« 梅雨の晴れ間に出撃、パート3。 | トップページ | シンブルフォークユニット2/DX、7月25日発売。 »

2016年7月11日 (月)

月齢7.0。

4008n10

■撮影データ 2016年7月11日20時26分~ ボーグ 90FL+ボーグ1.4×テレコン+ケンコー3×テレプラス (合成焦点距離/2100mm F23.3) キヤノン EOS 6D ISO400 1/8秒×10枚 RegiStax6でスタック Photoshopで画像処理 SWAT-350にて自動追尾 撮影地 東京都目黒区
 
3ヶ月ぶりに月面を撮影してみました。薄雲が広がり透明度が低く、赤っぽい月です。シーイングは常に揺らいでいる感じでイマイチですが、冬のような小刻みにチラチラする感じではなく、大きめの揺らぎなので、それなりに写せると判断して撮影を敢行しました。半月の露出は透明度が良ければ、この光学系の組み合わせなら、ISO400で普段1/25秒くらいなんですが、今日は透明度が悪いため1/8秒とおよそ3倍の露出をかけて適正でした。
梅雨明けが近づいています。梅雨明け直後に太平洋高気圧が張り出して、夏の晴天が続くときは、シーイングが良好なことが多いです。月や惑星を高倍率で狙うのに絶好です。ぜひ好条件で撮影してみてください。
 Photo
気象庁ホームページより転載、11日午後6時の天気図。
 
http://www.unitec.jp.net/

« 梅雨の晴れ間に出撃、パート3。 | トップページ | シンブルフォークユニット2/DX、7月25日発売。 »

天体写真」カテゴリの記事