« シグマ105mm F1.4 Artで撮るさそり座尾部。 | トップページ | シグマ 105mm Artで撮るバンビの横顔付近。 »

2022年6月13日 (月)

300mmノータッチ追尾によるさそり座のカラフルタウン。

Photo_20220613083301
●アンタレス周辺
2022年5月29日22時34分~/2019年3月9日02時08分~/2018年5月10日23時32分~ シグマ APO 300mm F2.8  絞り開放 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 120秒露出×130枚 ISO3200 60秒露出×145枚+短時間露光をHDR合成 Photoshopで画像処理 SWAT-350V-specによるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
  
さそり座の一等星アンタレス付近はいつの頃からは知らないですが、「カラフルタウン」と呼ばれるようになりました。その名の通り、赤、黄、青のとても美しい星雲と暗黒帯、おまけに巨大球状星団のM4と、いくつもの天体が構図いっぱいにひろがり、まるでネオン街のような感じです。画像は毎年少しずつ撮影枚数を稼いで、トータルの総露出は6時間45分となりました。最初の頃の作例(総露出約3時間)と比べると淡い部分の描出が優れていることがわかります。同じ対象(構図)を同じ光学系で撮り増していけば、楽な加算合成で画質の向上が見込めます。このように少しずつ画質を高めていく楽しみができるのもデジタルの恩恵ですね。SWAT-350なら300mmクラスのノータッチ撮影が可能です。オートガイドの煩わしさから解放されて、星空を楽しみながらのお気軽な撮影でも、高品位な天体写真をものにできます。
 
https://www.unitec.jp.net/

« シグマ105mm F1.4 Artで撮るさそり座尾部。 | トップページ | シグマ 105mm Artで撮るバンビの横顔付近。 »

天体写真」カテゴリの記事