« M1かに星雲。 | トップページ | V-specアップグレードの特価対応は1月末まで。 »

2019年12月24日 (火)

V-spec本格稼働、吉田隆行さん。

久しぶりのブログ更新です。V-specが予想外に反響があって、月産5台の予定を大幅に上回って、アップグレード改造と合わせると、すでに50台以上も作りました。在庫もなくなり、次回納品は1月中旬になりそうです。販売店さんに在庫があればラッキーです。ぜひゲットして、その高精度を味わってください。
さて、プロ天体写真家の吉田隆行さんはご自身のサイト「天体写真の世界」で、アマチュアにも役立つ情報を発信されています。星ナビにも連載ページを持つほか、協栄産業大阪店さんのページにも製品レビューを執筆されています。小型機から大型機、単焦点から長焦点まで、撮影から画像処理まで、あらゆる機材を使いこなして、すばらしい作品を生み出しています。その吉田さんのSWAT-350V-specが本格的に稼働し始めました。理由は簡単で、追尾精度が大幅に高まったことと、周辺パーツの剛性が向上したことで、プロが使っても安心だからです。メインの大型機材に神経をすり減らして集中している横で、V-specはノータッチで500mmクラスを正確にガイドします。プロのサブ機として認められたV-spec。これからの活躍が期待されます。ほかにもマルチ赤緯ブラケットが紹介されていますので、ぜひご覧いただければと思います。下の各項目をクリックしてください。
 
SWAT-350V-specの追尾精度
SWAT-350V-specに590mmを搭載して、アンドロメダ銀河を5分ノータッチで撮影したときのブログです。16枚撮影して12枚はガイド成功。流れたカットも掲載さていますが、そのままコンポジットしても問題ない?と思えるレベルです。 
Y04
 
ビクセンFL55SSで撮ったバーナードループ
ビクセンFL55SS+レデューサー(230mm)で撮ったバーナードループ。もちろんノータッチで3分16枚、全カット流れなし。作例画像も秀逸です。 
Y03
 
■SWAT-350 V-specのPEモーション
SWAT-350V-specのピリオディックモーションを実際に測定されています。約2周期分の測定は、荷重方向限定スペシャルモードの結果は、公称値±4.5″前後を上回る値が出ていました。
Y01
 
マルチ赤緯ブラケットを使用した撮影システム
好評発売中の「マルチ赤緯ブラケット」とビクセンFL55SSを組み合わせた撮影システムの紹介です。マルチ赤緯ブラケットは見た目は弱そうですが、12mm厚アルミプレートの実際の剛性は高く、エルポー式に伸ばしたプレートのおかげで使い勝手も抜群です。 
Y02
 
スタンダード仕様 → V-specへアップグレード改造、現在3月以降で受付中。
お手持ちのSWAT-350/310/300/300SにPECを搭載し、V-spec相当までアップグレードします。改造費49,000円(税別)。2020年1月末までのお申し込みにつきましては特価39,000円(税別)にて承ります。お申し込みはメールにてお願いします。タイトルを「V-spec改造」として、こちらからメールしてください。
※改造費には完全オーバーホール(15,000円)を含みます。完全オーバーホールは全パーツを分解し脱脂洗浄後に再組み立てします。オイルシールも打ち直します。(製造後およそ1年以内で使用頻度の低い個体についてはウォームホイールの脱脂洗浄は行わず、グリスアップで対応します。その場合でもウォームネジまわりは脱脂洗浄、軸受け交換、調整、再組み立てします) ※交換部品は駆動回路、ウォーム軸受け、その他、製造時期によりますが、ウォームホイール、ウォームネジを交換する場合がございます。 ※スタンダード仕様のV-spec改造につきましては、東側荷重時をやや重視した調整とさせていただきます。西側荷重時には東側より若干追尾精度が劣る場合がございます。 ※SWAT-300SをV-spec改造した場合、荷重方向限定モードをご使用になるには別売のリモコンが必要です。 ※基本的にお申し込み順に改造作業いたしますが、製品をお送りいただく時期につきましてはご相談とさせていただきます。 ※2020年1月末までにお申し込みいただければ、改造がそれ以後になっても特別価格で承ります。
   
https://www.unitec.jp.net/

« M1かに星雲。 | トップページ | V-specアップグレードの特価対応は1月末まで。 »

その他」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事