« 2021年4月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年5月

2021年5月25日 (火)

SWAT-330モニターレポート。

SWAT-330ユーザーのSH様よりモニターレポートを送りいただきましたのでご紹介します。ご購入の際の参考にしていただければと思います。
 
6_20210525091901
7_20210525091901
●さそり座 カラフルタウン
2021年3月14日 SWAT-330ノータッチガイド BORG71FL+レデューサー Canon EOS 6D-HKIR ISO4000、120秒×60コマ 下は撮影中に流星が飛び込んだ記念のひとコマです。
 
■SWAT-330モニターレポート
SWAT-330、想像以上に高性能で使いやすくとても満足しています。モニターレポートと言って良いかどうかのレベルかと思いますが、それらしいものを纏めましたので送らせていたきます。写真は初心者レベルのものですが、初めて追尾撮影に挑戦してみたい方々には参考になるかもしれません。

●第一印象
初めて現物を目にして、インターネットなどで眺めた画像から想像していたよりも、一回り大きく&そして重いことに驚きました。無垢削り出しならではの剛性感と高品質感に性能への期待も高まります。全体の質感が高い中で唯一気になるのがプラスチッキーな極軸クランプです。あと本体にテーパーアダプターを取り付ける際、金属同士が触れ合うので美しいSWATに傷がつかないかなと心配になり養生用のテープを貼り付けて使っています。飾りにもなりそうなほど、工業製品としての美しさを兼ね備えているのでそう思ってしまいます。(笑)

●操作系について
シンプルで誤操作の起きにくいものだと思います。欲を言えばスペシャルモード起動の方法が小さく記載されていれば久しぶりに使う時に思い出せるので良いのでは。(説明書を忘れて一瞬不安になったので。)

●電源に関して
乾電池ボックスが付属されていますが、現代主流の電源はモバイルバッテリーだと思うので、以前紹介されていた5V-USB→12V-昇圧電源コードが標準付属またはオプションだったら良いかも。また、本体背面にモバイルバッテリー用ホルダーなどのオプションが欲しいです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B08J2NN73P/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_6SG80CPXV5YWCW3S077T

●私のシステム構成について
ビクセンの APP-TL130三脚にアダプターを介して直付。極軸ターンテーブルにスコープテック製ゼロ経緯台を装着。フリーストップのフォーク式赤道儀として実戦投入してみました。耐荷重15kgということで観望用に大きめな望遠鏡を載せることもできますが、撮影には小さめな望遠鏡の方が、ゆとりがある分だけ安心や信頼性につながります。三脚の脚の長さで極軸の調整はできますがやりづらく、やはり極軸微動ユニットは必須アイテムだと感じました。ぜひ追加購入したいです。
今回極軸ターンテーブルの1/4カメラネジに3/8インチカメラネジアダプターを介してゼロ経緯台を取り付けましたが、たった一本の細いネジで経緯台&鏡筒&カメラを支えていると思うと、とても不安です。色々なアダプターを介するほど高さ方向のモーメント荷重が増えてしまうので、出来ればターンテーブルが簡単に脱着できて取り付けネジが1/4インチと3/8インチを付け替えられるようになっていると嬉しいです。

●実際に使用して
今回は焦点距離265mmの直焦点ということでもちろん東側偏荷重スペシャルモードの使用です。剛性感があるので、構図の決定やピントの調整などもやりやすいです。追尾精度に関しては、添付のさそり座一枚もの写真にあるように星はほぼ点像でガイドエラーの確率も少なく、ノータッチ撮影に十分な精度を有していると思います。
 
1_20210525091901
●SWAT330の存在意義
初めて手にする高性能ポータブル赤道儀ということであれば、性能&満足度の観点から、無理してでもSWAT-350、出来ればV-specが欲しいと思います。今までいろいろなポータブル赤道儀を使ってきました。(ナノトラッカー、初代ポラリエ、初代ポラリエ+テレスコ工作工房EQ3、スカイメモT、スカイメモNS、Jilva-170)それぞれに、軽くて小さいけど耐久性&信頼性が無かったり、充分に頑丈だけれど形状が使いづらかったり&極軸微動雲台周りの強度が不足したり、ハイテクだけれど機械的工作精度の悪さを感じたり、古くて頑丈で重かったりなど... 一長一短がありました。その中でJilva170をドイツ式へ改造し、極軸にはポールマスター、SWATのリモートコントローラーを使って赤経オートガイドなど、考えられるいろいろな改良を行いましたが、三脚や各軸等のたわみや大気差、極軸設定のズレなどにより高精度追尾をする究極的手段は2軸オートガイドとの結論に至り、SS-Oneで2軸駆動改造して使っていました。ふと、気づいたこと…、それでは普通の赤道儀と何ら変わらないかも(笑)また、パソコンも必要でフィッティング調整にかなりの手間暇がかかります。
そこで〜 SWAT-330! オートガイドをするには当然、星が出ている必要があり、昨今の地球温暖化による曇りがちの天気では常にオートガイドができるというものでもありません。であるならば、2分程度の短時間露光&多枚数コンポジットを前提に必要十分な精度の赤道儀でノータッチ放置ガイド撮影をして、出来たゆとり時間にのんびりと星空を楽しみたい。或いは星景写真にも取り組めます。
そういった観点で捉えれば、強度と耐荷重が高く、必要にして十分なノーマルモードでの追尾精度といざという時には東側偏心荷重スペシャルモードを備えた SWAT-330は「価格と性能のバランスが取れたとても良い選択肢」であると感じています。

どっぷり浸かって本気の撮影も楽しいですが、「のんびりお気軽に美しい星空写真撮影&リアル星見」。多様化の時代、そんなスタンスで楽しめるポータブル赤道儀としてオススメです。
 
2_20210525091901
●おとめ座銀河団
2021年2月14日 SWAT-330ノータッチガイド BORG71FL+レデューサー Canon EOS 6D-HKIR ISO1600、120秒×16コマ
 
3_20210525091901
●オリオン座 中心部
2021年2月14日 SWAT-330ノータッチガイド BORG71FL+レデューサー Canon EOS 6D-HKIR ISO1600、120秒×16コマ

●参考写真について
撮影した写真の編集になかなか時間をかけられないので、フラットやダーク、サブスクリプションの Lightroom を使わない「簡単手抜き処理」をテーマに画像編集を行っています。具体的にはsequatorでコンポジットの後、スマホのアプリPhotoshop & Lightroom の無料で使用できる機能の範囲で編集しています。ちょっと昔の天体写真みたいで、インスタ映えするような派手さはないですが...(笑) 画像処理も「時間を掛けず、お金も掛けず、お気軽に!」がテーマです。
 
5_20210525091901
春の天の川とホワイトデー大火球
2021年3月14日 SONY α7c 固定撮影 名匠光学 11 mm f3.5位 ISO5000、20秒×30コマ
ボーグ71FL+SWAT-330でさそり座カラフルタウンをノータッチ撮影中に飛び込んできた流星は、広角固定撮影でも捉えていました。
 
■係より
このたびは、SWAT-330のモニターレポートお送りいただきまして、ありがとうございました。SWAT-330は性能的に充分ご満足いただけるレベルを確保して、価格をできる限り抑えたSWATのエントリークラスに位置するモデルです。必要に応じて上級機と同等性能へのアップグレード改造も可能にしています。今回のレポートでもスペシャルモード(東側偏荷重限定で±6.5″)を駆使してボーグ71FL+レデューサー(焦点距離265mm)の直焦点をノータッチ追尾で2分露出されていますが、ほとんどロスもなく上出来だったとのことです。レポートにもありますが、現行のSWATシリーズはすべてアルミ削り出し筐体に大型ベアリグを複数採用してるので、本体重量が2.5kg近くにもなってしまいます。気軽にカバンに入れてというわけにはいかないですが、重さも性能のうちということで、たいへん心苦しいですが辛抱していただければと思います。また撮影されましたら、作例コーナー用にぜひお送りください。お待ちしております。
 
https://www.unitec.jp.net/

2021年5月10日 (月)

SWAT-350V-spec Premiumノータッチ追尾テスト。

No_touch_test
神奈川県にお住いの丹羽雅彦様から、SWAT-350V-spec Premiumのノータッチ追尾テスト結果をお送りいただきました。
撮影システムは焦点距離288mmのレンズに、センサーのピッチサイズが2.315μmのCMOSカメラ。1ピクセルの画角が1.66″です。この画角は、キヤノン EOS 6Dだと焦点距離およそ800mmの超望遠レンズで撮影したことに相当します。上の実写画像はノータッチで撮影したもので、上段左が180秒露出、右が300秒露出、左右が赤経方向です。180秒では、ほぼパーフェクトな追尾ですが、300秒だと若干楕円になりました。これだけカメラが高画素化して、レンズも高解像になってくると「焦点距離〇〇mmまでノータッチ可能」というようなこれまで表現では、不都合が生じてきますね。EOS 6Dなら300秒露出でも点像だっと思います。画像下はPHD2のガイドグラフです。赤経の振れ(ピリオディックモーション)は±2″程度で、Premiumの公称値±2.8″前後を軽くクリアしています。ちなみにPモーション±2″だと、4秒角のズレですから、この撮影システムだと、計算上、SWAT-350のウォームギア一周期(約7分)で3ピクセルほどのズレになります。1ピクセルも流さない撮影はなかなか難しいですが、Premiumの性能を使いこなして、素晴らしい写真をものにしていただけると、開発者としてはこの上もない喜びです。
 
●SWAT-350/310のPremium改造特価20%OFF(2021年5月末までのお申込み)
SWAT-350/330/310(V-Spec/スタンダード)をPremium相当にアップグレードする改造は、2021年5月末までのお申込みに限り、特価20%引きにて承ります。ご予約のお申し込みはメールにてお申し込みください。メールはタイトルを「Premium改造」としたうえで、こちらからお願いします。
●SWAT-350/310V-Spec(V-spec改造含む) 48,000円(税込52,800円)→ 38,400円(税込42,240円)
●SWAT-350/310スタンダード 90,000円(税込99,000円)→ 72,000円(税込79,200円)
●SWAT-330 110,000円(税込121,000円)→ 88,000円(税込96,800円)
※V-spec(V-spec改造含む)からのPremiumアップグレード改造の追尾精度は、スペシャルモードは東西いずれの偏荷重とも±2.8″前後ですが、ノーマルモードは改造前と同じか若干良くなる程度です。
※スタンダードからのPremiumアップグレード改造の追尾精度は、スペシャルモードは東西いずれの偏荷重とも±2.8″前後、ノーマルモードは東側偏荷重が±5.5″前後、西側偏荷重が±6.5″前後です。
※南半球回転につきましては、スペシャルモードが±4.5″前後、ノーマルが±6″前後です。
※側面パネルのロゴカラーはホワイトになります。
※追加モードのセレクタスイッチパネル表示はシール貼付です。
 
https://www.unitec.jp.net/

« 2021年4月 | トップページ | 2021年8月 »