« お気軽ノータッチによるアンドロメダ銀河。 | トップページ | SWAT-350生産状況。 »

2017年6月17日 (土)

M20三裂星雲周辺。

M20

●M20三裂星雲周辺
2017年6月16日22時3分~ ボーグ107FL+フラットナー1.08×合成焦点距離648mm F6.1 IDAS HEUIB-IIフィルター キヤノン EOS 6D(SEO SP-4改造) ISO3200 120秒露出×12枚コンポジット SWAT-350 M-GEMで一軸オートガイド ステライメージ7 Photoshopで画像処理 千葉県鋸南町
 
昨夜の房総半島は月の出までのわずかな時間ですが、GPV予報は快晴でした。梅雨の貴重な晴れ間なので、M20三裂星雲だけに絞って撮影に出かけました。東京を19時頃に出発して、現地入りしたのが20時半。予報通りの快晴です。撮影対象がある程度の高さに昇るまでには、まだ時間があるので、のんびりセッティングしてました。星雲を導入して構図を決め、いざ撮影という段階で、それまでの無風状態が一転、強めの風が吹き始めました。そのまま試写しましたが、オートガイドの設定値が合わず、ハンチングを起こします。無風状態のパラメータだとシンチレーションによるガイド星の揺らぎで暴れるようです。露出時間を500msから800msまで延ばしたところ安定しました。時間の経過とともに、風は強くなる一方です。当初、ISO1600で4分露出を予定していましたが、撮影中に強風に煽られてボツ画像を量産しそうだったので、ISO3200まで感度を上げて2分露出としました。41枚撮影しましたが、綺麗な点像に撮れたのは7枚のみでした。ボツの中から、多少マシなのを5枚ほどピックアップして、合計12枚コンポジットで仕上げました。2分露出でここまでゴミ画像を量産するとは想定外でした。こんな時は思い切ってISO6400~12800まで上げて1分露出以内で撮りまくり、よい画像をピックアップする作戦が正解だったかもしれません。「下手な鉄砲式」で臨めば、風が弱まったときの画像は使えるからです。下に今回のベストとワーストを掲載します。
 Photo_2

まったく同じ条件で撮影した撮って出し(トーンカーブ調整のみ)ピクセル等倍画像です。風の影響でこれだけ違います。同じ光学系とは思えないほどですね。強風に煽られて星像が膨らむとともにバックラッシュの中で動いたようです。バックラッシュの影響を避けるために少しバランスを崩しているのですが、突風には敵いませんでした。このようなあまりに急な動きにはオートガイドも対応できません。

それでも何とか作品を仕上げられて遠征を無駄にしないですんだのはよかったです。作品に話を戻します。M20三裂星雲を狙ったにしては、ちょっと構図が中途半端でおかしいですよね。ちょっと理由がありまして、前回撮影したM8干潟星雲とモザイクするためにこんな構図になりました。あまり出来のよい作品ではありませんが、下に掲載します。
 M8m20

●M8干潟星雲とM20三裂星雲
PhotoshopのPhotomergeで2パネルモザイク合成。
 
http://www.unitec.jp.net/

« お気軽ノータッチによるアンドロメダ銀河。 | トップページ | SWAT-350生産状況。 »

天体写真」カテゴリの記事