーグ71FLセット、SWAT-200、SWAT-mini、そして豊富なオプションパーツ群の一部をずらりと展示しました。しかし、残念なことに初日はずっと小雨が降り続き、二日目の昨日もどん曇りの生憎な天気。それでも、たくさんの熱心な天文ファンが押しかけてくれて、楽しい歓談のひとときを過ごしました。
 

03

04

12_2

メインの展示は、私が日頃から愛用してるSWAT-350とボーグ71FLのセット。このブログの作例もこの組み合わせで撮影していることが多いですが、そのフローライトのシャープな見え味に、ご来場の皆さまもビックリされてました。色収差をまったく感じない、ヌケの良い見え味です。
 

05

パーツ群では、アルカスイス規格に対応した部分微動ユニットを参考出品致しました。テーパーキャッチャー、アルカスイス規格対応の粗動回転付キャッチャー、アルカスイス規格のキャッチャー付きの3種類を展示しました。そのほか、シンプルフォークDXとして、T型カメラネジを粗動回転付アルカスイスキャッチャーに置き換えた製品を展示しました。いずれも、まもなく発売予定です。
 

06

SWATユーザーのHUQさんがフル参戦してくれました。どうもありがとうございました。HUQさんは、SWAT-350とSWAT-200を所有されてますが、今回はSWAT-200の出品です。非常にしっかりした小型三脚に特注の方位微動を介してSWAT-200を搭載。さらにアルカスイス規格のパーツ群を組み合わせて、独自のフォークユニットを作り上げています。
 

07

HUQさんのこのシステムに天文ガイド編集長、片岡さんの目が釘付け! カメラマンさんもいろんな角度から撮影してました。どうやら、天ガ誌上に掲載されるかもです…。そんなこんなで、見ての通りの厚い雲に覆われたまま、夜を迎えました…。
 

09

二日目の夜。幸い雨は降ってませんから、お客様も集まりだして、お祭りらしい賑やかさが感じられ始めました。
 

08

とその時、なんと雲間から月と土星が顔を出してくれました! 早速、SWAT-350+ボーグ71FLセットの出番です。ポタ赤ならではの、素早いセッティングで、月と土星を導入。見えていたのは、わずか10分くらいでしたが、数名の方に楽しんでいただけました。
 

10_2

昭和機械さんのブースに展示された17.5cm双眼望遠鏡には長蛇の列。星まつりらしくなってきましたが、まもなく雲に隠れてしまいました。残念…

あとは、SWATを取り扱っている販売店さんやメーカーさんのご紹介を少々。

Photo

2

まずは、天文機材の販売ではダントツ1位の協栄産業さん。東京店の蔦谷さんと岡村さんにご登場いただきました。SWAT製品も胎内限定特価にてドドーンと販売! 気合いの入ったPOPも作ってくださり、ありがとうございます。初日は大阪店の阪部さんも駆けつけてくださいました。東京店、大阪店の店頭には、部品を含めたほとんどのSWAT製品を展示していただいてます。SWAT製品のご相談は、ぜひ協栄産業さんへどうぞ。
 

Photo_2

そして、和気あいあいとしたスカイバードさん。SWAT当初からの取り扱い店で、いろいろご協力いただいております。アットホームな雰囲気のスカイバードさんには多くのファンがいらっしゃいます。スカイバードさんの店頭には、人気の高いSWAT-200とパーツ類が展示してあります。お近くの方は、ぜひ店頭でお確かめください。これからもよろしくお願いします。
 

Photo_3

こちらは京都から参加の国際光器の代表、グーリーさんです。私とグーリーさんも長い付き合いで、かれこれ30年ちかくになると思いますが、相変わらず素敵な笑顔です。国際光器さんでもSWATを取り扱っています。京都のお店にはSWAT-350がオプション付きで展示してありますので、お近くの方はぜひ店頭で実物をご確認ください。
 

1

Photo_5

元天文ガイドの名物編集長、高槻幸弘さんが代表をしている(株)輝星のブランドSB工房からはジルバ170が登場です。格好や仕上げにこだわらずに機能と性能最優先で作った自信作。ピリオディックモーション±4~5″を本当に実現しています。輝星が作っていた頃のTOASTやTOAST-Proも彼の設計になります。編集の仕事をしていましたが、もともと大学では機械工学を学んだ理系人間です。(笑)
 

1_2

2_2

SWATの極望を供給していただいてるビクセンさんです。カラフルな高級アイピースやR-200SS用のF3.8コマコレクターなどを展示されてました。左の方が開発担当の傳甫(でんぽ)さん。右のお方がビクセンの役員でもある伊藤さん。昼間から赤い顔をしてますが、決して日本酒を飲んでいるわけではありません。赤いテントの下にいたからです。たぶん。(笑)
 

Photo_6

興和さん。人気のフローライト製品を展示。
 

Photo_7

高橋製作所さん。極太130mm屈折がすごい。
 

Photo_8

昭和機械さん、なんといっても17.5cm屈折双眼望遠鏡が圧巻でした。晴れていたら、じっくり見てみたいです。
 

Photo_9

アストロアーツさんでは、ステライメージ7が胎内特価で販売されていたので、つい買っちゃいました。そのほかにも多くのメーカーさんや販売店さんが出店されてましたが、詳しくは天文ガイド誌上でご覧ください。

今年の胎内星まつりも盛況のうちに無事終了しました。
ご来場いただいた皆さま、どうもありがとうございました。
スタッフの皆さま、お疲れさまでした。

ユニテックは。来年もパワーアップして参加予定です。
ぜひ、またお会いしましょう。

http://www.unitec.jp.net/

« 胎内星まつりは明日から… | トップページ | 特注テーパーキャッチャー延長筒 »

イベント」カテゴリの記事