天体写真

2021年2月18日 (木)

天リフのお題「魔女の横顔星雲」を撮る。

Photo_20210218162301
●魔女の横顔星雲
2021年2月16日19時35分48秒~ キヤノン EF300mm F2.8L IS II USM 絞り開放 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 1分露出×78枚コンポジット ステライメージ9、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premium βによるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
16日の房総半島は風が強くて厳しい感じでしたが、内陸部は21時から0時くらいまでは収まる予報でした。それを信じて出撃しました。18時半前に現地に到着、月没が12時半ですから、それまでは諸々の実験をするつもりで、機材の組み立てに入りました。時々強い風が吹くもののピタッとやむこともあって、もう少し収まればそこそこいけそうな感じでした。最初は天文リフレクションズさんのお題「魔女の横顔星雲」から撮影を開始。月があるので、それなりに仕上がればいいかなぁという程度で挑みました。当初、300mmで5分露出を予定してましたが、時々強い風に煽られるため、1分露出、高感度多枚数撮影に切り替えました。結果90枚撮って12枚がボツ。90%近い歩留まり確保でまずまずの結果でした。こんな日は「高感度短時間露出多枚数撮影法」が一番です。
月も沈み、「さぁこれからだぞ~」という期待がグンと高まってきました。ところが風が収まる気配がありません。それどころか突風混じりに変わってきて、周辺の森がゴーゴー唸っています。試しにトリオ銀河を30枚撮ってみましたが、使えるのは半分程度。なんだかやる気がなくなって、帰りたくなってきました。一応、風が収まらないことを想定して、40mmレンズも準備してましたが、すっかり意気消沈したので早く帰ってとっとと寝ることにしました。この日は強風のため、私が通過した後でアクアラインが通行止めになったようです。早々に切り上げてラッキーでした。 おしまい。(笑)
 
Photo_20210218164801
●トリオ銀河
2021年2月16日21時50分20秒~ キヤノン EF300mm F2.8L IS II USM 絞り開放 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 1分露出×14枚コンポジット ステライメージ9、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premium βによるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
コンポジットなどの初期処理用のソフトをステライメージ7から9にアップグレードしました。8も購入していたのですが7とほとんど変わってなくて、まったく使わず、内心忸怩たる思い(笑)でした。9はファイル表示やコンポジットがかなり高速化されていて快適です。私のように8で悔しい思いをした方も、9のスピードアップには納得できると思います。
※一部機能はアップデートを適用しないと遅いままらしいので、最新版をダウンロードしてください。
 
https://www.unitec.jp.net/

2021年2月11日 (木)

600mm4分露出ノータッチ追尾によるかもめ星雲。

Photo_20210211102701
●かもめ星雲
2020年2月9日20時55分40秒~ シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | C 600mm 絞りF6.3開放 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 240秒露出×25枚コンポジット ステライメージ9、FlatAidePro、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premiumノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
9日は平日でしたが、Premium仕様の動作確認など、もろもろ試したいことがあったので、近場の房総へ出かけました。 V-Spec Premiumのノータッチ撮影は前回420mm、4分露出(こちらこちら)でしたが、今回、600mm、4分露出にハードルを上げてチャレンジしました。対象は「かもめ星雲」。焦点距離600mmともなると迫力も増してきます。V-Spec Premiumのピリオディックモーションは、±2.5″前後と超高性能ですが、極軸設置誤差、大気差などを考えると、ノータッチ撮影もこのあたりで限界がみえくるようです。もちろん星像の流れをどこまで許容するかや、高感度短時間露出多枚数撮影などで限界も変わってきます。参考に今回撮影のピクセル等倍画像を掲載します。
 
Photo_20210211105801
600mm 4分露出のピクセル等倍画像、横が赤経方向です。25枚中、左が追尾良好なコマ、右が標準的なコマです。EOS 6Dに600mmだと、1ピクセル2.25″になります。左の良好なコマが1ピクセルのズレ、右の標準的なコマが2ピクセルのズレです。V-Spec PremiumのPモーション(1周期約6分50秒)は±2.5″前後ですから、4分露出でこの結果は性能通りということになります。左は合格としても右はどうでしょうか。ちょっと流れすぎと感じる場合は、高感度短時間露出やオートガイドが必要になってきますね。2~3分露出ならほぼ1ピクセル以内のズレに入ると思います。焦点距離600mmのノータッチでこここまで露出ができるポタ赤はSWAT以外にないと思います。

ガイドエラーの原因にはPモーション以外にも極軸設置誤差や機材の剛性不足、大気差、風、軟弱な地盤などいろいろあります。極軸設置については、南中前後の南天の星を撮影して徐々に赤緯方向にズレていくときは極軸の方位誤差が疑われます。赤経方向では、一定速度で東か西にズレていくときは、追尾速度が合ってないか、極軸の高度誤差が考えらえます。たとえばこのかもめ星雲を導入して試写したときは、星が徐々に東にズレいきました。追尾がちょっと速いのですが、赤道より南の天体が南中前後にいるなら、極軸が少し上を向きすぎている状態です。このときは少しだけ極軸を下げてピッタリ追尾することを確認しました。電子極望で合わせたとしても、若干の誤差はあります。長焦点でノータッチ撮影するときには注意が必要です。
 
Photo_20210211121301
焦点距離600mmでノータッチ4分露出のテスト撮影をしていた23時35分過ぎ頃に、流星が飛び込んで来ました。600mmの視野にこれだけ大きな流星が写ったのは初めてです。このとき、クルマの中にいたのですが、サイドミラーがパッと明るくなったので、どなたかのヘッドライトが差し込んだのかと思ったのですが、通過車両もなく、流星だったのかもと思いそのまま忘れてしまいました。翌朝、撮影した画像をチェックしていたら、ドバッと光跡が横切るカットがあったので、最初は派手な飛行機だなぁと思ったんですが、真っ白けの元画像を軽く処理したら、流星でした。まさかあの時のフラッシュが写っていたとは。何かいいことありそうです。(笑)

平塚市博物館の藤井大地さんのTwitterに同じ時刻の火球の情報がありました。
https://twitter.com/dfuji1/status/1359160739244756994
 
https://www.unitec.jp.net/ 

2020年12月26日 (土)

420mm4分露出ノータッチ追尾によるM45すばる。

M45_20201221220801
●すばる
2020年12月17日20時45分30秒~ キヤノン EF300mm F2.8L IS II USM+EXTENDER EF1.4×III 焦点距離420mm F4 絞り開放 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO1600 4分露出×25枚コンポジット+短時間露光をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premium βによるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
前回の馬頭星雲に続いてSWAT-350V-spec Premiumによるノータッチ追尾の作例です。焦点距離420mm、露出4分です。26枚撮影して、ボツは1枚だけでした。ノータッチ追尾でもかなりの歩留まりを確保できます。メイン機材としてはもちろんですが、ベテランの方のサブ機として、放置撮影でも良質な元画像が得られます。次回は理論恒星時(天頂付近)と低空モードでのノータッチ追尾テストを行いたいと思います。
Premium仕様は、焦点距離500mmクラスで5分露出のノータッチ撮影ができる精度を目指していますが、それくらいの性能があれば、焦点距離300mm以下の2~3分露出は安心して任せられます。オートガイドの煩わしさもないので、現地でサッと組み立て、チャッと撮影して、パッと片付けられます。それでもハイクォリティの画像が撮れる。これがPremiumの魅力です。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年12月21日 (月)

420mm4分露出ノータッチ追尾による馬頭星雲。

Photo_20201219221801
Photo_20201219221601
●馬頭星雲付近
2020年12月17日23時23分05秒~ キヤノン EF300mm F2.8L IS II USM+EXTENDER EF1.4×III 焦点距離420mm F4 絞り開放 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO1600 4分露出×30枚コンポジット+短時間露光をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premium βによるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町 ※下は拡大トリミング
 
SWAT-350V-spec Premium追尾テスト画像の第2弾です。焦点距離420mm、前回の3分露出からさらに延ばして4分露出ノータッチです。対象はピリオディックモーションの影響が一番大きい赤道付近の馬頭星雲です。追尾は概ね良好で、若干流れたカットもありましたが、撮影した30枚をすべて使って処理しました。下にピクセル等倍のGIFを掲載してますので、星像をご覧ください。SWATの恒星時(キングスレート)は赤道の天体が南中したときの見かけのスピードですので、この付近の天体の南中前後はほぼ完璧に追尾できます。ピリオディックモーションが大きいと、遅くなったり速くなったりを繰り返しますので、赤経方向に流れますが、V-spec Premiumなら±2.5″前後ですので、焦点距離420mmで4分露出でも作例画像の通り、ほぼ点像で写せます。
 
420mm25014
焦点距離420mm、4分露出、14枚連続撮影した画像を位置合わせずにピクセル等倍で切り出してパラパラ動画にしました。キングスレートでほぼ合致していますが、下(南)方向にズレていきますので、極軸が少し東向きになっているようです。このような時は、ピント確認などで撮影を中断したときに微調整してやるとより完璧な追尾ができます。私は方位微動ネジを適当にほんのちょっと回して調整してますが、何回かやるとだいたい合います。当然ですが、調整した分、構図もズレます。ただ極わずかですから無視してそのまま撮ってます。
 
https://www.unitec.jp.net/ 

2020年12月19日 (土)

420mm3分露出ノータッチ追尾によるアンドロメダ銀河。

M31_20201219170602 M31_20201219170601
●M31アンドロメダ銀河
2020年12月17日19時19分00秒~ キヤノン EF300mm F2.8L IS II USM+EXTENDER EF1.4×III 焦点距離420mm F4 絞り開放 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO1600 3分露出×5枚コンポジット+短時間露光をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premium βによるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町 ※下は拡大トリミング
 
SWAT-350V-spec Premiumの実証追尾テスト中です。以前、恒星時速度の最適化を行うことを書きましたが、キングスレート(86190秒)は汎用性が高く、絶対に外せない基本的なスピードですので、追尾速度を追加する方向で検討しています。おそらく、キングズレートより速い理論恒星時(86164秒)と少し遅いアンタレスや干潟星雲付近の見かけのスピードを追加することになると思います。恒星時の追尾速度は3つから選べることになり、守備範囲が大幅に広がります。500mmクラスで5分のノータッチ撮影を目指していますが、なかなか難しいです。素直にオートガイドすればいいのですが、ここは意地になって究めたいと思います。
画像はキヤノンのサンニッパに1.4×リアコンをつけて420mmでノータッチ撮影したアンドロメダ銀河です。3分露出ですが、星像は許容範囲に収まっています。この日の薄明終了直後の天気は、房総半島の南半分に雲が多く、スッキリした快晴とはいきませんでしたが、そのまま、アンドロメダ銀河を20枚近く連続撮影しました。やはり、流れてくる雲に邪魔されて、多くがボツになりました。クリアーに撮れたのはわずかに5枚(15分間)。それをコンポジットして仕上げました。15分露光にしてはまずまず写ったかなぁと思います。
 
420mm4070
焦点距離420mm、3分露出、13枚連続撮影した画像を位置合わせせずにピクセル等倍で切り出してパラパラ動画にしました。撮影時のアンドロメダ銀河は地平高度70°付近です。星が西に動いて行きますので、キングスレートだと若干追尾が遅いです。理論恒星時がマッチしそうです。下(南)方向のズレは極軸誤差と思われます。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年12月 4日 (金)

シグマ APO 300mm F2.8によるクリスマスツリー星団付近。

2_20201130083401
●クリスマスツリー星団付近
2020年11月22日3時01分55秒~ シグマ APO 300mm F2.8  絞り開放 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 2分露出×37枚コンポジット+短時間露光をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premiumによるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
21日の遠征で最後に撮影したクリスマスツリー星団付近です。赤青黄色と華やかなエリアで、焦点距離300mmフルサイズが画面一杯になります。これも構図がイマイチで、左の散光星雲が切れてしまいました。もう少し左に向ければよかったです。この日はこれまで無風快晴の好条件でしたが、薄明が始まる1時間くらい前から雲が広がり始め、最後に狙っていたエラスムス彗星は撮れませんでした。それでも1軸2台体制で、Premiumバージョンの追尾テストもかねて、そこそこの収穫があったのでよしとしましょう。
ほかにも収穫がありました。もう一台のSWAT-350では600mmでノータッチ撮影していましたが、これまで600mmクラスはオートガイドばかりで本格的にノータッチ撮影したのは初めてでした。今回の撮影では、搭載しているキングズレート(極軸一回転86190秒)では、追尾がやや速く、太陽時(86400秒)の方がマッチしていて、その結果、ピリオディックモーションは必要精度に充分収まっているにもかかわらず、駆動速度で露出限界が決まってしまうということになりました。星の動きは、同じ地平座標でも、観測地の標高、気象条件、極軸の設置精度などで微妙に変化するといわているため、一定の速度で完璧に追尾するのは無理で、オートガイドが理想的ですが、せっかくの高精度をノータッチ撮影で活かすために、できるかぎり適合する値を見つけて、次回は微調整した追尾速度でさらなる長時間露出のテストを行いたいと思います。Premiumバージョンには最終的に複数の恒星時モードを搭載することになるかもしれません。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年11月29日 (日)

シグマ APO 300mm F2.8によるM78付近。

M78
●M78付近
2020年11月21日22時57分03秒~ シグマ APO 300mm F2.8  絞り開放 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 2分露出×54枚コンポジット+短時間露光をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premiumによるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町

バーナードループを挟んでM78(右下)とLDN1622(左上)暗黒星雲、その下のバーナードループと重なった黄色い星の散開星団がNGC2112です。3年前に縦構図で撮影してますが、今回は横構図にしてみました。さまざなま焦点距離で楽しめるとてもカラフルで美しいエリアです。前回ブログに掲載した三つ星付近と一部重なるので、2パネルモザイク合成してみました。下に掲載します。
 
M78_20201127210501
周辺を撮影して広げてみたくなりますね。オリオン大星雲や魔女の横顔星雲、エンゼルフィッシュなどが加わると、面白そうです。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年11月27日 (金)

シグマ APO 300mm F2.8によるオリオン座三つ星周辺。

Photo_20201127151501
●オリオン座三つ星周辺
2020年11月22日1時11分58秒~ シグマ APO 300mm F2.8  絞り開放 キヤノン EOS 6D(SEO-SP4改造) ISO1600 2分露出×44枚コンポジット+短時間露光をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premiumによるノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
シグマ 150-600mm F5-6.3 コンテンポラリーズームでの撮影と平行して、もう一台のSWAT-350V-spec Premium β仕様にシグマ APO 300mm F2.8を搭載して、撮り頃を迎えたオリオン座の三つ星付近を狙いました。F2.8と明るいため、1時間半程度の総露出でもそこそこ分子雲を炙り出せました。ですが、縞々のノイズがひどくて出来は良くないです。この縞々ノイズ、何が原因なのかつかめてないですが、フラットの枚数が不足してるのかもしれません。それと輝星のゴーストが出てます。すでに生産終了の古いレンズですが、コーティングがイマイチのようです。後期型はコーティングが改良されているらしいので、ゴーストが解消している可能性があります。そして最悪なのが構図。光量損失の少ない中心部で三つ星を撮ろうとしたため、オリオン大星雲が中途半端に入り込んでしまいました。これなら、もう少し下に向けて、オリオン大星雲を取り込んだ方がよかったです。センスの無さが悲しいです。そんな中でもV-spec Premiumの追尾は良好で、45枚中、失敗カットは1枚だけでした。その失敗カットを下に掲載します
 
Img_5469
失敗カットのJPEG撮って出し。45枚撮って一枚だけこんなに酷いのがありました。輝星を見ると大きく暴れていることがわかります。また赤緯方向に跳ねて、二重星のようになってます。突風に煽られても似たような結果になりますが、当日はほとんど無風に近かったので、おそらく三脚かどこかに触ってしまったことが原因と思われます。
 
https://www.unitec.jp.net/

2020年11月25日 (水)

シグマ150-600 F5-6.3コンテンポラリーによるバラ星雲。

Photo_20201124125101
●バラ星雲
2020年11月22日2時15分37秒~ シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | C 600mm 絞り F6.3 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 120秒露出×60枚コンポジット 短時間露出をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premiumノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
SWAT-350V-spec Premiumのテスト撮影に挑んだ21日の夜、月没後にオリオン大星雲から撮影を始めて、続いて選んだのがバラ星雲。2分露出で60枚のノータッチ連続撮影ですが、流れたカットはゼロ。すべてコンポジットに使えました。やはりノータッチ撮影は楽チンですね。F6.3で2時間の総露出では、星雲を炙り出すにはまだまだ足りません。暗部が荒れてしまってますが、迫力優先ということで細かいところは見て見ぬふりをしましょう。(笑) 新規導入したシグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM コンテンポラリーズームは10cm近い大口径の割りにリーズナブルなお値段でなかなかの高性能です。下にJPEG撮って出しの中心と周辺のピクセル等倍切り出し画像を掲載します。
 
Sigma150600c_qc

キヤノンEOS 6D(HKIR)で撮ったシグマ150-600mm F5-6.3 C/600mm F6.3 絞り開放のピクセル等倍画像。開放でも充分に使えます。周辺減光はソフトウェアの簡易補正でも、かなりフラットにできました。上のバラ星雲も前回ブログのオリオン大星雲もフラット補正はステライメージ7の簡易補正です。

 
https://www.unitec.jp.net/

2020年11月23日 (月)

シグマ150-600 F5-6.3コンテンポラリーによるM42オリオン大星雲。

M42_20201122153601
●M42オリオン大星雲
2020年11月21日23時11分28秒~ シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | C 600mm 絞り F6.3 キヤノン EOS 6D(HKIR改造) ISO3200 180秒露出×54枚コンポジット 短時間露出をHDR合成 ステライメージ7、Photoshopで画像処理 SWAT-350V-spec Premiumノータッチ追尾 撮影地 千葉県大多喜町
 
好天に恵まれた14日に続いて、昨日も無風快晴予報で、絶好の撮影日和となりました。今年はなかなかチャンスがなかったのですが、ここにきて二週連続で好条件となり、これを逃すとまたいつになるかわからないので、頑張って出かけてきました。といっても東京からわずか1.5時間の房総半島です。気軽な近場でこれだけの撮影ができる魅力は捨てがたいです。さて、今回はシグマ150-600mm F5-6.3コンテンポラリーズームを600mm(F6.3)にセットして、SWAT-350V-spec Premium βにて3分間のノータッチ撮影を行いました。54枚連続で撮影(途中ピント確認の中断あり)して、若干流れたコマもありましたが、コンポジットには問題なしと判断して、すべて使いました。F6.3で2.5時間程度の総露出ですから、炙るには露出不足です。それでも強引に処理して、そこそこ迫力ある姿に仕上げてみました。ステライメージ7でコンポジットするときに加算平均σクリッッピングで2を指定しましたが、人工衛星の軌跡が残りました。もっと小さい値にしたほうがよさそうですね。V-spec Premiumのβテストも大きな問題は出てませんが、焦点距離600mmで数分のノータッチをすると、撮影エリアにもよりますが、キングスレート(キングさんが提唱した恒星時よりやや遅い速度)でもまだ速く、だんだんズレが出てきます。キングスレートは40年ほど前に標高1,100mの八ケ岳観測所で外山電子の外山さんや平林さんが検証して問題ないとした値なので、もっと低地だとそれよりさらに遅い方がマッチするかもしれません。全天をひとつの速度でカバーするのは無理なのですが、SWATで長焦点撮影した時に星が東方向に流れるときは、駆動セレクタを太陽時にセットしてみてください。太陽時は大気差を考慮してませんので、キングスレートよりほんのわずかに遅いだけです。その方が、より正確に追尾できる可能性があります。ぜひお試しください。ちなみに、上のオリオン大星雲は太陽時でノータッチ追尾しました。今後、実証テストを重ねて駆動速度をより使いやすい速度に微調整して、500mmクラスで5分程度のノータッチ撮影を可能にしたいと思います。
 
https://www.unitec.jp.net/

より以前の記事一覧