新製品

2020年10月17日 (土)

V-spec Premiun 開発中。

 Special_20200904161401
赤道儀の性能を表す指標のひとつが追尾精度(ピリオディックモーション)で、誤差が角度で表されます。ユニテックではSWATをシリーズ発売当初より、このピリオディックモーションに徹底的にこだわりをもって開発に取り組んできました。2013年に発売したSWAT-300/350は±7″前後という超高精度を保証して評価をいただいてますが、昨年、さらに高性能なV-specを発売して、ポータブル赤道儀としては孤高の±4.5″(スペシャルモード)を実現。上級天文ファンも驚く高性能で評価を高めています。ユニテックではさらなる高みを目指して技術開発を続け、この秋、驚愕の追尾精度±2.5″(スペシャルモード)を達成することに成功しました。

上の画像は開発中の2台の「V-spec Premium」のピリオディックモーションを測定したものです。焦点距離1200mmで2周期ちょっと(約15分間)撮影しています。一周期(約7分)がわかりやすいように階段状に撮影しました。測定結果(Pモーション)はなんと±2″前後! 驚異的な追尾精度となりまた。この精度は市販赤道儀で最高クラスの追尾精度になります。画像の通り、1200mmで撮影しても赤経方向(写真の上下方向)の動きはわずかですから、一周期(約7分間)の露出でもほとんど流れないことを表しています。2周期目も直線ですからつなげて考えるともっと露出しても流れはわずかです。実際には、極軸の設置精度や大気差によるズレ、搭載機材の撓みなどで流れてしまいますが、500mmクラスで5分露出程度までは充分に使える精度と思います。
基本的な技術開発は終了しており、これから社内試作機で実証試験やβユーザー様やモニターユーサー様によるテストで検証して、問題がなければ来年中には発売できる見込みです。ただし、ものすごく手間がかかるので、生産台数は月数台が精一杯です。受注生産のような形を取らざるを得ないかもしれません。 どうぞご期待ください!
 
1_20201017222001
上はV-spec Premiumのテストをお願いしている吉田様のブログです。初回撮影は無事にうまくいったようです。ブログには焦点距離500mmで5分間ノータッチ追尾したM31アンドロメダ銀河が掲載されていますので、ぜひこちらをご覧ください。高精細なニコンD810Aで撮影されたピクセル等倍画像も掲載されています。完璧な追尾です。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年10月11日 (日)

AS回転ユニット、新発売。

As As_20201010101001
アルカスイスレールに対応したキャッチャー付きの粗動回転ユニットです。取付は3/8インチカメラ太ネジ、太ネジアダプターで1/4インチカメラネジに対応。付属のアダプターによって、アルカスイスキャッチャーにも適合します。強度的に広角から200mm望遠程度までがお勧めです。外径には2°刻みの目盛りが刻まれていますので、赤緯用として便利です。

※中国製に付き、目盛りの間隔が一定ではありません。正確性が求められる場合はご注意ください。。
※付属のアルカスイスキャッチャーに勘合するアダプターをご使用の場合、抜け止め機構がありませんので、誤ってクランプを緩めると機材が落下する恐れがございます。充分にご注意ください。取付はカメラネジがお勧めです。

■AS回転ユニット 10月20日新発売
ステンレス製太ネジアダプター付き
希望小売価格 5,800円 (税別)
※中国製につき、小傷がございます。
※直径60mm(クランプ部除く)、重さ約198g

1_20201008224401
前回ブログに掲載したが画像ですが、2軸目と3軸目にAS回転ユニットを使用しています。このような3軸撮影システムもアルカスイスレールとAS回転ユニットを使えば、いとも簡単に構築できますので、ぜひお役立てください。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年10月 9日 (金)

アルカスイスレール、新発売。

L_20201009085601
●アルカスイスレールL
 

S_20201009085601
●アルカスイスレールS
 
As_20201009085601
●AS補強ブラケット
 
シンプルフォークDX2に使用しているアルカスイス互換レールを単品販売いたします。贅沢な12mm厚のアルミ無垢材から削り出していますので、組み合わせて使用しても充分な剛性を確保できます。
 
■アルカスイスレールL 10月20日新発売
12mm厚アルミ合金削り出し、1/4インチカメラネジ2本付
希望小売価格 5,800円 (税別)
※中国製につき、小傷がございます。
※長さ200mm、幅38mm、厚み12mm、重さ約214g。

12mm厚のアルミ無垢材から削り出した長さ200mmの高剛性アルカスイス互換レールです。その強度はシンプルフォークDX2で実証済みです。下の組み合わせ参考画像のようにレールをL字型に組んで、3軸構成のシステムも簡単に構築できます。アリミゾレール2にも直付けで取り付けることもできます。35mm間隔で配された複数のM6ねじ穴や付属の1/4インチカメラネジ用の長穴も用意されていますので、テーパーキャッチャーはじめ、アルカスイスキャッチャー、カメラネジ対応の機材も自在に搭載可能です。付属の1/4インチカメラネジは一般的な5mmの六角レンチ対応です。
 
■アルカスイスレールS 10月20日新発売
12mm厚アルミ合金削り出し
希望小売価格 2,800円 (税別)
※中国製につき、小傷がございます。
※長さ112mm、幅38mm、厚み12mm、重さ約112g。

アルカスイスレールLと組み合わせてL字型を構築するためレールです。アルカスイスキャッチャーに勘合する側面の溝とSWATのターンテーブルに直接ネジ止めするためのザグリ穴があります。このプレートは接続用で機材の搭載はできません。
 
■AS補強ブラケット 10月20日新発売
希望小売価格 2,800円 (税別)
※中国製につき、小傷がございます。
※長さ30mm、幅37.5mm、厚み5mm、重さ約26g。

アルカスイスレールLやアルカスイスレールSをL字型に組み合わせるときに使用する5mm厚の補強用ブラケットです。剛性が一段とアップし、撓みにくくなります。

As_20201008224401
1_20201008224401
2_20201008224401
3_20201008224401
参考画像のシステム構築例は、アルカスイスレールとAS回転ユニットを使用して3軸にしたものです。カウンターウェイトを取り付け、機材のバランスを調整することで、操作性を高めています。3軸撮影の例として、3軸目の回転軸を天の川の極の方向(かみのけ座)に向けると、天の川のパノラマモザイク作品を効率よく撮影することができて便利です。こういった、広角から中望遠程度までのモザイク撮影にうってつけのシステムを簡単に構築できます。
一番下の画像は、アリミゾレール2にアルカスイスレールLを直接ネジ止めした一例です。アルカスイスキャッチャーに比べてより頑強に固定できるアリミゾキャッチャーが使えるため、一段と剛性がアップするほか、スライド幅に余裕があるのでバランス調整にも有利です。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年10月 5日 (月)

シンプルフォークDX2、新発売。

Dx21
シンプルフォークDX2は、従来のシンプルフォークDXの機能を継承した軽量で扱いやすい赤緯ユニットです。板厚はこれまでの8mmから50%増した12mm無垢材を使用。高い剛性を確保し、さらにアーム部を延長して、使い勝手を大幅に向上させました。赤緯回転部にはアルカスイス準拠のキャッチャーを備えた粗動回転ユニットを装備しています。アルカスイス互換のL型カメラブラケットを使用すれば、縦構図と横構図を切り替えることができます。目盛りは赤緯体として使いやすい2°刻みですので、赤経目盛環と合わせた天体導入もスムーズです。シンプルフォークDX2は、焦点距離200mm程度のまでの望遠レンズでのご利用に最適です。

シンプルフォークユニットDX2は、アルカスイスキャッチャーにワンタッチで簡単に取り付けできます。付属のM6キャップボルトを使えば、SWATのターンテーブルに直接取り付けることもできます。その他、アーム部分に、35mm間隔のM6ねじ穴を5箇所開けてあります。カウンターウェイトやテーパーキャッチャー、アルカスイスキャッチャーなどを取り付けて、便利にお使いいただけます。さらにアルカスイス互換のレール溝が設けてありますので、他社製互換パーツもご使用いただけます。
このように ユーザー様のアイデア次第で、様々な用途に対応できます。なお、フォーク式はカメラのファインダーがのぞきにくい天空が生じるので、カメラはバリアングル液晶を備えたカメラボディがお勧めです。 使いこなしは、ユーザーのみなさまのアイデア次第です。ぜひご活用ください。

■シンプルフォークDX2 10月15日新発売
中国製アルカスイス準拠粗動回転機構、70mmレール付き
希望小売価格 17,000円 (税別)
※高さ230mm、幅70mm、重さ約623g。
※中国製につき、小傷がございます。
 
Dx22
Dx23
Dx24
Dx25 
上のサンプル画像は重量級のシグマ135mm F1.8 Art/シグマ 105mm F1.4 Artを搭載しています。カウンターウェイトを使用することで、重量級望遠レンズでも安定した操作が可能です。アーム部に装着したキャッチャー類は、取付の参考のためです。また上部の回転ユニット以外はオプションです。なお、シンプルフォークDX2に使わていれる12mm厚無垢材削り出しアルカスイス互換レールも近日中に単品販売の予定です。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年10月 3日 (土)

アリミゾレール2、新発売。

21
アリミゾレール2は従来のアリミゾレールを一回り大きくし、板厚も12mmと厚くなって、より強化された仕様になりました。従来通り、アリミゾキャッチャーでワンタッチ取り付けできるほか、ザグリ穴で直接ターンテーブルに固定することもできます。

機材の取り付けについては、回しやすいピンハンドル付きのカメラネジが2本付属しますので、雲台やカメラの固定に便利にお使いいただけます。ネジ穴は、35mm間隔でM8とM6を複数ご用意しました。 画像のように横面にも35mm間隔のM6が開けてあります。これらをご利用いただくことで、テーパーキャッチャーやアルカスイスキャッチャーなどを自由に配置して便利にお使いいただけます。キャッチャー類には、テーパーアダプター、回転ユニット、アルカスイス互換のレール類など、様々なパーツが装着できます。 使いこなしは、ユーザーのみなさまのアイデア次第です。ぜひご活用ください。

■アリミゾレール2 10月10日新発売
ピンハンドル付きT型カメラネジ2本付
希望小売価格 9,800円(税別)
※サイズ240×50×12(mm)、重さ約356g。
※中国製につき、小傷がございます。
 
22
23
24
25 
画像の通り、組み合わせはさまざまです。ユーザー様が使いやすいように自由な発送でご活用ください。アルカスイス互換の新型シンプルフォークDX2(近日発売予定)との親和性も高く、アルカスイスキャッチャーのほか、キャップボルトでも直接固定できます。シンプルフォークDX2に使われるアルカスイス互換のレール類も、12mm厚のアルミ材を削り出したもので、剛性は抜群。これらのレールや補強ブラケットも別売を予定していますので、ぜひご利用ください。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年8月10日 (月)

2軸対応リモコン、RC-02新発売。

Rc02

2_20200808222601  
2軸オートガイド撮影に対応するリモートコントローラーRC-02を発売します。リモコンの接続は付属の専用ケーブルで赤経赤緯各本体のリモート端子とリモコンのインプット端子を繋ぐだけで完了。サイズは122×60×28(mm)の握りやすい形状です。パネル上には赤経赤緯で独立した速度切り替えスイッチにより、赤経は「ノーマル」モードの2倍速/停止、「ハイスピード」モードの順行16倍速/逆行16倍速、赤緯は「ノーマル」モードの恒星時で南/北、「ハイスピード」モードの南北各16倍速をお手元で切り替えられるので、目的天体の視野中心への導入や構図の変更などに役立ちます。また、SWAT-350の追尾性能を極限まで高めるオートガイダー用モジュラー端子も装備しています。このモジュラー端子は、世界標準SBIG社ST-4タイプを採用しています。
 
■2軸対応リモコン RC-02 8月12日新発売
専用4極ケーブル2本付き
希望小売価格 12,000円(税別)

※一軸でのご利用にも対応します。
※ケーブルのジャックは根元までしっかり差し込んでください。
※リモコン装着時の本体プッシュスイッチの動作はリモコンの速度切り替えスイッチに準じます。ノーマルだと、本体スイッチも2倍速/停止になりますので、ご注意ください。
※オートガイダー使用時は必ず「ノーマル」モードでご使用ください。
  
https://www.unitec.jp.net/

2020年8月 8日 (土)

赤緯(DEC)対応SWAT-350新発売。

Decimege2
2_20200808170301
超高性能ポータブル赤道儀SWAT-350に赤緯(DEC)モードが追加されます。上の写真のようにマルチ赤緯ブラケットで2台のSWAT-350を組み合わせることで、簡単に2軸赤道儀にアップグレードできます。一軸よりも精密なオートガイド追尾や多枚数コンポジット時のノイズを大幅に抑えるディザリング撮影が可能です。一軸2台体制で使うもよし、2軸で究極を目指すのもよし、2台のSWAT-350を使いこなすのは、あなた次第です。

SWAT-350V-spec DEC対応 価格162,000円(税別)
SWAT-350 DEC対応 価格129,000円(税別)
※SWAT-350V-specはすべて赤緯(DEC)モード搭載になります。
※SWAT-350はDECなしの仕様(税別価格125,000円)も併売しますが、部材がなくなり次第DEC機能付きのみとなります。

赤緯(DEC)モード追加改造について
SWAT-350(V-spec含む)にDEC機能を追加するサービスを承ります。改造費は以下の通りです。お申し込みは、タイトルを「DEC改造」としてメールでお願いします。ユニテックWEBサイト、トップページ右上のお問合せからも送れます。
(1)SWAT-350(2018年後期モデル~)/ SWAT-350V-spec 9,000円(税別)
(2)SWAT-350(2013年~2018年前期モデル) 21,000円(税別)
※2013~2018年前期モデルは、側面パネルのモードLEDが四角です。2018年後期モデルからは、モードLEDが丸いです。
※(1)はセレクタスイッチおよび基板交換、DEC対応プログラムに書き換え。(2)は(1)に加えて駆動回路自体も交換します。
※フロントパネルは流用しますので、 DECポジション表示(印刷)はありません。セレクタスイッチを「0.5×」よりさらに右に回した位置になります。
※DEC改造には、グリスアップと基本動作チェックを含みます。異常が見つかった場合はご連絡します。
※SWAT-300、SWAT-310は極軸の構造が異なり、ターンテーブルが下向きになることを想定してないため、DEC改造はできません。SWAT-350への改造と合わせてのDEC改造は承ります。改造費はSWAT-300とSWAT-310の2013~2018年前期モデルまでが51,000円(税別)、2018年後期モデルからは39,000円(税別)です。イヤーモデルの見分け方はSWAT-350と同じです。
 
1_20200808182901
■天文ガイド2020年9月号に2軸SWAT登場!
天文ガイド9月号に2軸SWATの特集記事が掲載されています。執筆は信頼性抜群の記事で有名な西條善弘さんです。ちょっと問題も発生してしまったようですが、基本的に良好な追尾をしてくれたようです。ぜひお近くの書店でお買い求めください。通販でも購入できます。

●誠文堂新光社のホームページはこちらhttps://www.seibundo-shinkosha.net/
●天文ガイドのサイトはこちらhttps://www.seibundo-shinkosha.net/tenmon/
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年4月18日 (土)

2軸オートガイドで撮るしし座のトリオ銀河。

Trio Trio_20200417110001
●しし座のトリオ銀河
2020年4月14日19時33分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08×+ HEUIB-IIフィルター 合成焦点距離 648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 180秒露出×82枚コンポジット(短時間露光をHDR合成) SI7、Photoshop、DeNoise AIで画像処理 SWAT-350×2+M-GENによる2軸オートガイド 撮影地 千葉県大多喜町 ※下は拡大トリミング
 
2軸オートガイドの動作テストで撮影したしし座のトリオ銀河です。露出時間は無理のない3分に設定して82枚コンポジット、総露出4時間6分です。無風快晴の好条件だったこともあるかもしれませんが、撮影中のトラブルは何もなく、歩留まりはなんと100%。一枚のロスも出さないパーフェクト撮影でした。ただ、2軸に限ったことではないですが、オートガイドしていても、ごくわずかに東方向にズレていく現象が見られました。3分露出では何の影響もありませんが、一定の動きなので、オートガイダーの補正パラメータを追い込めば解決しそうな気がします。それから、撮影途中でピントを合わせ直したり、電池交換の時に機材に触ると、その時点で大きく暴れて構図が少しズレてしまい、手を離すと元の位置まで完全には戻らず、多少ズレた位置のままオートガイドが継続されるようです。いったんオートガイドを停止して、操作が終わったら、再スタートするといった手順が必要なのかもしれません。これも焦点距離650mm程度ではたいして影響ないですが、もっと長焦点になると気になるかもしれません。このあたりは今後の課題とします。さて、撮影したトリオ銀河のカタログナンバーは、上がNGC3628、左下がM66、右下がM65になります。F6.1で4時間露出してNGC3628から左に伸びるしっぽを密かに狙っていたのですが、ほんのわずかに確認できるだけで、まだまだ露出が足りないようです。もっと空の条件がよい撮影地なら、炙り出せたかもしれませんね。ひとまず2軸ガイドはうまく動作したので、今後の楽しみが増えました。ちなみに前回、山梨県上野原町で撮影したトリオ銀河よりは遙かによい出来です。総露出も倍以上ですし、空の条件も房総の方がかなりいいです。
 
Photo_20200417115101  
参考にJPG撮って出しも掲載します。
  
Tail
強引に炙るとNGC3628の左方向にヒョロヒョロと長く伸びるしっぽが確認できます。画像処理が得意な蒼月さんが天城高原で撮影したトリオ銀河は、F6.1で2時間ちょっとの露出ですけど、この尻尾を上手に描出しています。さすがです。画像はこちらをご覧ください。
 
2_20200417114301
3_20200417114601
4_20200417114401
Photo_20200417114401Photo_20200417114501
二段重ねのSWATも見慣れるとけっこう格好いいですね。ただ一軸でも煩雑なケーブル類が二軸ではさらに増えてしまい、もはやケーブル地獄といった感じです。このケーブル、低温で柔軟性を失い、カチカチになるのは困ったものです。もう少しスマートに組み上げられるといいのですが…。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年4月16日 (木)

赤緯対応SWAT-350で2軸オートガイド撮影。

Markarian12min
●マルカリアンチェーン
2020年4月15日0時17分~ ボーグ 107FL+フラットナー1.08×+ HEUIB-IIフィルター 合成焦点距離 648mm/F6.1 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO800 12分露出 FlatAidePro、DeNoise AI、Photoshopで画像処理 SWAT-350×2+M-GENによる2軸オートガイド 撮影地 千葉県大多喜町
 
気持ちよく晴れ渡った14日の夜、発売予定の赤緯対応SWAT-350の動作テストのため、いつもの房総へ出かけてきました。結果、何の問題もなく動作しました。2軸ガイドのテストなので、極軸合わせはあえて電子極望を使わず、光学極望だけですませました。だいたい10′くらいの設置精度になります。南天の対象の場合、東西の設置ズレは赤緯方向の動きに出ますので、オートガイドでうまく補正できるかのテストになります。撮影したのはおとめ座のマルカリアンチェーンと呼ばれる銀河団です。ボーグ107FLにフラットナーをつけて焦点距離648mm/F6.1とし、12分もの露出を敢行しました。デジタル時代となった現在では長時間露出といえるでしょう。画像は一枚物ですが、星像は点像を保っており、2軸ガイドが機能していることを確認しました。もう少し、テストを重ねて発売にこぎつけたいと思います。
 
Photo_20200416170801 6 3_20200416170901
2軸構成SWAT-350+ボーグ107FL。オートガイドはM-GENを使用しました。M-GENはさらに使いやすくなった新製品が協栄産業さんから発売されました。吉田隆行さんのブログでも高評価です。画像のリモコンは2軸対応の新製品。DEC対応SWAT-350と同時発売予定です。
 
Photo_20200416171501
JPG撮って出し。
 
東京ではコロナウィルスの広がりで非常事態宣言が発せられ、協栄産業さんやシュミットさんなどの大手販売店も営業自粛するなど、たいへんな自体となってしまいました。感染を避けるためにできるだけ人と接しないようにするのが肝要だそうですが、幸い、三密と無縁の天体撮影はこの状況でも楽しめそうです。星空のもとへ出かけるだけでもストレス解消にもなりますね。今回は自宅を出発して帰宅するまで、人と接したのは、高速のパーキングでトイレに立ち寄った時にひとりとすれ違っただけでした。いつもはひとりぼっちで寂しさを感じることもありますが、このときばかりはひとりぼっちの安心感がありました。(笑) とにかく早く終息して欲しいものです。
 
https://www.unitec.jp.net/ 

2020年1月27日 (月)

SWAT-350V-specノータッチ作例。

SWAT-350V-specノータッチ追尾による作例が中川光学研究室のブログに掲載されました。鏡筒は新発売のボーグ72FL。レデューサー0.72×を併用して焦点距離288mm、口径比F4という使いやすいスペックです。300mmクラスですが、V-specならノータッチ追尾で点像を確保できます。どうぞご覧ください。
 
72fl
■オリオン座中心部付近
BORG72FL+レデューサー0.72×DGQ【7872】+ニコンD810(HKIR)架台:SWAT350V-Spec ISO1600 3分露出 ノータッチ追尾 36枚加算平均 撮影: 渡邊耕平様
 
72fl2
■くらげ星雲付近
BORG72FL+レデューサー0.72×DGQ【7872】+ニコンD810(HKIR)架台:SWAT350V-Spec ISO3200 3分露出 ノータッチ追尾 24枚加算平均 撮影: 渡邊耕平様
 
どちらもシュミットの渡邉さんによる撮影です。オリオン座中心部付近はF4でトータル2時間近い露出で、華やかなオリオンの三つ星付近を横構図で捉えました。分子雲の描出も素晴らしく、見事な仕上がりです。くらげ星雲付近(右が北)には、散開星団M35やモンキー星雲も一緒に構図に取り込みました。画像処理が上手でカラフルな星の色が美しいです。ボーグ72FLと【7872】0.72×レデューサーの相性もよいようで、フルサイズの周辺までシャープな星像です。高解像カメラとの組み合わせでは高い追尾精度が要求されますが、SWAT-350V-specですからノータッチで点像を確保しています。
中川光学研究室のブログもぜひご覧ください。SWAT-350V-specも掲載されています。オリオン座中心部付近はこちら、くらげ星雲付近はこちらです。シュミットさんのスタッフブログはこちらです。
 
そしておなじみプロカメラマンの吉田隆行さんのサイト「天体写真の世界」にもSWAT-350V-specノータッチによる作品が掲載されています。こちらもぜひご覧ください。
Fl55
 
スタンダード仕様 → V-specへアップグレード改造、現在5月以降で受付中。1月末までにお申し込みいただければ特価にて承ります。
お手持ちのユニテックSWAT-350/310/300/300SにPECを搭載し、V-spec相当までアップグレードします。改造費49,000円(税別)。2020年1月末までのお申し込みにつきましては特価39,000円(税別)にて承ります。お申し込みはメールにてお願いします。タイトルを「V-spec改造」として、こちらからメールしてください。
※改造費には完全オーバーホール(15,000円)を含みます。完全オーバーホールは全パーツを分解し脱脂洗浄後に再組み立てします。オイルシールも打ち直します。(製造後およそ1年以内で使用頻度の低い個体についてはウォームホイールの脱脂洗浄は行わず、グリスアップで対応します。その場合でもウォームネジまわりは脱脂洗浄、軸受け交換、調整、再組み立てします) ※交換部品は駆動回路、ウォーム軸受け、その他、製造時期によりますが、ウォームホイール、ウォームネジを交換する場合がございます。 ※スタンダード仕様のV-specアップグレード改造につきましては、東側荷重時をやや重視した調整とさせていただきます。西側荷重時には東側より若干追尾精度が劣る場合がございます。 ※SWAT-300SをV-spec改造した場合、荷重方向限定スペシャルモードをご使用になるには別売のリモコンが必要です。 ※基本的にお申し込み順に改造作業いたしますが、製品をお送りいただく時期につきましてはご相談とさせていただきます。 ※輝星製SWAT-300には非対応。 ※2020年1月末までにお申し込みいただければ、改造がそれ以後になっても特別価格で承ります。
     
https://www.unitec.jp.net/

より以前の記事一覧