« 月齢12で系外銀河撮影にチャレンジ。 | トップページ | 夏の気配 »

2014年2月25日 (火)

SWAT-200で焦点距離1000mmを10分間ノータッチ!

大阪府茨木市にお住まいの木田勝啓様より、馬頭星雲の作品をお送りいただきましたのでご紹介します。SWAT-200で焦点距離1000mmを10分間もノータッチガイドした驚くべき作品です。画像は係がトリミングしました。

Photo_2 ■撮影データ/2014年1月31日21時01分/鏡筒BORG77EDII+1.4×エクステンダ 焦点距離714mm/カメラ Nikon D5100(IR改造)LPS-D1 35mm換算焦点距離1071mm/ISO800 600秒露光/Photoshop Lightroom5.3/SWAT-200ノータッチガイド/赤緯ユニット、アリミゾキャッチャ他/撮影地 大阪府茨木市見山

■コメント
SWAT-200を購入してガイド撮影初挑戦の超初心者です。図鑑で見た馬頭星雲を撮ってみたくて、いろいろ調べ、中古のIR改造カメラを入手して、光害フィルターをつけて、新月を狙って、極望を注意深く合わせて、いきなり600秒露光をした記念すべき1枚目です。
SWAT-200では仕様からみて少々無理かと思いましたが、思ったほど星が流れず、ぼんやりと馬頭星雲が確認できた時は本当に感動しました。ガイド撮影の威力はすごいですね。これで他の星雲も狙えるような気がしてきました。

■係より
すごい迫力の画像をお送りいただき、ありがとうございました。初めてのガイド撮影で、いきなり1000mmもの焦点距離に加えて、10分間の長時間ノータッチガイドでの作例です。1000mmもの長焦点は被写体を中央に配置するだけでも大変なことと思います。このような場合には赤経方向は「東西20倍速ボタン」が威力を発揮します。赤緯方向の微動は赤緯ユニットに粗動付微動回転ユニットを装着すると便利です。今回はタップリ10分間も露出したので、馬頭星雲の姿を見事に写し取ることができました。星像がだるまのように上下に重なってしまったのは、露出中にレンズが動いてしまったと思われます。機材もトータルで5kgを超えてしまっているとのことで、今回の撮影はSWAT-200にとって、文字通り荷が重いといえますが、画像を見ますと意外と赤経方向には流れていませんので、追尾精度の高さを感じることができます。正直、赤道付近の対象をこれだけきっちり追尾できていることに係もビックリしています。1000mmもの超望遠になると、星をノータッチで点像に写すのは非常に困難ですが、焦点距離と露出時間を今の半分くらいに抑えて複数枚撮影し、ガイドが成功した画像をコンポジットすると、相当ハイレベルな天体画像を楽しめると思います。

話は変わりますが、今回の撮影機材の重さはトータルで5kg以上になっているとのことですが、SWAT-200はウォームまわりに負担がかからないように荷重を逃がしていますので、追尾精度にほとんど影響しません。他社製ポータブル赤道儀の中には、搭載機器の荷重を逃がせず、ウォームまわりにダイレクトに負荷がかかる構造の機種もあります。そのような機種の場合、極軸に負荷がかかると追尾精度がガタ落ちすることがあり、重たい機材を載せて追尾がうまくいかないときは、そのあたりも疑ってみる必要があります。今回の作例は、SWATシリーズの特徴のひとつでもある耐荷重性が、とても優れていることが実証された作品でもありますね。

今後も、ぜひSWAT-200を使いこなしてください。またのご投稿お待ちしております。

« 月齢12で系外銀河撮影にチャレンジ。 | トップページ | 夏の気配 »

作例写真」カテゴリの記事