天体写真

2020年11月29日 (日)

シグマ APO 300mm F2.8によるM78付近。

M78
●M78付近
2020年11月21日22時57分03秒~ シグマ APO 300mm F2.8  絞り開放 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 2分露出×54枚コンポジット+短時間露光をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premiumによるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町

バーナードループを挟んでM78(右下)とLDN1622(左上)暗黒星雲、その下のバーナードループと重なった黄色い星の散開星団がNGC2112です。3年前に縦構図で撮影してますが、今回は横構図にしてみました。さまざなま焦点距離で楽しめるとてもカラフルで美しいエリアです。前回ブログに掲載した三つ星付近と一部重なるので、2パネルモザイク合成してみました。下に掲載します。
 
M78_20201127210501
周辺を撮影して広げてみたくなりますね。オリオン大星雲や魔女の横顔星雲、エンゼルフィッシュなどが加わると、面白そうです。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年11月27日 (金)

シグマ APO 300mm F2.8によるオリオン座三つ星周辺。

Photo_20201127151501
●オリオン座三つ星周辺
2020年11月22日1時11分58秒~ シグマ APO 300mm F2.8  絞り開放 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 2分露出×44枚コンポジット+短時間露光をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premiumによるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
シグマ 150-600mm F5-6.3 コンテンポラリーズームでの撮影と平行して、もう一台のSWAT-350V-spec Premium β仕様にシグマ APO 300mm F2.8を搭載して、撮り頃を迎えたオリオン座の三つ星付近を狙いました。F2.8と明るいため、1時間半程度の総露出でもそこそこ分子雲を炙り出せました。ですが、縞々のノイズがひどくて出来は良くないです。この縞々ノイズ、何が原因なのかつかめてないですが、フラットの枚数が不足してるのかもしれません。それと輝星のゴーストが出てます。すでに生産終了の古いレンズですが、コーティングがイマイチのようです。後期型はコーティングが改良されているらしいので、ゴーストが解消している可能性があります。そして最悪なのが構図。光量損失の少ない中心部で三つ星を撮ろうとしたため、オリオン大星雲が中途半端に入り込んでしまいました。これなら、もう少し下に向けて、オリオン大星雲を取り込んだ方がよかったです。センスの無さが悲しいです。そんな中でもV-spec Premiumの追尾は良好で、45枚中、失敗カットは1枚だけでした。その失敗カットを下に掲載します
 
Img_5469
失敗カットのJPEG撮って出し。45枚撮って一枚だけこんなに酷いのがありました。輝星を見ると大きく暴れていることがわかります。また赤緯方向に跳ねて、二重星のようになってます。突風に煽られても似たような結果になりますが、当日はほとんど無風に近かったので、おそらく三脚かどこかに触ってしまったことが原因と思われます。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年11月25日 (水)

シグマ150-600 F5-6.3コンテンポラリーによるバラ星雲。

Photo_20201124125101
●バラ星雲
2020年11月22日2時15分37秒~ シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | C 600mm 絞り F6.3 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 120秒露出×60枚コンポジット 短時間露出をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premiumノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
SWAT-350V-spec Premiumのテスト撮影に挑んだ21日の夜、月没後にオリオン大星雲から撮影を始めて、続いて選んだのがバラ星雲。2分露出で60枚のノータッチ連続撮影ですが、流れたカットはゼロ。すべてコンポジットに使えました。やはりノータッチ撮影は楽チンですね。F6.3で2時間の総露出では、星雲を炙り出すにはまだまだ足りません。暗部が荒れてしまってますが、迫力優先ということで細かいところは見て見ぬふりをしましょう。(笑) 新規導入したシグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM コンテンポラリーズームは10cm近い大口径の割りにリーズナブルなお値段でなかなかの高性能です。下にJPEG撮って出しの中心と周辺のピクセル等倍切り出し画像を掲載します。
 
Sigma150600c_qc

キヤノンEOS 6D(HKIR)で撮ったシグマ150-600mm F5-6.3 C/600mm F6.3 絞り開放のピクセル等倍画像。開放でも充分に使えます。周辺減光はソフトウェアの簡易補正でも、かなりフラットにできました。上のバラ星雲も前回ブログのオリオン大星雲もフラット補正はステライメージ7の簡易補正です。

 
https://www.unitec.jp.net/

2020年11月23日 (月)

シグマ150-600 F5-6.3コンテンポラリーによるM42オリオン大星雲。

M42_20201122153601
●M42オリオン大星雲

2020年11月21日23時11分28秒~ シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | C 600mm 絞り F6.3 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 180秒露出×54枚コンポジット 短時間露出をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premiumノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町

 

好天に恵まれた14日に続いて、昨日も無風快晴予報で、絶好の撮影日和となりました。今年はなかなかチャンスがなかったのですが、ここにきて二週連続で好条件となり、これを逃すとまたいつになるかわからないので、頑張って出かけてきました。といっても東京からわずか1.5時間の房総半島です。気軽な近場でこれだけの撮影ができる魅力は捨てがたいです。さて、今回はシグマ150-600mm F5-6.3コンテンポラリーズームを600mm(F6.3)にセットして、SWAT-350V-spec Premium βにて3分間のノータッチ撮影を行いました。54枚連続で撮影(途中ピント確認の中断あり)して、若干流れたコマもありましたが、コンポジットには問題なしと判断して、すべて使いました。F6.3で2.5時間程度の総露出ですから、炙るには露出不足です。それでも強引に処理して、そこそこ迫力ある姿に仕上げてみました。ステライメージ7でコンポジットするときに加算平均σクリッッピングで2を指定しましたが、人工衛星の軌跡が残りました。もっと小さい値にしたほうがよさそうですね。V-spec Premiumのβテストも大きな問題は出てませんが、焦点距離600mmで数分のノータッチをすると、撮影エリアにもよりますが、キングスレート(キングさんが提唱した恒星時よりやや遅い速度)でもまだ速く、だんだんズレが出てきます。キングスレートは40年ほど前に標高1,100mの八ケ岳観測所で外山電子の外山さんや平林さんが検証して問題ないとした値なので、もっと低地だとそれよりさらに遅い方がマッチします。全天をひとつの速度でカバーするのは無理なのですが、SWATで長焦点撮影した時に星が東方向に流れるときは、駆動セレクタを太陽時にセットしてみてください。太陽時は大気差を考慮してませんので、キングスレートよりほんのわずかに遅いだけです。その方が、より正確に追尾できる可能性があります。ぜひお試しください。ちなみに、上のオリオン大星雲は太陽時でノータッチ追尾しました。今後、実証テストを重ねて駆動速度をより使いやすい速度に微調整して、500mmクラスで5分程度のノータッチ撮影を可能にしたいと思います。

 
https://www.unitec.jp.net/

 

2020年11月21日 (土)

FUJI X-T4によるオリオン座中心部。

2_20201120160101
●オリオン座中心部(2パネルモザイク)
・上部 2020年11月14日23時49分44秒~ シグマ 105mm F1.4 Art 絞り F2 富士フイルム X-T4 ISO400 120秒露出×30枚コンポジット Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premium β ノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
・下部 2020年11月14日22時32分29秒~ シグマ 105mm F1.4 Art 絞り F2 富士フイルム X-T4 ISO400 120秒露出×30枚コンポジット Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premium β ノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
赤い星雲が無改造でもよく写る富士のX-T4による作例第2弾です。カリフォルニア星雲とすばるを撮影した後、オリオン座にレンズを向けました。上下2パネルモザイクにしましたが、どうも構図が中途半端で、イマイチでした。横構図で3パネルにすれば、リゲルや魔女の横顔星雲、バーナードループも取り込めたかもしれませんね。X-T4はAPS-Cでちょっと狭い画角なので、フルサイズだとまた違った感じになるかもしれません。さて、この日はC/2020 M3アトラス彗星がγ星(ベラトリクス)付近を移動中で、そのエメラルドグリーンの美しい光芒が華を添えてくれました。撮影は天体用として定評のあるシグマ105mm Art。上部、下部ともSWAT-350V-spec Premium βにて、2分露出×30枚のノータッチ連続撮影です。結果はロスレスで歩留まり100%でした。焦点距離105mmなら楽勝ですね。今回もそれぞれ単独の画像とJPEC撮って出しも掲載します。
 
Photo_20201120162601
●上部
 
Photo_20201120162701
●下部
 
Jpg
●JPEG撮って出し
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年11月18日 (水)

FUJI X-T4によるカリフォルニア星雲~すばる。

2_20201118095001
●カリフォルニア星雲~すばる(2パネルモザイク)
・カリフォルニア星雲 2020年11月14日19時52分30秒~ シグマ 105mm F1.4 Art 絞り F2 富士フイルム X-T4 ISO400 120秒露出×29枚コンポジット Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premium β ノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
・すばる 2020年11月14日21時5分16秒~ シグマ 105mm F1.4 Art 絞り F2 富士フイルム X-T4 ISO400 120秒露出×30枚コンポジット Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premium β ノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
先週末の14日は、V-spec Premiumのテストを兼ねて房総まで遠征しました。SWATを2台並べての撮影でした。一台はシグマの150-600mmコンテンポラリーズームのファーストライト。こちらは富士フイルムX-T4(ノーマル)での赤い星雲の写りのチェックということで、いろいろ慣れないこともあって、問題も発生し、スムーズにはいきませんでした。当初、X-T4には300mm F2.8をつけて撮影の予定が、マウントアダプターとの相性が悪く、エラーが出たり出なかったりを繰り返すため、本番撮影には至らず。レンズを105mm F1.4 Artに変えたら、エラーが出なくなったので、ようやく撮影を開始しました。X-T4は作例の通り、ノーマルでも赤い星雲が写ります。これは大きなアドバンテージです。また、リモコンがなくてもインターバル撮影ができて、とても便利です。ただミラーレス機は電池の消耗が速い傾向があるので、オプションの電池グリップを使用して撮影しました。これなら電池は一晩安心です。さて作品ですが、300mmで大迫力の北アメリカでも撮ろうかと思っていたのですが、レンズのトラブルで時間を浪費してる間に光害の中に傾いてしまったので、対象を変更。東に昇ってきたカリフォルニア星雲とすばるのモザイク合成を前提に構図を決めて、1時間の連続撮影としました。うわさ通りにノーマル機でも赤い星雲が写ります。これは嬉しいですね。すばるの青もきれいですし、房総の空でも1時間露出で分子雲も写りました。これ以上炙るにはもう少し露出が欲しいところです。V-spec Premiumのテストとしては焦点距離105mmでは短かすぎますが、久しぶりの天体撮影でミスもしたくないので、これでよしとしましょう。
 
Xt4
富士フイルムX-T4。オプションのバッテリーグリップで一晩安心。(機材提供 外山電子/富士フイルムイメージングシステムズ株式会社)
改善希望点はタイムの露出が倍刻み(1分、2分、4分、8分…)なので、細かい露出時間の設定ができず、露出開始時間設定も短い側が0か1分単位で、秒単位の設定ができない点。以前S社のカメラをテストしたことがありますが、赤い星雲が写る点で富士の方が圧倒的にお勧めできます。
 
Photo_20201118102601
撮影風景。当初300mm F2.8で撮影を予定してましたが、レンズエラーが頻発して諦めました。こんなときは電気接点をセロテープなどでマスクすれば、使える可能性もあります。システムはシンプルフォークDX2にカウンターウェイトをつけてシステムを組みました。ただシンプルフォークDX2のアルカスイス回転ユニットでは300mm F2.8はちょっと荷が重いです。200mm F4くらいまでがお勧めです。※画像の本体は社内試験機で製品とは外観が異なります。

モザイク合成する前の単品画像も掲載します。
Photo_20201118103601
●カリフォルニア星雲
 
Photo_20201118103602
●すばる
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年11月16日 (月)

C/2020 M3 アトラス彗星。

Photo_20201116105101 Photo_20201116105102
●C/2020 M3 アトラス彗星
2020年11月15日1時10分43秒~ シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | C 500mm 絞り F6.3 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 120秒露出×10枚コンポジット Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premiumノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町 ※下は彗星核基準コンポジット、トリミング
 
先週末の土曜日は、超久しぶりの新月期の週末の一晩中の快晴! これだけ「の」が揃ったら遠征しないわけにはいきません。撮影自体も久しぶりなので、こんなときはミスをしがちです。そこで、新規導入したシグマの150-600mm コンテンポラリーズームに機材を絞り、赤道儀はSWAT-350V-spec Premium β版でテストを兼ねてのノータッチお気軽追尾としました。撮影は焦点距離500mm F6.3、2分露出ですが、10枚連続で追尾エラーなし。上々の結果でした。画像はオリオン座を移動中のアトラス彗星。先日のネオワイズ彗星と比べてはいけませんが、尾もないし、やっぱりショボく感じちゃいます。でもまぁ、普通の彗星はこんなもんです。
この日は、SWAT-350V-spec Premium βをもう一台持って行きまして、そちらは富士フイルムのX-T4で撮りました。結果は後日ブログで紹介します。
 
1_20201116111001
V-spec Premiumのノータッチ追尾テスト用に新規導入したシグマ 150-600 F5-6.3 コンテンポラリー。価格も実売10万円ちょっとでリーズナブルです。しばらく使ってみて、よさそうならブログでお勧めしようと思います。
 
2_20201116113001
撮影風景。マルチ赤緯ブラケットアルカスイスキャッチャー、新発売のアルカスイスレールLでしっかり固定しています。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年10月 2日 (金)

中秋の名月。

Fullmoon
■撮影データ
2020年10月1日23時32分~ ボーグ 107FL+ケンコー2×テレプラス (合成焦点距離/1200mm F11.2) キヤノン EOS 6D ISO200 1/250秒×13枚コンポジット RegiStax6 Photoshopで画像処理 SWAT-350にて自動追尾 撮影地 東京都目黒
 
このところブログも完全にサボってしまって、申しわけありません。たまには更新しないと忘れられそうなので、中秋の名月を超久しぶりに撮ってみました。月の撮影は昨年1月以来で、なんと2年近く撮ってませんでした。すっかり手順を忘れて、いろいろ難儀しました。(笑) さて、この夏は、ピリオディックモーション補正のさらなる向上を目指して、かなり根を詰めて取り組んでました。おかげさまである程度の目途が立ちましたので、近いうちにお知らせできると思います。今後ともよろしくお願いします。

10月9日から福島のあぶくま洞で「スターライトフェスティバル2020」が開催されるようです。コロナのため、今年のイベントは軒並み中止でしたので、これが唯一の開催となりそうです。ユニテックは出展しませんが、天気がよければ個人的に遊びに行こうかと思っています。外山電子さんは出展するそうなので、おそらくその近所でうろうろしてますので、SWATのことでご質問がありましたら、お気軽にお声をおかけください。なお、またコロナが終息したわけではありませんので、個々で感染防止対策の徹底をお願いします。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年7月27日 (月)

惨敗…。

Neowise1
昨日の日中は晴れたり曇ったりのよくわからない天気でした。晴れればネオワイズ彗星のラストチャンスかと思い、衛星写真やGPVとにらめっこしながら、天候の様子をうかがっていました。午後4時ころの予測では九十九里浜付近の21時前後は晴れとなっていて、可能性はあると判断。クルマで1時間半ですから、ダメモトで出かけることにしました。上の写真は到着時の様子。雲もありますが、青空も大きく広がっていて期待が膨らみます。
 
Neowise2
ところが、西の空では雷雲がどんどん湧いてきます。稲妻が走り始め、かなり怪しい状況に…。
 
Neowise3
ソーシャルディスタンスを確保しながら恨めしく空を見上げる人々。ちなみに左は陣馬写真工業の土生さん、右は外山電子の外山さん、真ん中がわたくし加曽利です。この芸術的なシルエット作品を撮ったのはSWATヘビーユーザーの上村さん。土生さんと外山さんは堂々としてるのに、意気消沈して双眼鏡片手に猫背な私が対照的です。(笑) この堂々としたお二人はSWAT V-specを開発するうえで重要な仕事をしていただいてます。陣馬写真工業さんにはPICマイコンのプログラムやこの夏から稼働するピリオディックモーション計測プログラムの開発でお世話になっています。土生さんはプログラミングも得意ですが、もともと画像処理、画像解析の専門家です。それからご存知の方も多いと思いますが、外山電子の外山さんは日本電産コパル電子を勤め上げて定年退職し、今は夢(?)の年金生活者(羨)ですが、モーター制御についてはプロ中のプロで、ポタ赤から据え付け型の大型機まで複数の天体望遠鏡メーカーの駆動装置開発にもかかわった実績があります。SWATではPEC部分の技術的サポートをお願いしてます。この二人なくしてSWATは成り立たないほどの重要な存在です。

これで終わると寂しいブログになってしますので、土生さん渾身の固定撮影を二題どうぞ。
Photo_20200727131602 Photo_20200727131601
ネオワイズ彗星です! 決して諦めない土生さんの姿勢が、この奇跡的な作品を生み出しました。(笑) あの状況で、彗星が写ったのは本当に奇跡です。おそらく関東で撮影できたのは土生さん以外いない(確証はないですが)のではないでしょうか。ただし、土生さん自身、作品の出来に納得できないとのことで、著作権は放棄するということです。ということで、昨日の惨敗の遠征レポートでした。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年7月20日 (月)

霞ヶ浦で撮るC/2020 F3 ネオワイズ彗星。

Neowaise40
●C/2020 F3 ネオワイズ彗星
2020年7月19日20時41分17秒~ シグマ 40mm F1.4 Art 絞り F2 キヤノン EOS 6D(SEO SP-4改造) ISO400 15秒露出×21枚 Photoshopで画像処理 SWAT-350ノータッチ追尾 撮影地 茨城県行方市
  
Neowise
●C/2020 F3 ネオワイズ彗星
2020年7月19日20時53分33秒~ シグマ 105mm F1.4 Art 絞り F2 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO400 15秒露出×87枚 Photoshopで画像処理 SWAT-350V-specノータッチ追尾 撮影地 茨城県行方市
 
北半球では久々の大彗星がまさに見頃(ちょっと過ぎちゃいましたが)を迎えていますが、生憎の梅雨空でまったく見ることができませんでした。昨夜は関東近郊でも晴れ間が広がり、ようやく話題のネオワイズ彗星を捉えることができました。残念ながらすべて薄雲越しの撮影で、本来の性能は発揮できませんでしたが、素晴らしく尾を引いた大彗星の片鱗を捉えることができました。いちばん上の画像は21枚コンポジットですから、そのままでは地上部分がぶれてしまいますが、水平線が平行になった一枚から地上部分を切り出して重ねました。梅雨明けしたら、もっとクリアーな空で撮影したいと思います。
 
01
湖岸の駐車場には20人くらいの天文ファンが集いました。これからの季節、虫除けスプレーは必須です。
 
話しは変わりまして、SWAT-350V-specの生産状況です。梅雨入り前に20台ほどご用意しましたが、天文ガイドの記事で紹介された効果と思われるご注文が殺到して、あっという間に売り切れてしまいました。現在、バックオーダーとなっております。梅雨の間に10台ほど組み上げまして、梅雨明け後に実際の星で追尾テストしてから出荷します。順調にいけば8月上旬にはお渡しできる見込みです。店頭在庫していただいてる場合もございますので、お急ぎの方は各販売店様にお問い合わせください。
 
https://www.unitec.jp.net/

より以前の記事一覧